車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

スイフト スズキ

新型スイフトのハイブリッドはどんな仕様なの?ハイブリッドにした方が良いの?

更新日:

コンパクトカーといえば燃費と扱いやすさ、手頃な価格が他の車種よりも要求される車です。従来までのスイフトは、グレードにもよりますが、ガソリンタイプでも26.4km/L申し分ない燃費でした。

しかも動力性能も満足でき、燃費重視の方だけでなく、スポーティな走行を楽しみたい方にも支持されていました。

ところで今回新型として発売されたスイフトには、ハイブリッドタイプが展開されています。今までは、燃費よりも走行性能を求める車として注目されていましたが、ハイブリッド車が加わることでどのような仕様になっていくのでしょうか?

今回は新型スイフトのハイブリッドはどのようなものか?ハイブリッドを選択するべきか?などに迫ってみましょう。

スイフトのハイブリッドはマイルドハイブリッド

スイフトに搭載されているマイルドハイブリッドは、確かにEVモーターとエンジン両方を積んでいるため、ハイブリッドで間違いないのですが、プリウスやアクアなのようなEV走行ができる機能はありません

マイルドハイブリッドは、モーター付き発電機(ISG)の機能が備わったエンジンと、小型のリチウムイオン電池を搭載した規模としては簡易的なハイブリッドになります。

そのため、EV機能としてはサポート的な役割となり、アイドリングストップや、発進時の消費燃料を抑え、燃費に貢献してくれます。

停止時、発進時が静かでスムーズ

アイドリングストップ、発進時にはモーターが作動するため、なめらかにエンジンがストップし、また違和感なくスムーズに発進します。

エンジンスタートの時もモーターがサポートするため、とても静かに走り出します。

選択するだけでその他に手間がかからない

マイルドハイブリッドでは発進時にモーターがエンジンをサポートするためバッテリーを使います。ですが走行中の減速時にISG機能の働きで、自動的に充電しエネルギーを回生させます。

EV走行はしませんからハイブリッドによる燃費に気を使った走行をする必要もなく、充電をする手間もないことから、初期投資プラス16万円ほどで、あとはガソリン車と同じように扱うことができます。

燃費はどれくらい変わる?

新型スイフトのガソリン車は燃費が24.0km/Lなのに対し、ハイブリッド車では27.4km/Lとなります。

今回新型として改良されたスイフトは車両重量が120kg軽量化されていて、ガソリン車の燃費も良いため、マイルドハイブリッドではあまり大きな差がありません

ハイブリッドを選択した方がいいの?

ハイブリッドだけど、完全なハイブリッドというわけでもないとなると、いくら価格が低くめでも16万円上乗せとなり、燃費以外に何かメリットがなくては、二の足を踏んでしまいます。

スイフトの場合はスポーティな走行、ドライバー目線重視の車ということもあり、RSでもハイブリッドが展開されていますが、ハイブリッドを選択した方が良いのでしょうか?

装備の充実さがオススメ

新型スイフトでハイブリッドを選択すると、約16万円の上乗せになりますが、この16万円は丸々ハイブリッド代というわけではありません。

LEDヘッドランプが標準装備、ステアリングにオーディオスイッチがつくなど、ただグレードを上げただけでは装備されないようなアイテムも充実してきます。

ハイブリッドの価格は12万円ほどになります。「ハイブリッド車」としてではなく、グレードの一つとして選択すれば満足できるといえるでしょう。

お手軽にエコなところがオススメ

完全なハイブリッド車では敷居が高すぎるような気がする場合や、ガソリン車の良さもしっかり残したハイブリッドタイプが欲しいのであれば、マイルドハイブリッド搭載の新型スイフトはオススメです。

アイドリングストップは燃費だけでなくエコにも貢献しますから、ちょっと環境も気になるちょっと燃費も良くしたいハイブリッドっぽい車に乗ってみたいという方には、ハイブリッド入門として丁度良く、手軽に選択しやすいのではないでしょうか。

価格重視なら選択しない方が良い

燃費をどれくらい良くしたいのか?にもよりますが、マイルドハイブリッドでの燃費は、「期待してよ!」と張り切れるほど良くありません。

ほんのちょっとでも良くしたい!どうしても良くしたい!というのであれば、もちろん止めはしませんが、燃費と初期投資16万円を天秤にかけても、元が取れるまで相当時間がかかりますし、かなりの距離を走ることになります。

もともとスイフトは燃費が良い方ですし、新型スイフトは軽量化により、先代スイフトよりもさらに燃費は改良されています。価格で言えば、ガソリンタイプの方がお得なケースの方が多いのではないでしょうか。

スポーティならガソリンタイプ

新型スイフトのハイブリッドでは、RSグレードを選択してもトランスミッションがCVTとなります。

走行性能は良いので走りを楽しむような乗り方としては十分でしょうが、よりスポーティなタイプを求めるのであれば、物足りなさを感じるのかもしれません。

まとめ

新型スイフトに搭載されるハイブリッドは、ハイブリッドの中でも簡易的なものになり完全なEV走行はできません。そのため、燃費の面だけでハイブリッドの購入を考えるなら、スイフトの場合はガソリン車の購入でもあまり変わらないと言えます。

ただ、燃費の面では頼りないとは言っても、走行性能の良さは損なわないので、パワーが足りないと嘆くこともありませんし、装備としてはかなり充実した仕様となります。

スイフトらしさも今まで通り楽しむことができますし、何と言っても、EVに気を使うことがない分、気軽に燃費やエコにも貢献できそうです。

損しないでスイフトに買い替える方法

スイフトへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くスイフトへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、スイフトを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-スイフト, スズキ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.