車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

C-HR トヨタ

トヨタC-HRとホンダ・ヴェゼルの比較!オシャレコンパクトSUV対決!

更新日:

コンパクトSUVといえば、北米などでは特に人気な車となりますが、日本でも、「便利だから」というだけでなく、デザイン性も含めて人気のあるクラスとなり、国内外問わず多くのメーカーが展開しています。

そんな中トヨタも、2016年12月14日にC-HRを発売しました。かつてないほどスタイリッシュで低燃費なコンパクトSUV、と発売前から話題を集めていますが、トヨタはライバル車にホンダ・ヴェゼルを挙げています。

そのライバル視の仕方はかなり熱く、開発者やメーカーのインタビューを見ると、ふた言目にはヴェゼルの名前が挙がるほど、対抗意識を隠せない相手のようです。

そんなC-HRヴェゼルにどのような違いがあるのか?C-HRはヴェゼルに勝っているのか?などを比較してみましょう。

ヴェゼルとは

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

2014年にフィットをベースとして開発された、ホンダから発売されているコンパクトSUVです。エンジンは1500ccガソリンエンジンと1500cc+モーターのハイブリッドタイプが展開されています。

引用:http://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_top_exterior

SUVといえば、アクティブで実用性の高いイメージが強いですが、ヴェゼルはスタイリッシュで高級志向という、今までにない都会でも映えるコンパクトSUVとして人気を集めています。

上の画像がヴェゼル、下の画像はC-HRになります。

サイズを比較!

ボディサイズは大体同じ

C-HR・・・全長4360mm 全幅 1795mm 全高 1550mm

ヴェゼル・・全長4295mm 全幅 1770mm 全高 1505mm

まずはボディサイズを見てみましょう。大きさとしてはさほど変わりませんが、長さ幅はC-HRの方が大きいですが、高さはヴェゼルの方が45mm高くなっています。C-HRもヴェゼルもコンパクトSUVの中では大きめサイズとなり、基本的な形状はよく似ています。

居住スペースが広いのはヴェゼル

C-HR・・・室内長1800mm 室内幅 1455mm 室内高 1210mm

ヴェゼル・・室内長1930mm 室内幅 1485mm 室内高 1265mm

ボディサイズはC-HRの方が若干大きめだったのに対し、居住スペースはヴェゼルの方が広くなります。

ホンダといえば、居住空間を可能な限り広くするためのセンタータンクレイアウトが有名ですが、ヴェゼルでもその技術が採用されているため、居住スペースはフロント、リヤシート共に広く感じます。

反対に、今回C-HRを開発するにあたりトヨタは、実用性よりよりもスタイル重視と言うようなことを堂々と宣言しています。何かと言えば、ヴェゼルを引き合いに出すC-HRの開発者もここは譲っても良いと判断したのかもしれません。

C-HRのフロントシートは窮屈に感じませんが、リヤシートはもう少し手を加えて欲しいと感じそうです。

荷室はヴェゼル

C-HR・・・奥行き 770mm 最小幅 950mm 高さ675mm 容量 318L

ヴェゼル・ 奥行き 800mm 最小幅 1000mm 高さ780mm 容量393L

デザイン重視のC-HRと空間を広げるのが得意なヴェゼルでは、数字を見ただけでもヴェゼルの方がたくさん積めることがわかってしまいます。

C-HRも狭いなりに工夫がされていて、ホイールハウスの板を外すと横幅が1400mmまで広げられます。ただ、ホイールハウスはそんなに大きくありません。しかも、最近のゴルフバッグは大きめが主流となっています。

そのため、リヤシートを倒さない状態ではゴルフバッグは1個も詰めないかもしれないという使い勝手になります。

デザインを比較

外観がよりワイルドなのはC-HR

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

ヴェゼルではフロントからリヤまでが緩やかに繋がったデザインなのに対し、C-HRはサイド、リヤにも彫りの深いプレスラインが入っています。

引用:http://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_top_exterior

好みが分かれるところではありますが、C-HRの方が躍動感や力強さ、筋肉質なイメージが湧きやすいかもしれません。

インテリアはどちらも高級志向

SUV車はアクティブなシーンでの活用を想定したり、また、そういうイメージを高めるため、RVテイストな内装が想像できますが、C-HRヴェゼルも、どちらかというとスポーティなデザインになっています。

スポーティなだけではなく、コンパクトSUVでありながら、ワンランク上の高級志向な内装で、乗車してしまうと何に乗っているか分からなくなってしまうほど、ラグジュアリーに仕上がっています。

乗り心地を比較!

乗り心地には好みがあるので、一概にこの乗り心地が良い!言い切れませんが、はっきりしていることは、C-HRはSUVらしくない乗り心地ということです。ヴェゼルも十分に安定した乗り心地ですが、硬さもあるため、SUVっぽさを感じられます。

C-HRは座ってみると柔らかさを感じます。走行中の振動もマイルドです。リヤシートに座っているとセダンに乗っているような気がしてしまうほど、落ち着いた乗り心地に仕上がっています。

穏やかC-HRと俊敏ヴェゼル(動力・走行性能)

パワー面はハイブリッドではC-HRが1800cc+モーターなのに対し、ヴェゼルは1500cc+モーターと排気量は小さめですが、実際に乗ってみるとそこまでパワーの差を感じません。

C-HRのガソリン車1200ccとヴェゼルを比較すると、C-HRの方が力強く感じるシーンもありますが、ハイブリッドでもガソリン車でも、パワー面や加速ではそこまで大きな差は感じられないようです。

ハンドル操作はヴェゼルの方がキビキビした感じがし、C-HRはスムーズでしなやかです。そのため、動力よりも走行性に違いを感じられます。とにかく動作が滑らかなのはC-HR、よりスポーティなのはヴェゼルと言えそうです。

燃費は互角?

C-HR     2wd(ハイブリッド)・・・30.2km/L

4wd(ガソリンターボ)・・15.4km/L

ヴェゼル  2wd(ハイブリッド)・・・26.0km/L

4wd(ガソリン)・・・・・19.2km/L

ハイブリッドが得意なトヨタ車らしく、ハイブリッドではC-HRの方が燃費が良いですが、ガソリン車となるとヴェゼルの方が燃費が良いようです。カタログ燃費ではハイブリッドならC-HRガソリンならヴェゼルと言えます。

ただ燃費は走行場所などによって変わってきますし、C-HRの実燃費がまだ出揃っていないため、絶対とは言い切れないところがあります。

C-HRは高い!(車体価格)

コンパクトとは名ばかりでクオリティの高い両車ですが、ヴェゼルは車体価格が200万円以下のグレード展開があり、コストパパフォーマンスが優れているというのも人気の一つとなっています。

C-HRは車体価格が最低でも250万円ほどします。装備などを一つ一つ見ていけば、C-HRもコストパフォーマンスは良いと言えるのですが、やはり一括りにするとC-HRはかなり高く感じます。

まとめ

C-HRとヴェゼルでは、どちらもスタイリッシュで高級志向ですが、C-HRの方が発売されたばかりということもあり、全体的に見ると評価は高いかもしれません。

ただ、価格も高めに設定されているため、金額の割にハイスペックなヴェゼルの人気も衰えることはなく、C-HRは油断できません。

ヴェゼルをライバル車として引き合いに出すときは、価格面と広さ、使い勝手で比較すると効果的と言えそうです。

C-HRを安く購入するために一番大事なのは下取り金額!

「C-HRをなるべく安く購入したい!」というのは当然の願望です。そして、その可能性を高めるためには今の車をいくらで手放すかに目を向けるのがポイントです。

相場以上に安くC-HRを購入している方の多くは、ディーラーの下取り金額を高くすることに力を入れています。

ディーラーもビジネスで車を売っているので、当然ですが、利益額を大きくするためにあなたの車をできるだけ安く下取ろうとしてきます。

なので、ディーラーの下取り金額を鵜呑みにすると、正直損をしてしまいます。

そこで、おすすめしたい裏技が、一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」を上手く活用することです。

かんたん車査定ガイドでは、約1分程で最大10社に一括で査定依頼を出すことができます。なので、約1分の作業で、あなたの車の相場がわかってしまいます。(しかも無料です。)

簡単車査定ガイドで、複数の業者に査定をしてもらって、その中から一番高い業者に売るのも良いです。ただ、査定額をもとにディーラーに交渉するのが一番スマートです。

ディーラーからしたら、自分の所以外で売られてしまったら、自分たちの利益になりません。なので、可能な範囲で交渉に応じてくれるはずです。
(もし、C-HRのディーラーが交渉に応じてくれなかった場合は、買取業車に売ってしまえば良いだけです。)

感情で「高く下取ってくださいよ!!」と言っても、当然通用しません。

でも、かんたん車査定ガイドの査定金額を使って「〇〇はこれくらいの金額を提示してくれています。」という事実としての数字を見せることができれば、相手は交渉に応じざるを得ません。

「がつがつ値引き交渉なんてしたくないよ。。」という方は・・

かんたん車査定ガイドを使って査定をしてもらった上で、ディーラーに下取りの査定をしてもらいます。査定額を単純に比較して、どこを使って今の車を手放すか決めれば、めんどくさい交渉も発生しません。

かんたん車査定ガイド経由の査定額の方が高い場合は、ディーラーの方に「下取りはなしで大丈夫です。」と伝えるだけでOKです。運が良ければディーラーの方から下取り金額のアップ提案をしてきます。その場合はあなたはがつがつ交渉したわけではなく、相手の要望に答える立場になるので、気持ちも楽です。

値引き交渉をする気がない人もかんたん車査定ガイドはこう使えば活用できます。

→かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは無料で使えるサービスで、かつ下記のフォームを入力するだけなので、すぐに終わります。

車の相場は日々変動します。あなたが所有している車は日に日に古い車になって行きますので、早めに査定依頼を出すことが、高額査定をもらうコツです。

また、かんたん車査定ガイドを使ったからと言って、必ず売却をしなければいけないわけではありません。

車の買い替えを検討していて、損したくない人は気軽に使ってみてくださいね。

-C-HR, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.