タンク トヨタ

トヨタタンクの後部座席の評価は?他社のコンパクトカーと比較!

更新日:

トヨタのグループ会社であるダイハツが世に送り出したコンパクトカー、トール。タンクはそんなダイハツのトールのOEM車(姉妹車)です。

昨今は小さなボディに広い車内空間を実現している車が注目を浴びており、タンクはまさにその市場でトップを勝ち取るために、発売されました。同じくトールのOEM車であり、タンクの姉妹車でもあるトヨタ・ルーミーと合わせると、国産車トップクラスの販売台数を誇っています。

タンクが大勢のユーザーに支持されている理由は、間違いなく車内空間、後部座席の広さにありますが、タンクの後部座席がどのくらい広いのか、具体的には知らないという人もいるでしょう。 そこで、今回はタンクの後部座席を徹底解説したいと思います。

タンクの後部座席の評価は高いのか、それともイマイチなのか。チェックしていきましょう。

タンクの後部座席

引用元:タンク公式ページ

軽自動車市場では、スーパーハイトワゴンと呼ばれるジャンルが大人気です。スーパーハイトワゴンとは、ホンダ・N-BOXやスズキ・スペーシアなど、両側スライドドアを採用した背の高い軽自動車のことです。

タンクの姉妹車であるトールを開発したダイハツが販売しているタントは、そのジャンルの先駆者でもあります。このジャンルがなぜ人気なのかと言うと、規格によって定められているボディサイズの中に、広大な車内空間を実現しているからです。

元々は狭い車内を少しでも広く見せるための苦肉の策として、全高を高く設計したのですが、それが主婦層の求めているものと合致して大ヒット。今や軽自動車を販売している自動車メーカーのすべてが、このスーパーハイトワゴンをラインナップに加えています。

タンクはスーパーハイトワゴンの開発思想を元に設計されました。そのため、ボディサイズは一回り大きいですが、全高の高いスクエアボディ、両側スライドドアなど、類似点はたくさんあります。

タンクはコンパクトカーですが、軽自動車ではありません。そのため、車内空間はスーパーハイトワゴンよりも広く確保されており、後部座席の使い勝手は抜群です。

タンクの後部座席の広さ

それでは、タンクの後部座席の広さをご覧ください。

引用元:タンク公式ページ

2,180mmを誇る室内長の半分以上が、後部座席として割り振られていることがわかります。これだけの広さがあれば、どんな体格の人でもゆっくりとくつろぐことができるはず。

特に、タンクの後部座席の足元の広さは目を見張るものがあります。足を組むことが容易く、前席の背もたれを靴の泥などで汚すこともありません。なんなら足元の空間が広すぎて落ち着かないくらいです。

さらに、タンクは全高の高さと低床設計を両立しているので、室内高も1,355mmと十分すぎる高さを確保しています。小学校低学年くらいのお子様なら、車内で立ったまま着替えることができますね。縦にも横にも広いので、乗降性も十分。お年寄りの方が乗り降りするときも安心です。

シートアレンジ

続いて、タンクの後部座席のシートアレンジをチェックしてみましょう。

引用元:タンク公式ページ

タンクの後部座席には、 ダイブイン機能と70度までのリクライニング機能があります。そのため、後部座席をダイブイン格納させれば、自転車などの大きな荷物も積載できる広大なラゲッジスペースが実現可能です。また、前席を後ろに倒し、後部座席をリクライニングすることで、長時間の疲れを癒すフルフラットモードにすることもできますよ。

引用元:タンク公式ページ

後部座席は6:4分割可倒式を採用しているので、片側だけ後部座席を倒して荷物を載せ、もう片側の後部座席は倒さずに人を載せるなど、自由度の高い使い方が可能です。左右独立式のスライド機構も採用されています。

タンクの後部座席は実用性が高い

タンクの後部座席の広さは十分驚きです。しかし、タンクの後部座席の魅力は広さだけではありません。

タンクは前席の背もたれにシートバックテーブルがあります。このシートバックテーブルには、ドリンクホルダーやレジ袋を引っ掛けるフックなどが備え付けられているので、非常に便利です。

引用元:タンク公式ページ

また、タンクの両側スライドドアにはワンタッチオープン機能、予約ロック機能、挟み込み防止機能が採用されています。 ワンタッチオープン機能や予約ロック機能は荷物やお子さんを抱えているときに重宝します。小さなお子さんがいる家庭も、挟み込み防止機能のおかげで安心です。

また、運転席と助手席の間にはウォークスルーがあります。そのため、雨風の強い日や駐車場が狭いとき、後部座席から車内に乗り込み運転席に移動する、というような使い方もできますよ。

このように、タンクの後部座席は実用性が高いです。乗車定員が多いときはもちろん、少人数で乗車するときにもその真価を発揮します。ひとつひとつは小さなことですが、これらの細かい気配りが毎日車を使う主婦層にとってはありがたいですよね。

タンクと他社のコンパクトカーの後部座席を比較!

タンクの後部座席は広さだけでなく、使い勝手に関しても優秀です。

ただ広いだけの車はいくらでもありますが、広さと実用性を高い次元で両立している車は多くはありません。そんな素晴らしい後部座席を採用しているタンクを超えるコンパクトカーがほかにあるのか、調査してみました。

日産 ノート

引用元:ノート公式ページ

今や日産を代表するコンパクトカーにまで成長したノート。以前はマーチやキューブが人気でしたが、現在はノートが爆発的な人気を誇っています。ノートの人気の秘訣は、次世代のハイブリッドシステムを採用したe-POWERにあります。エンジンを動力ではなく発電に用いて、そこで得た電力でモーターを駆動させるe-POWER。

これと言って特徴のないノートに、パワフルな走りと高い燃費性能をもたらしました。e-POWERはノートの大きな魅力ですが、後部座席にe-POWERは関係ありません。先進性や走行性能ではノートに劣るタンクも、後部座席に関しては勝機があります。

引用元:ノート公式ページ

これがノートの後部座席です。リアドアはスライドドアではなく、通常のヒンジドアを採用。ヒンジドアが悪いワケではありませんが、スライドドアの有無で実用性に大きく変わります。乗降性という点においては、タンクの圧勝です。

画像を見る限り、広さもそれほどではありません。決して狭いというワケではないのですが、タンクには劣っています。致命的なのは足元空間の狭さですね。これでは足を組むときに、前席の背もたれに靴が当たってしまいそうです。床がフラットではないのもマイナスですね。

シートアレンジにおいても、タンクほどの自由度はないです。後部座席は前側に倒れますが、ダイブインではないので、ラゲッジスペースがフラットにはなりません。6:4分割可倒式ではあるものの、スライド機構は非採用です。

後部座席に限定して言えば、ノートはタンクの足元にも及ばないことがわかります。

ホンダ フィット

引用元:フィット公式ページ

フィットはファミリー層から人気を集めているコンパクトカーです。外観と内装、走行性能、後部座席の実用性、すべてが高い次元でまとまっているフィットは、タンクのライバルになり得る存在。ハイブリッドモデルを選べば燃費性能も高く、正直、これと言って弱点のない車だと思います。

唯一気になるところと言えば、車両価格の高さでしょうか。特別高いというワケではないものの、競合車種と比べると、やはり高価な印象がありますね。

フィットもノートと同様に、ヒンジドアを採用しています。乗降性に関してはまたもや、タンクの方が優勢です。ただし、驚くべきはその車内空間の広さ。成人男性がゆっくりとくつろぐことのできるスペースが確保されています。

引用元:フィット公式ページ

足元の空間が広く、ストレスなく足を組むことができそうです。フィットは全高こそそれほど高くはありませんが、ホンダの独自技術「センタータンクレイアウト」によって、低床設計となっています。そのため、コンパクトなボディからは想像できない後部座席の広さ、解放感を実現しています。

また、後部座席のシートアレンジの多彩さも評価すべきでしょう。ワンアクションで多彩なアレンジができる「ウルトラシート」の採用によって、フィットは4種類ものシートアレンジを実現。座面を跳ね上げる「トール・モード」や助手席まで荷室が広がる「ロング・モード」は、タンクには採用されていません。

非常に魅力的な後部座席を備えているフィットですが、それでもタンクの後部座席の実用性には及びません。そもそもタンクは全高が高く広いので、フィットほどのシートアレンジが必要ないのです。ただし、2mを超える長尺物の積載に関しては、「ロング・モード」があるフィットの方が1枚上手。それ以外は、またしてもタンクの圧勝です。

マツダ デミオ

引用元:デミオ公式ページ

「魂動デザイン」と「スカイアクティブ・テクノロジー」によって、これまでのイメージを一新。商品としての価値を飛躍的に向上させることに成功したデミオ。

マツダと言えば、CX-5などの人気クロスオーバーSUVが思い浮かぶと思います。しかし、最も人気のあるの車は、実はデミオなのです。

デミオの魅力は優雅な外観と高級車然とした内装、走りを重視したパワートレインです。デミオはコンパクトカーですが、ひと昔前のスペシャリティカーのような側面があります。そのため、実用性はそれほど重視されておらず、ファミリーカーとして選ぶ人は少ないと思います。

引用元:デミオ公式ページ

デミオの後部座席がタンクに劣っていることは、比べるまでもありません。デミオのタイトな車内空間は圧迫感を感じます。

乗車定員は5名。フル乗車していても有り余る動力性能がデミオにはありますが、長距離移動は現実的ではないでしょう。あまりにも狭い後部座席は、長距離・長時間の移動には向いていません

6:4分割可倒式を採用しているため、後部座席を前側に倒すことはできます。ただし、スライド機構やリクライニング機能はなく、シートアレンジの不足感は否めません。シートアレンジにおいても、タンクの圧勝ですね。

後部座席でデミオがタンクに勝っているのは、座り心地・乗り心地です。デミオのサスペンションはワンクラス上の出来で、後部座席の質も良いです。

座席の形状が体にフィットするように作られているので、不快感や疲れを感じにくくなっています。座り心地・乗り心地が良いだけに、デミオは後部座席の狭さで損をしていると感じました。

またもやタンクの圧勝ですね。

スズキ ソリオ

引用元:ソリオ公式ページ

ソリオはタンクと同じく、軽自動車のスーパーハイトワゴンの開発思想をもとに誕生したコンパクトカーです。従来のヒンジドアを採用しているコンパクトカーと違い、両側スライドドアを採用しており、広大な車内空間が特徴なので、タンクの直接的なライバル車種にあたります。

引用元:ソリオ公式ページ

ソリオもタンクも両側スライドドアなので、乗降性については全く同じ。車内空間についても大差はありませんが、室内長、室内高はソリオの方が上です。数値上はソリオの方が勝っていますが、数mmの差なので、実際に乗ってみると違いは感じられません。

違いが感じられないのは、シートアレンジにおいても同様です。ソリオの後部座席は、ダイブイン機能とリクライニング機能、スライド機構が採用されています。タンクとまったく同じであることがわかると思います。

ドリンクホルダーとレジ袋を引っ掛けるフックが備え付けられたシートバックテーブルもありますし、メーカーは違いますが、後部座席に関してはほぼ同じだと言っても過言ではありません。

名称こそ違いますが、両側スライドドアのワンタッチオープン機能もソリオには採用されています。ただし、ソリオにはパワースライドドアの開度を自由に決めることができる一時停止機能が採用されています。

タンクにはこの機能がありません。ですが、タンクに採用されている予約ロック機能がソリオにはないので、一長一短です。

ソリオとタンクの後部座席の評価はどちらも高く、優劣はほぼありません。実際に購入するとなると、外観や内装など、他の部分で勝負することになるでしょう。

三菱 ミラージュ

引用元:ミラージュ公式ページ

最後に比較するのは、三菱が販売しているコンパクトカー、ミラージュです。

三菱のラインナップには、パジェロやデリカD:5、アウトランダーPHEVなど、車好きの心をくすぐる自動車が多数ラインナップされています。その中で、これといって大きな特徴のないミラージュは、他社のコンパクトカーの人気に苦戦しています。

引用元:ミラージュ公式ページ

ミラージュはヒンジドアを採用しているため、乗降性や使い勝手においては、タンクの方が優れています。後部座席の広さはお世辞にも広いとは言えません。

ミラージュの後部座席は、6:4式分割可倒式を採用しています。リクライニング機能やスライド機構など、後部座席をより快適にするような機能は採用されておらず、シートアレンジにおいてもタンクに劣っています

ミラージュの後部座席の広さや使い勝手は、デミオと良い勝負でしょう。ようするに、タンクの後部座席には歯が立たないということです。

タンクの後部座席は国産コンパクトトップクラス!

引用元:タンク公式ページ

タンクの姉妹車であるトールやルーミー、スバル・ジャスティは、後部座席の評価は同じなので今回は記載していません。また、同じくトヨタのコンパクトカーであるアクアやヴィッツなども記載していませんが、後部座席の広さや使い勝手においては、おそらく比べるまでもなくタンクの方が優秀だと思います。

つまり、国産コンパクトカーの後部座席は、タンクとソリオの2強だということが判明しました。これらの後部座席の広さと使い勝手を超える車は、ミニバンだけ。コンパクトカーの中ではタンクとソリオが最強クラスです。

タンクの後部座席はファミリーカーとしての役割を十分に果たすことができます。乗車定員が4名の軽自動車では満足できないという人には、タンクがおすすめです。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-タンク, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.