車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

タンク トヨタ

トヨタタンクのグレード「G」を徹底解説!「X」との違いはどこ?

投稿日:

意外と知られてませんが、トヨタは非常に豊富な種類のコンパクトカーをラインナップしています。他社であればせいぜい1~2車種ですが、トヨタはなんと7車種です。

その中で、2016年に発売したばかりで高い人気を得ているコンパクトカーがあります。トールワゴンタイプのコンパクトカー、タンクです。タンクはコンパクトなボディの中に、とても広い車内空間を実現している、まさに夢のような車。

軽自動車では満足できないユーザーの心を鷲掴みにしています。今回はそんなタンクの「G」というグレードを徹底解説。早速、クローズアップしてみましょう。

タンク「G」と「X」ってどこが違うの?

引用元:タンク公式ページ

タンクには、全8種類のグレードがラインナップされています。

  • X
  • X"S"
  • G
  • G"S"
  • G-T
  • カスタムG
  • カスタムG"S"
  • カスタムG-T

この中で最も価格と装備のバランスが良い、スタンダードなグレードが「G」です。「G」の下には「X」と「X"S"」という廉価グレードが設定されています。「X"S"」は「X」にダイハツの予防安全技術「スマートアシストII」を標準装備したグレードです。

「G」と「X」には約16万円もの価格差がありますが、具体的に「G」と「X」はどの辺が違うのでしょうか?

また、タンク「G」は16万円の価格差以上の魅力があるのか、しっかりと調査していきたいと思います。

タンク「G」のスペックを簡単に解説

タンク「G」のスペックを簡単に紹介します。

  • 全長:3,700(mm)
  • 全幅:1,670(mm)
  • 全高:1,735(mm)
  • ホイールベース:2,490(mm)
  • 乗車定員:5(名)
  • 駆動方式:2WD/4WD
  • 車両重量:1,070/1,130(kg)
  • 燃料消費率:24.6/22.0(km/L)
  • トランスミッション:CVT

とにかく広い車内空間からは考えられないほど、タンクのボディサイズはコンパクトです。5ナンバー枠に収まるので、小型乗用車に分類されます。

全高だけはアクアなどのスタンダードなコンパクトカーよりも高いですが、これはタンクがトールワゴンタイプのコンパクトカーだから。全高を高く設計することで、広い車内空間を実現しているというワケです。

トールワゴンとなると、気になるのは車両重量。背が高いので、車両重量が重くなりがちですが、タント「G」の車両重量は1,070kg。(4WDは1,130kg)比較的、軽量のようです。

乗車定員は、コンパクトカーなのでもちろん5名。このおかげで、ファミリーカーとしてもばっちり活躍してくれそうです。タンク「G」の駆動方式は、2WD(前輪駆動)と4WD(4輪駆動)の2種類から選ぶことができます。

燃費性能に関しては、2WDのカタログ燃費が24.6km/Lで、4WDのカタログ燃費が22.0km/Lです。4WDの方が燃費が悪い理由は、2WDより部品点数が多くメカニカルロスが生じてしまうから。単純に車両重量が重いことも要因のひとつです。

今のところ、タンク「G」と「X」に違いはありません。次に、エンジンスペックについて簡単に解説します。

  • エンジン形式:1KR-FE
  • エンジン種類:直列3気筒DOHC
  • 総排気量:0.996(L)
  • 最高出力:69/6,000(PS/rpm)
  • 最大トルク:9.4/4,400(kgm/rpm)

エンジンスペックに関しても、タンク「G」と「X」に違いはありません。1KR-FE型はダイハツのリッターカーに搭載されることが多いエンジンです。

最高出力はターボの軽自動車に毛が生えたくらい。タンクをキビキビと走らせるには、非力なのでちょっと不安を感じます。最大トルクも小排気量NAエンジンとしては、十分ですが、やはりもう少しトルク感があった方が運転しやすいと思います。

タンク「G」の主要装備

タンク「G」の主要装備をチェックしていきましょう。

  • 14インチスチールホイール
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
  • LEDリヤランプ
  • スーパーUV/IRカット機能付グリーンガラス(フロントドア・フロントクォーター)
  • 両側パワースライドドア
  • 2眼オプティトロンメーター
  • TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
  • センタークラスターパネル(ピアノブラック調)
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • 3本スポークウレタンステアリングホイール(シルバー加飾付)
  • クルーズコントロール
  • オーディオレス(4スピーカー)

タンク「G」と「X」は、主要装備に大きな違いがあります。

  • 14インチスチールホイール
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
  • LEDリヤランプ

タンク「G」と「X」に共通装備なのは、たったこのくらいです。

タンク「G」の主要装備で目玉となるのは、やはり両側パワースライドドアと2眼オプティトロンメーター、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイでしょう。「X」は助手席側のみパワースライドドアだったので、使い勝手がさらに高まっています。パワースライドドアは片側だけでも十分便利なのですが、両側あるに越したことはありませんから。

オプティトロンメーターとは、いわゆる自発光式メーターのこと。「X」は単眼式のアナログメーターでした。また、「X」のマルチインフォメーションディスプレイは単色で、画面表示もシンプルでした。しかし、タンク「G」のTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイは、カラフルでよりわかりやすい画面表示になっています。

「X」はダイヤル式のマニュアルエアコンが標準装備となっていましたが、「G」ではオートエアコンが標準装備。これは非常に嬉しい変更点です。高いお金を支払って、安っぽいダイヤルをカチカチ回したくないですよね。

また、クルーズコントロールが搭載されたことで、高速道路や有料道路での巡行が楽になりました。あくまで搭載されるのはクルーズコントロールで、より上級のレーダークルーズコントロールではないのでご注意を。

内装の質感もわずかながら向上しています。センタークラスターパネルは樹脂パネルからピアノブラック調のパネルに変更されました。また、エアコンのサイドレジスター(送風口)やステアリングホイールに、シルバーの加飾が追加。たったこれだけでも、実際に目の当たりにすると高級感が高まっていることがわかりますよ。

タンク「G」の安全装備

引用元:タンク公式ページ

タンク「X"S"」などに標準装備されているダイハツの予防安全技術「スマートアシストII」。グレードとしてはタンク「X"S"」の上級グレードに位置する「G」ですが、残念ながら「G」には「スマートアシストII」の設定がありません

廉価グレードのタンク「X」も「G」と同じく「スマートアシストII」の設定がないので、安全装備に関しては、どちらも変わりないということになります。

  • EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト
  • SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  • VSC(横滑り防止装置)
  • TRC(トラクションコントロールシステム)

ABSやエアバッグなど、自動車に欠かせないスタンダードな安全装備については、タンク「G」にも標準装備されています。

また、タンク「G」はSRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)を、メーカーオプションとして取り付けることが可能です。55,080円(税込)の追加料金が発生しますが、乗員を危険から守るためだと考えると、決して高い金額ではありません。

タンク「G」には「スマートアシストII」が標準装備された「G"S"」というグレードもあります。価格は少し高くなってしまいますが、安全のために「スマートアシストII」を取り付けたいという人には、タンク「G」ではなく「G"S"」がおすすめです。

タンク「G」のボディカラー

タンク「G」に設定されているボディカラーは全9種類。

  • インペリアルゴールドクリスタルメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン
  • マゼンタベリーマイカメタリック
  • フレッシュグリーンメタリック
  • ファインブルーマイカメタリック
  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ブラックマイカメタリック
  • ブライトシルバーメタリック
  • パールホワイトIII

廉価グレードのタンク「X」や「X"S"」にも、全9種類のボディカラーが設定されています。タンク「G」と「X」は、ボディカラーのラインナップに違いはありません。

  • インペリアルゴールドクリスタルメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン
  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • パールホワイトIII

上記の4色はメーカーオプションです。車両価格とは別に塗装料金が発生します。価格は32,400円(税込)となっています。

タンク「G」はどんな人におすすめ?

タンク「G」は「X」よりも快適で豪華な装備を採用していますが、必ずしも必要な装備かと言われると、そうではありません。私個人の意見ですが、タンクは廉価グレード「X」の時点で、すでに実用的な装備の大半が採用されています。

タンク「G」は内装の質感が向上したり、より快適性が増したりするような装備が多いですね。もちろん、価格は16万円ほど高くなってしまいますが。

  • 両側パワースライドドアの車が欲しい人
  • 5人乗りの広いファミリーカーが欲しい人
  • 安っぽいグレードがイヤな人

こんな人たちは、タンク「X」よりも「G」の方がおすすめです。タンク「G」の車両価格は1,620,000円(税込)となっています。「G」の4WDモデルは1,792,800円(税込)です。

タンク「G」に「スマートアシストII」を標準装備した「G"S"」の車両価格は、1,684,800円(税込)。「G"S"」の4WDモデルの価格は1,857,600円(税込)となっています。

タンク「G」は価格と装備のバランスが良く、非常に使い勝手の良いグレードなので、ぜひ購入の候補に入れてみてください。

-タンク, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.