車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

スイフト スズキ

新型スイフトの走行性能はどう改良されたか?期待できる?

更新日:

コンパクトカーの中でも走りの楽しさに重点を置く”こだわり派”に人気のスイフトが、2017年1月、新型としてデビューしました。

欧州スタイルとアグレッシブさを前面に出した、かっこいい外装ももちろん好評なのですが、新型スイフトでは、軽量化やダウンサイジングターボなど、走行性能の面でも気になる改良が沢山されています。

今回は新型スイフトの走行性能がどう改良されたか?という点に迫ってみましょう。

先代スイフトまでの走行性能の評価は?

新型スイフトの走行性能は、他の先代スイフトと比較しても注目されていますが、そもそもスイフト自体も他のコンパクトカーよりも走行性能が良い!と評判でした。

その評価とは、ちょっと良いだけスポーティな仕様だったのでしょうか?それとも他とは比較できない独特な特徴があるのでしょうか?スイフトがどういった面で走行性能が良い!走りを楽しめる!と言われているのでしょうか?

ノーマルでも足回りの設定にこだわりを感じる

他のコンパクトカーでは、走行性能にこだわったグレードと言っても、仕様自体に変更はなく、エアロパーツがつくホイールをインチアップするといった、外装からのアプローチが多く見られます。

スイフトはノーマルグレードの時点で、すでにサスペンションのセッティングが走行性重視で設定されています。

キビキビ走る車

「キビキビ」と言ってしまうと、ハンドル操作のキレが良いのかな?速いのかな?と、色々想像してしまいますが、どれも含めた状状態です。

きちんと加速曲がる止まる、ハンドル操作に対して車体が気持ちよく応える、そんな条件が揃った車と言えます。

ブレーキの効きが良い

ブレーキの癖というのは、メーカーによって大きく変わります。踏んでもダラダラとしてして、すぐに止まらないもの、踏んだらキュッキュといちいちつまづくように強くかかるものもあります。

好みや慣れの問題とも言えますが、これは、ドライバーが車に合わせている状態です。しっかりチューニングされたブレーキは、ブレーキの踏み具合や、止まりたいところでちゃんと言うことを聞きます。スイフトはブレーキの調整が、高評価なようです。

コーナーでも安定して走る

アニメーションなどでカーチェイスの動画を見ると、コーナーで車体がタイヤよりも後から付いてくるような動きになっているのを見たことがありませんか?

アニメーションでは大げさに描かれていますが、車はコーナーで車体が外側に傾きます。コンパクトカーは車体が小さく軽いことなどもあり、傾きを強く感じることが多々あります。

スイフトは、足回りの設定がしっかりされているため、コーナーでも路面をしっかり掴んだ走行ができます。

走行面の改良で変更になった部分

先代までのスイフトも走行性能が良かったので、新型スイフトではさらにどう進化したのか、気になりますね。サスペンションなどの改良はもちろんされていますが、新しく改良された点もあります。

約大人二人分!120kgの軽量化

軽量、高剛性の新しいプラットフォーム『ハーテクト』を採用しています。サスペンションなどといった様々なパーツも性能は落とすことなく素材を変更することで、軽量化を徹底しています。

そのため新型スフトの車両重量は、1番重たい車体でも970kgになります。コンパクトカーは沢山ありますが、コンパクトと言っても1トンを切る重量の車種はなかなかありません。軽量することにより、燃費と動力性能が上がっています。

1,0Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載

通常のスイフトが1,2Lエンジンを採用しているところ、RStグレードでは、1,0Lのエンジンが搭載されています。そこにターボがつくことで、1,2Lよりもパワフルな動力を引き出すことができます。

1,0Lターボエンジンでは今までスイフトとは違い、踏んだらすぐにしっかり加速してくれる反応の良さが、他のRSよりも優れています。しかも軽く、乗り心地まで変わっています。

1,6Lエンジンの展開は今のところ無い

RSグレードでは1,6Lエンジンが搭載されていましたが、1,0ターボエンジンが発売されているので、1,6Lエンジン搭載の新型スイフトは今のところありません。

1,0Lのターボエンジンが、先代RSの1,6Lをカバーしているようです。ただ、1,0LのRStも完璧!という仕上がりではないので、さらに改良されてスイフトスポーツとして展開されるのでは?と期待されています。

走行性能で新型スイフトに期待できることは?

先代スイフトではトランスミッションがMTかCVTの展開となっていて、4wdの選択でないと、ATはありませんでした。

ほとんどの方がCVTを選択したのではないでしょうか。CVTというトランスミッションは、ATと同じようにDに入れたら後は勝手に変速切り替えを行ってくれるます。

ただ仕様が違い、ATとMTが歯車で変速を行うのに対し、CVTは滑車とベルトで変速が行われ、普段MTに乗っていない方でも、感覚が好きになれないという声を聞きます。

新型スイフトでは、RStでは6ATが採用されていますから、グレードによってMT、AT、CVTを選択することができます。

まとめ

スイフトはもともと走行性能が良いと評判ですが、新型スイフトでは軽量化による動力性能の向上、今まで展開されていなかったターボエンジンハイブリッドなども加わり、よりスポーティな走りが楽しめそうな予感がします。

今回のモデルチェンジによって、軽快、落ち着いた走行、トランスミッションの選択など、好みによって選択できることも増えています。新型スイフトの走行性能は、ますます期待ができそうだと言えるでしょう。

スイフトを安く購入するために一番大事なのは下取り金額!

「スイフトをなるべく安く購入したい!」というのは当然の願望です。そして、その可能性を高めるためには今の車をいくらで手放すかに目を向けるのがポイントです。

相場以上に安くスイフトを購入している方の多くは、ディーラーの下取り金額を高くすることに力を入れています。

ディーラーもビジネスで車を売っているので、当然ですが、利益額を大きくするためにあなたの車をできるだけ安く下取ろうとしてきます。

なので、ディーラーの下取り金額を鵜呑みにすると、正直損をしてしまいます。

そこで、おすすめしたい裏技が、一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」を上手く活用することです。

かんたん車査定ガイドでは、約1分程で最大10社に一括で査定依頼を出すことができます。なので、約1分の作業で、あなたの車の相場がわかってしまいます。(しかも無料です。)

簡単車査定ガイドで、複数の業者に査定をしてもらって、その中から一番高い業者に売るのも良いです。ただ、査定額をもとにディーラーに交渉するのが一番スマートです。

ディーラーからしたら、自分の所以外で売られてしまったら、自分たちの利益になりません。なので、可能な範囲で交渉に応じてくれるはずです。
(もし、スイフトのディーラーが交渉に応じてくれなかった場合は、買取業車に売ってしまえば良いだけです。)

感情で「高く下取ってくださいよ!!」と言っても、当然通用しません。

でも、かんたん車査定ガイドの査定金額を使って「〇〇はこれくらいの金額を提示してくれています。」という事実としての数字を見せることができれば、相手は交渉に応じざるを得ません。

「がつがつ値引き交渉なんてしたくないよ。。」という方は・・

かんたん車査定ガイドを使って査定をしてもらった上で、ディーラーに下取りの査定をしてもらいます。査定額を単純に比較して、どこを使って今の車を手放すか決めれば、めんどくさい交渉も発生しません。

かんたん車査定ガイド経由の査定額の方が高い場合は、ディーラーの方に「下取りはなしで大丈夫です。」と伝えるだけでOKです。運が良ければディーラーの方から下取り金額のアップ提案をしてきます。その場合はあなたはがつがつ交渉したわけではなく、相手の要望に答える立場になるので、気持ちも楽です。

値引き交渉をする気がない人もかんたん車査定ガイドはこう使えば活用できます。

→かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは無料で使えるサービスで、かつ下記のフォームを入力するだけなので、すぐに終わります。

車の相場は日々変動します。あなたが所有している車は日に日に古い車になって行きますので、早めに査定依頼を出すことが、高額査定をもらうコツです。

また、かんたん車査定ガイドを使ったからと言って、必ず売却をしなければいけないわけではありません。

車の買い替えを検討していて、損したくない人は気軽に使ってみてくださいね。

-スイフト, スズキ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.