スイフト スズキ

新型スイフトRSの3つの個性!それぞれの違いはなに?オススメRSはどれ?

更新日:

スズキの車といえば軽自動車を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、コンパクトカーでも、欧州テイストと走行性能にこだわったスイフトが人気を集めています。

ドライバー目線の設計やスポーティに楽しめる車として、車好きからは特に一目置かれる存在で、RSというスポーティなテイストを盛り込んだものが展開されています。

新型スイフトではRSとひと言に言っても、RSRStHYBRID RSと3つのグレードが用意され、三者三様の異なったタイプとなります。

RSのそれぞれの違いと、どれを選ぶべきか?について迫ってみましょう。

スイフトRSという存在について

どの車種でも、スポーティなテイストを盛り込んだ仕様のグレードや、特別仕様車などは展開されています。スイフトのRSも、通常のスイフトより、スポーティな楽しみが得られる存在となりますが。

ただ、他の車種がホイールサイズが変わっただけとか、見た目がスポーティという、チューニングよりも内外装にこだわったものが多い中、スイフトはもう少し走り自体を楽しむことができます。

完全なスポーツ仕様の車として選択すると、物足りなさを感じますが、ちょっとこだわりたいという方には十分楽しめる車として、歴代スイフトのRSは支持されています。

新型スイフトのRSはどんな展開?

通常はグレードが上がると、装備が豪華になったり充実したりと、高級な装いになっていくことが多くいのですが、新型スイフトのRSはRSという部分が一緒でも、グレードによって仕様自体も全く変わってしまいます。

そのため、乗りたくても乗れない!というスイフトも出てきますから、RSに至ってはグレードの選択は他の車種より悩まされるかもしれません。

RS 5AT仕様のみの展開

RSで1番シンプルなグレードかな?と思い、カタログを見ると、どうも他と違います・・・。

何か足りない・・・?

なんとRSはマニュアル車の展開しかありません。これではAT限定の方は選択することができません。この潔さ、個人的には嫌いではありませんがかなり驚かされるのではないでしょうか。

走行性能としては、1200ccなりではありますが、加速が良く発進時も坂道も気持ち良く引っ張ってくれます。また、小型のマニュアル車にありがちなとにかく硬い感覚はありません。

クラッチは軽く、ガチャガチャさせなくてもスムーズに入り、乗り心地もそこまで突き上げ感はありません。信号待ちでもアイドリングストップ機能こそありませんがそれなりに静かです。

RSt 6AT は軽快でパワフル

スズキ・バレーノと同じ1.0Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載しています。ターボエンジンのため、大きさは1000ccですが1500ccほどのパワーを期待できます。

同じ規模のエンジンということで比較対象になりやすいバレーノですが、若干の変更があり、スイフトではガソリンはレギュラーを給油することができます。乗り心地の面はバレーノよりアイドリング時の振動も感じにくくなっています。

かなり加速が良く、踏んだら気持ち良く応えてくれますし、アクセルを緩めれば優しい走行ができます。ただ、パワーに関しての余裕はありますが、スポーティな走りやスイフトらしさを過剰に期待すると、ちょっと物足りなさを感じるようです。

RStではありますが、スポーツのためのターボというよりは、パワーが必要なシーンに応えてくれる快適な存在です。

また、RStこそマニュアルを出して欲しかった!という声もちらほら聞きますが、それはまた、スイフトスポーツでの展開に期待したいところですね。

RSハイブリッドは先代スイフトに一番近い

乗り心地としてはRStとは対象的で、車体重量に関係なく、重めに感じられます。ハンドルも、RSと比較すると重たく感じます。ただ、ずっしりした硬くて重い感じではなく、しっとりと落ち着きのある重さです。

装備の点から見てもかなり充実しているため、HYBRID RSはスイフトの中でも高級感のある、ちょっと大人っぽい仕上がりと言えるでしょう。

踏めば即応える」といったレスポンスの速さはRStの方が良いですが、パワーの面ではRStに負けないしっかりとした加速をしてくれます。

燃費が良く、アイドリングストップも静かなため、楽しむというより落ち着いた走りを味わうことができます。

3つのRS。オススメはどれ?

三種三様のRSはどのように選ぶと良いでしょうか?仕様にかなりの違いがあるので、好みやこだわりによって、選び方が変わってきます。

パワーと軽さならRSt

スイフトの中でも今までにない仕様ということで、乗り心地も先代スイフトとは違い、軽快でパワーがあります。

価格がHYBRID RSと同じくらいな割に、装備や燃費などの充実感はなく、パワー以外の面で見たら、割高に感じます。

トランスミッションは6ATでスポーティな楽しみを追求するには物足りないですが、踏んだら踏んだなりの反応、キビキビと軽いタイプが好きな方にはRStがオススメです。

装備で選ぶならHYBRID RS

スイフトの中でもしっとりと落ち着いた乗り心地で、装備も凝った内外装、燃費、アイドリングストップと充実しています。RStと同じくらいの価格ですから、装備の充実で選ぶならHYBRID RSがオススメです。

とにかくスポーティなMTならRS

スポーツタイプの車にこだわるのであれば、やはりトランスミッションはMT(マニュアル)にしたいところですね。RSはMTしか造られていないので、こだわり派はRSの選択位なるでしょう。

ただ、ここで気をつけなくてはいけないのが、スイフトを家族などと共有する場合です。

俺はこれを機に一家の専属ドライバーになる!

というのなら話は別ですが、マニュアルの免許は持っているけど、久しく運転していないそもそもAT限定という方には、敷居が高くなります。

まとめ

新型スイフトのRSは、三車三様の性質で、とても面白い展開となっています。特にRSは、マニュアルの展開しかないので、AT限定の免許では試乗することすらできません。

RStとHYBRID RSでは乗り心地も対称的ですから、同じスポーティさを求めるにしても、俊敏なのか落ち着いた走行なのか?で選択肢が変わってきます。

走行性能が気になる方は是非試乗してみることをおすすめします。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-スイフト, スズキ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.