タンク トヨタ

トヨタタンクにスポーツグレード「GR SPORT」が新設定?走りはどう変わる?

投稿日:

全高を高く設計することで、コンパクトカーらしからぬ居住性を実現しているトヨタ・タンク。

5人乗りではありますが、両側スライドドアを採用することで、実用性を高めています。いわゆるファミリーカーに該当するタンクですが、なんとタンクにスポーツグレードを新設定するという噂を入手しました。

その名もタンク GR SPORT。今回はタンクに新たに登場すると噂されているGR SPORTの情報を追ってみたいと思います。

タンクに「GR SPORT」が追加設定か

引用元:タンク公式ページ

広い車内空間や両側スライドドアの採用など、その実用性の高さで人気を集めているタンク。タンクはトヨタのコンパクトカーですが、製造・開発は子会社のダイハツが担当しています。(姉妹車にダイハツ・トール、スバル・ジャスティ、トヨタ・ルーミーがあります)

タンクは実用性の高さがウリのコンパクトカーであり、ファミリーカーなので、スポーツカーなどの趣味性の高い車とは最も遠い存在です。全高が高く設計されていることや両側スライドドアの採用などは、便利ではありますが、車の楽しさを奪ってしまうというデメリットがあります。

全高が高い=重心が高く、コーナリングに向いていません。また、両側スライドドアは普通のヒンジ式ドアに比べ重いので、車両重量の増加に繋がります。

車両重量の増加が加速性能に影響を与えることはわかると思いますが、そんな鈍重ボディを動かすのは1.0L直列3気筒自然吸気エンジンです。パワフルなターボモデルの設定もありますが、どちらにしても、タンクはファン・トゥ・ドライブには向いていません。

そんなタンクに、何やらスポーツグレードが設定されるとの噂を入手しました。タンクに新設定されると噂されているのは、トヨタが新たに発足したスポーツブランド・GRのエントリーモデル「GR SPORT」です。

GRにはハイパフォーマンスな台数限定モデル「GRMN」と本格量販スポーツモデル「GR」、大幅なスペックの向上はないものの、気軽に運転を楽しめる「GR SPORT」の3種類がラインナップされています。車種によって、上記のうち1モデルが設定されていたり、3モデルすべてが設定されていたりとまちまちです。

例えば、高級クロスオーバーSUVのハリアーは「GR SPORT」しか設定されていませんが、コンパクトカーのヴィッツは「GRMN」、「GR」、「GR SPORT」のすべてが設定されています。ヴィッツはWRCなど、スポーツマシンとしての実績があるからですね。同様の理由で、スポーツカーの86は「GRMN」と「GR」の2つが設定されています。

タンクにスポーツカーとしての資質がないことは、火を見るよりも明らかです。そのため、タンクに設定されるのは「GR SPORT」のみとなっています。もしタンクに「GRMN」や「GR」が設定されていたとしても、誰も購入しないでしょう。そんな車があったら、興味本位で乗ってみたい気はしますが。

「GR SPORT」は基本的に、スポーツカーとしてのスペック追求を行わないスポーツグレードです。あくまでも気軽に、誰でも楽しくをテーマに開発されています。そのため、タンクに設定されると噂の「GR SPORT」も同様のコンセプトで開発が進められているはずです。

では、タンクに「GR SPORT」が登場したとして、具体的にはどんなところが変更されるのでしょうか?

タンク GR SPORTは通常のタンクと比べてどう変わる?

そもそも「GR SPORT」は、気軽にドライブを楽しむことを重点においたスポーツグレードです。タンク GR SPORTも、そのコンセプトから逸脱しないようなグレードに仕上がるはず。

具体的には、

  • 外観の大幅変更
  • 内装の一部変更
  • ボディ剛性・空力性能の向上
  • 専用サスペンション・ブレーキの採用

以上が、タンク GR SPORTの変更点です。ひとつずつ詳しくチェックしていきましょう。

外観の大幅変更

全高の高いスクエアボディに、アクの強い攻撃的なフロントマスクを採用しているタンク。タンク GR SPORTでは、今以上にスポーティーで攻撃的な外観が採用されることになります。眼光の鋭いシャープなヘッドライトに変更点はありません。

大きな変更点があるのは、フロントバンパーです。GRブランドは2017年から、「ファンクショナル・マトリックス・グリル」という専用デザインを採用しています。ヴィッツやアクア、プリウスPHVなどに採用されているファンクショナル・マトリックス・グリル。それがタンクにも採用されます。

ファンクショナル・マトリックス・グリルの特徴は、両側のヘッドライトの間に一直線に走る細長いアッパーグリルと、大きく口を開いた長方形のロアグリルです。このデザインに関しては、文章で説明するよりも画像を見てみらった方が早いかもしれません。

引用元:アクア公式ページ

引用元:ヴィッツ公式ページ

アクアとヴィッツ、どちらにも共通デザインのフロントバンパースポイラーが装着されていますね。スポーティーさと上品さを両立しているこのフロントバンパーデザインこそ、ファンクショナル・マトリックス・グリルなのです。

タンク GR SPORTでは、サイドスカートやリアバンパースポイラーも変更されます。ただし、フロントバンパーほどの大幅な変更はありません。サイドスカートやリアバンパースポイラーに関しては、エアロパーツの装着もしくはGR専用デカールが貼り付けられるようです。

また、GRデザインのアルミホイールも装着されます。アルミホイールのデザインについて、詳しいことは明らかになっていませんが、今までの傾向からすると、シンプルな10本スポークホイールが採用される可能性が高いと思われます。

内装の一部変更

タンク GR SPORTは、内装デザインも一部変更が行われます。外観ほどの大がかりな変更にはなりません。ブラックを基調としたインテリアカラーになることは間違いありませんが、どの程度の変更になるかは車種によってまちまち。

引用元:アクア公式ページ

例えば、アクア GR SPORTはピアノブラック塗装されたセンタークラスターパネルに、フェイクレザーの組み合わせ。

引用元:ヴィッツ公式ページ

それに対しヴィッツ GR SPORTはシンプルな樹脂パネルが中心ですが、助手席前オーナメントパネルはカーボン調のデザインが施されています。

引用元:タンク公式ページ

では、タンク GR SPORTの内装はというと、タンクのセンタークラスターパネルは一部のグレードを除き、ピアノブラック塗装が施されています。これがおそらく、タンク GR SPORTにも受け継がれるでしょう。

また、タンクの上級グレードのダッシュボードはフェイクレザーが採用されています。この装備もタンク GR SPORTでは標準装備となります。ただし、それだけではスポーティー感がちょっと弱いです。

タンクの上級グレードの内装と何ら変わりがありませんからね。そのため、エアコンレジスターの加飾が変更されたり、ダッシュボードのフェイクレザーにレッドステッチが追加されるなどの小変更があると思われます。

さらに、本革ステアリングホイールが採用。アクア GR SPORTと同様に、ステアリングホイール下部にGRデカールが貼付けられることになると思います。

あとはシフトノブにも、ピアノブラック塗装とGRエンブレムが装着。プッシュスタートスイッチもスタンダードなデザインのものから、GR専用品へと変更されることになるでしょう。

ボディ剛性・空力性能の向上

タンク GR SPORTは外観と内装の変更だけではなく、ボディにも手を加えられます。

具体的には、

  • フロントサスペンションメンバーブレース
  • フロントサスペンションメンバーセンターブレース
  • リヤサスペンションブレースアッパー
  • リヤサスペンションセンターブレース
  • リヤサスペンションリヤブレースロア
  • センターフロアブレースNo.1
  • センターフロアブレースブラケット
  • センターフロアブレースNo.2
  • フロントブレーススパッツ
  • フロントホイールハウス後端スパッツ

上記のようなボディ剛性アップパーツ、空力性能アップパーツが採用されます。上記のリストはタンクと同じファミリーカーである、ヴォクシー GR SPORTに採用されているもの。この中のすべて、もしくは一部がタンク GR SPORTにも採用される可能性は非常に高いと思います。

タンク GR SPORTは従来のタンクよりも、直進安定性の向上やコーナリング時のロールが抑えられ、キビキビと走行することが可能に。絶対的な速さが変わるわけではありませんが、元がファミリーカーであることを考えれば、これだけの変更でも楽しく運転ができるようになるでしょう。

専用サスペンション・ブレーキが採用

GR専用サスペンションは純正品ですが、チューニングが施されています。そのため、従来のタンクよりもクイックな動きを実現。サスペンションの動きがふわふわした感じではなく、かっちりとした感じになり、若干固めの乗り心地へと変更されます。

また、このサスペンションは従来のタンクのサスペンションと比べ、20~30mmほどローダウンしています。専用サスペンションは、タンク GR SPORTのスポーティーな外観にも貢献しているのです。

サスペンションに加え、ブレーキキャリパーもGR専用品へと変更。キャリパーの性能自体が変わるわけではありませんが、こちらもドレスアップ効果は高いです。このブレーキキャリパーに専用スポーツブレーキパッドが装着されるので、ブレーキング性能自体は向上します。

GRMN・GRのような性能の向上はなし

「GR SPORT」は気軽に運転を楽しめることを重点において開発されていることは、先ほどもお伝えしました。そのため、「GRMN」や「GR」のように本格的なチューニングは施されていません。エンジン出力アップやボディの軽量化などは、「GR SPORT」のチューニングメニューの中にはないということです。

そこまで手を加えてしまうと、安価な価格設定が魅力のタンクの値段が跳ね上がってしまいます。そうなると、気軽に運転を楽しめる「GR SPORT」のコンセプトからズレた方向に向かってしまいます。たとえ本格的なチューニングが施されていたとしても、元の運動性能が低いタンクでは、費用対効果が薄く、ファン・トゥ・ドライブな車にはなり得ないでしょう。

タンク GR SPORTの登場に期待!

タンク GR SPORTではこれまでのタンクと比べ、スポーティー路線へと大きく舵を切ることがわかりました。外観・内装だけの変更ではなく、ボディやサスペンションにも手を加えるということで、ただのなんちゃってスポーツグレードではないことがわかります。

もちろん、サーキットを走るような車ではないことは明らかですが、カッコいいファミリーカーが欲しい人やスポーティーな車が欲しいけど実用性を犠牲にしたくないという人には、おすすめの車です。

タンク GR SPORTの発表時期は未だ判明していませんが、2018年11月発売との情報が有力です。このタイミングに発売されることを期待しつつ、気長に待ちましょう。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-タンク, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.