車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

シエンタ トヨタ

新型シエンタのボディカラー!おすすめの色は?

更新日:

たくさん乗れてたくさん積める!それなのに大きすぎないシエンタは、パパだけでなくママにも運転にも運転しやすく、ファミリーユーザーに人気の車です。

そんなシエンタ。色の展開は落ち着いたカラーはもちろん、元気いっぱいなカラーも揃っています。子供の送迎も、休日のお出かけも楽しくなっちゃうシエンタのカラーバリエーションを探ってみましょう。

モノトーンカラーは8色

 エアーイエロー

carlineup_sienta_style_style_2_01_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

シエンタのイメージカラーとしてカタログなどでバンバン押されているビビッドなイエローです。ちょっと派手じゃないかな?と感じる方もいるでしょうが、シエンタは家族でなんでも楽しめるアクティブさをアピールしているのでアリ!ではないでしょうか。

実際に見てみるとそこまでどぎつくもなく、ポジティブな気分にしてくれそうです。

グリーンマイカメタリック

carlineup_sienta_style_style_2_02_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

グリーンの車体自体がどちらかといえば珍しいのですが、グリーンマイカメタリックはとっても鮮やかなグリーンです。メタリックが加わっている分、ちょっぴり落ち着いた雰囲気も出していますが、これは目立ちそうな色ですね。

きれいな色だということは間違いないのですが、個人的な意見としては虫をイメージさせるような色合いで、好みも分かれそうだなぁと感じました。

レッドマイカメタリック

carlineup_sienta_style_style_2_03_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

スポーツをテーマにしているシエンタは、イエローもグリーンもかなりアクティブな色で攻めているのに対し、こちらはどこか落ち着きのあるシックなレッドメタリックです。

レッドといえば女性?というイメージですが、落ち着きのある都会的なレッドですから、誰が乗ってもカッコよく決まりそうです。

ブルーメタリック

carlineup_sienta_style_style_2_04_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

パリッとしたブルーにメタリックが加わって、とても鮮やかなブルーです。街でも森でも海でも!どこででも様になるようなカッコイイ色合いです。俊敏さ感じさせる爽やかさがあります。

ホワイトパールクリスタルシャイン(+32,400円)

carlineup_sienta_style_style_2_05_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

どの車種でも人気のあるパールホワイトです。正直ファミリーカーでホワイトとなると、どことなく保守的なイメージを持ってしまうのですが、シエンタはフロントバンパー、リア、サイドなど所々にアクセントカラーが入っているので、とてもアクティブな印象になります。

シルバーメタリック

carlineup_sienta_style_style_2_06_pc

シルバーもどの車種にもありますが、やはりシエンタはボディデザインのアクセントカラーがカッコイイので、他の車種のシルバーよりもクールでアクティブなイメージがします。

ブラックマイカ

carlineup_sienta_style_style_2_07_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

人気色の1つではありますが、シエンタの特徴的なアクセントカラーがよく分からないブラックになります。シエンタはモデルチェンジして、ボディデザインがかなり個性的になりましたが、

「そんなに目立ちたくないんだよな・・・」

前のシエンタみたいで良いんだよな・・・」

などと感じる方にはオススメですね。もちろんデザインが目だなくてもカッコイイことに変わりありません。

ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン(+32,400円)

carlineup_sienta_style_style_2_08_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

ブラウンというと比較的シックなイメージだったり、落ち着いたカラーになりがちですが、しっかりとした色合いのブラウンですから、大人っぽすぎるという印象でもありません。都会的だけどアクティブなカッコいいブラウンです。

スーパーホワイトⅡ

carlineup_sienta_style_style_2_09_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

パールが入っていないホワイトになります。パールが入っていないと、どことなく商用車っぽくなりがちで、またアクセントカラーが黒というのも手伝って、ややお仕事用?と思わせてしまうかもしれません。

そうは言っても清潔感のあるホワイトですから、アクセントカラーをオプションで変更するなどすると、かカッコよく決まるのではないでしょうか?

ちょっと特別!フレックストーンは5展開

バンパー、サイドミラー、リアシートのドアの部分に通常とは違うアクセントカラーが入って個性的なフレックストーン。色が固定されていますから、バリエーションの中から選択することになります。フレックストーンの場合は料金は54,000円上乗せになります。

ブラックマイカ×ブルーメタリック

carlineup_sienta_style_style_2_19_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

モノトーンのブラックだとわからなかったアクセントカラーが際立って、スポーティな印象になります。

ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパール

carlineup_sienta_style_style_2_20_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

パールホワイトにブラウンのアクセントが入ることで、スポーティから、ちょっとオシャレなイメージになりますね。個人的には犬のパグを思わせる可愛らしさを感じます。

エアーイエロー×ブルーメタリック

carlineup_sienta_style_style_2_21_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

イエローとブルーの組み合わせはスポーツをとても連想させますね。ただ、少しブルーが浮いてしまっているようにも見えますので、好みが分かれるように感じます。

グリーンマイカメタリック×ブラウンパール

carlineup_sienta_style_style_2_22_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

個性的なグリーンですが、ブラウンが加わることで少し落ち着く印象になります。

シルバーメタリック×ブルーメタリック

carlineup_sienta_style_style_2_23_pc

引用元:http://toyota.jp/sienta/style/style/

フレックストーンのアクセントカラーがブルーメタリックの中で、一番しっくりくる色合いではないでしょうか?なににでもマッチするシルバーと、鮮やかなブルーメタリックで、スピード感やアクティブさを連想させてくれそうです。

おすすめはこの色!

人気の色はやはりホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカ、シルバーと定番色が上位に来ますが、シエンタもせっかく個性的なカラーを展開していますし、せっかく主義の私としましてもここはひとつ、オススメカラーをあげてみたいと思います。

目立ちたい!楽しみたい!エアーイエロー/ブルーメタリック

同じファミリーカーでも、アクティブに乗りこなしたい!目立ちたいと考えるのなら、テーマカラーにもなっているエアーイエロー、爽やかなブルーメタリックではないでしょうか?

「子供の習い事の送迎だるいなぁ・・・」

と感じたり、子供が

「上手くいかないから今日は練習休みたい・・・(サッカーなど)」

とごねた日も、こんなアクティブなカラーなら、シエンタが応援してくれていそうな気分になるかもしれません。週末の家族でのお出かけも、楽しみになりそうです。

個性を楽しみたい!グリーンメタリック/レッドマイカメタリック

シエンタのエアーイエローも個性的ですが、やはりダントツ個性的なのはグリーンメタリックではないでしょうか?滅多に見かけませんが、街でグリーンメタリックのシエンタを見かけるととても目を引きます

レッドマイカメタリックは、今まで1台しか見かけたことがないほど、シエンタの中では珍しいカラーのようです。

それって人気ないってことじゃないの?

と思うかもしれませんね。その通りと言えばそれまでですが、あまり乗られていないということは人とかぶりにくいカラーということです。

それにシエンタはアクセントカラーが個性的ですから、「ただのレッド」とくくれるほど地味ではありません。十分に個性を楽しめるカラーではないでしょうか?

やっぱり人気!これはカワイイ!ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパール

実は個人的にオススメしたいだけ・・・?とも言えなくないのですが、このカラーは実際とても売れています。スポーティなシエンタもカッコいいけど、このシエンタはおしゃれです

パールホワイトとフレックスカラーということで、金額は通常のボディカラーより随分上乗せになりますが、それでも良く選ばれるそうです。

スポーツしないファミリーにも!カワイイもの好きの女性にも!好まれそうですね。私も買うならこのカラーです。

眺めるだけで楽しい車のシエンタ

ファミリー層に人気のシエンタですが、カラーバリエーションは個性的でアクティブなものも揃っていて、眺めるだけでも楽しい車ですね。

個性的に?アクティブに?それともシックに?どんな要望にも応えられるカラーバリエーションから、あなたにぴったりのシエンタを見つけてください!

シエンタを安く購入するために一番大事なのは下取り金額!

「シエンタをなるべく安く購入したい!」というのは当然の願望です。そして、その可能性を高めるためには今の車をいくらで手放すかに目を向けるのがポイントです。

相場以上に安くシエンタを購入している方の多くは、ディーラーの下取り金額を高くすることに力を入れています。

ディーラーもビジネスで車を売っているので、当然ですが、利益額を大きくするためにあなたの車をできるだけ安く下取ろうとしてきます。

なので、ディーラーの下取り金額を鵜呑みにすると、正直損をしてしまいます。

そこで、おすすめしたい裏技が、一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」を上手く活用することです。

かんたん車査定ガイドでは、約1分程で最大10社に一括で査定依頼を出すことができます。なので、約1分の作業で、あなたの車の相場がわかってしまいます。(しかも無料です。)

簡単車査定ガイドで、複数の業者に査定をしてもらって、その中から一番高い業者に売るのも良いです。ただ、査定額をもとにディーラーに交渉するのが一番スマートです。

ディーラーからしたら、自分の所以外で売られてしまったら、自分たちの利益になりません。なので、可能な範囲で交渉に応じてくれるはずです。
(もし、シエンタのディーラーが交渉に応じてくれなかった場合は、買取業車に売ってしまえば良いだけです。)

感情で「高く下取ってくださいよ!!」と言っても、当然通用しません。

でも、かんたん車査定ガイドの査定金額を使って「〇〇はこれくらいの金額を提示してくれています。」という事実としての数字を見せることができれば、相手は交渉に応じざるを得ません。

「がつがつ値引き交渉なんてしたくないよ。。」という方は・・

かんたん車査定ガイドを使って査定をしてもらった上で、ディーラーに下取りの査定をしてもらいます。査定額を単純に比較して、どこを使って今の車を手放すか決めれば、めんどくさい交渉も発生しません。

かんたん車査定ガイド経由の査定額の方が高い場合は、ディーラーの方に「下取りはなしで大丈夫です。」と伝えるだけでOKです。運が良ければディーラーの方から下取り金額のアップ提案をしてきます。その場合はあなたはがつがつ交渉したわけではなく、相手の要望に答える立場になるので、気持ちも楽です。

値引き交渉をする気がない人もかんたん車査定ガイドはこう使えば活用できます。

→かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは無料で使えるサービスで、かつ下記のフォームを入力するだけなので、すぐに終わります。

車の相場は日々変動します。あなたが所有している車は日に日に古い車になって行きますので、早めに査定依頼を出すことが、高額査定をもらうコツです。

また、かんたん車査定ガイドを使ったからと言って、必ず売却をしなければいけないわけではありません。

車の買い替えを検討していて、損したくない人は気軽に使ってみてくださいね。

-シエンタ, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.