タンク トヨタ

トヨタタンクの内装の評価は?他社のコンパクトカーと比較!

投稿日:

発売してからというもの、好調な販売台数を記録し続けているトヨタ・タンク。車内空間の広さと圧倒的な実用性が魅力のコンパクトカーです。

今回はそんなタンクの内装についてお話を進めていきたいと思います。タンクの内装は他社のコンパクトカーと比較してみてどうなんでしょうか?

トヨタの売れ筋コンパクトカー、タンク

引用元:タンク公式ページ

タンクは2016年からトヨタが販売を行っている、トールワゴンタイプのコンパクトカーです。製造がダイハツが担当しており、ダイハツではトールという車名で販売されています。

同じくトヨタで販売されている姉妹車のルーミーと合わせると、タンクはコンパクトカーNo.1の販売台数を誇る人気車種です。なぜこれほどまでにタンクが売れているのかというと、実用性が非常に高いから。

まず、タンクの最大の魅力として車内空間の広さが挙げられます。タンクは軽スーパーハイトワゴンと同様のコンセプトで設計されています。

5ナンバーサイズでありながら、全長はより長く、全幅はより広く、全高はより高く設定されています。そのため、タンクは圧倒的な車内空間の広さを実現しているというわけです。

また、タンクは両側スライドドアを採用しています。両側スライドドアはミニバンでお馴染みの装備ですが、これがあるか無いかで、後部座席に乗る人の乗降性が大きく変わります。

狭い駐車スペースでもドアの開口部を広く確保することができ、乗り降りが非常にしやすいです。周りに駐車してある車にドアをぶつける心配がない、というメリットもあります。

ほかにも、収納スペースが豊富なところや安全装備が充実しているところなど、タンクの魅力は多岐に渡ります。それにもかかわらず、タンクは車両価格が非常に安価で、何かとお金がかかるファミリー層が購入しやすいパッケージングを実現。

「ミニバンは必要ないけど広い車が欲しい」、「ミニバンは必要ないけどスライドドアの車が欲しい」とミニバンの代替需要を満たす存在として、幅広いユーザーに受け入れられています。

まだまだタンクのたくさんの魅力を紹介したいところではありますが、こちらについては当サイトのほかの記事を読んでいただくとして、今回はタンクの内装を中心にお話を進めていきます。

タンクの内装ってどんな感じ?

車の購入を検討する要素として、内装は絶対に欠かせない存在です。車を購入するときは見た目のカッコよさに目を向けがちですが、実際のところ、車に乗っていて目にするのは外観ではなく内装ですよね。

「使い勝手が良い内装」、「高級感のある内装」、「エアコンやオーディオが操作しやすい内装」など、人それぞれ求める内装は異なると思いますので、今回は

  • デザイン
  • 操作性
  • 収納スペース

の3つの観点から、タンクの内装を評価していきたいと思います。

タンクの内装デザイン

まずはタンクの内装デザインをチェックしていきましょう。まずはこちらの画像をご覧ください。

引用元:タンク公式ページ

これがタンクの内装です。全体的にシンプルにまとめられています。

カーナビが全体の中央に配置してあり、運転席側と助手席側、どちら側から見ても視認性は高そうです。カーナビのすぐ下にはハザードスイッチが配置されています。押しやすい位置に配置されてあって好印象ですね。

その両側にはちょっとした小物入れがあります。サイズ的にはスマホや小銭入れを置いておくのにちょうど良さそうです。さらに下を見ていきましょう。

左側にはエアコンのスイッチパネル、右側にはシフトノブが配置されています。温度や風量はデジタルで表示されています。車内の温度の管理については、ダイヤルで直感的な操作が可能です。

シフトノブは握りやすく、フィット感のある形状を採用しています。これといって特徴は無いですが、シンプルなだけに操作性は抜群でしょう。

これらのスイッチ類がセンタークラスターパネルにひとまとめにされています。両側にシルバーのオーナメントを施すことで、上質なイメージをプラス。

センタークラスターパネルの上部には、マルチインフォメーションディスプレイとエアコンレジスターが配置されています。高い位置に配置されているので、目線を落とすことなくチェックすることが可能です。

続いて、運転席側の内装をチェックしていきます。シンプルな3本スポークのステアリングホイール。シルバーの加飾によって、安っぽい印象はありません。

左右のスポークにはオーディオなどのスイッチが配置されています。ステアリングホイールの奥には、直感的に情報を得ることができる3眼メーターを採用。

その右側には、シルバーのオーナメントで彩られたエアコンレジスターと収納式カップホルダーが配置されています。

助手席側の内装はシンプルなデザインになっています。左側のエアコンレジスターと収納式カップホルダーは右側と共通のデザインです。

助手席側はオープントレイがその大部分を占めています。それなりに大きな物を置くことができるので、使い勝手は良さそうです。画像ではあまり見えませんが、オープントレイの真下にはグローブボックスが配置されています。

ドアインナーのデザインをチェックしましょう。インナードアハンドルはメッキ調の部品を採用。ちょっとした高級感がプラスされています。

アームレストはシルバーのオーナメントで飾られており、それが良いアクセントになっていますね。ドアトリムがプラスチックではないので、質感の低さはそれほど感じません。

総評ですが、タンクの内装のデザインは決して悪くはありません。ただし、価格以上のクオリティを誇る内装かと言われると、そういうわけでもなく、あくまで価格相応の作り

全体的なデザインがシンプルなことと、ダイハツが設計・製造を担当している車であるということもあり、悪く言えば軽自動車のようなデザインではあります。

タンクの内装の操作性

続いて、タンクの内装の操作性(使い勝手)を評価していきます。全体的にシンプルなデザインを採用しているため、操作性については悪くないです。操作性に限定して言えば、高いレベルを実現していると言っても過言ではないと思います。

上記でもお伝えしましたが、スイッチ類の大半をセンタークラスターパネルに配置することで、運転席側からでも助手席側からでも操作が可能です。右端にはエンジンのプッシュスタートスイッチが配置されていますが、押しやすい位置に配置されているので、初めてタンクに乗る人でも、戸惑うことなくエンジンをかけることができるでしょう。

その他のスイッチ類については、センタークラスターパネルにひとまとめにされています。シガーソケットもそれらと同じ位置に配置されていますね。ウインドウスイッチやステアリングスイッチについても、他社と変わりない無難な位置に配置されているので、操作に関してもも戸惑うことはないと思います。

タンクの内装の収納スペース

それでは、収納スペースについてはどうでしょうか。上記の画像から一目でわかる収納スペースは、助手席前のオープントレイとセンタークラスターパネル、両側ドアアームレストのちょっとした小物入れのみです。

これだけでも一般的な車と比べると、随分と収納スペースが豊富なことがわかると思います。特に助手席前のオープントレイについては、ポケットに入るものなら何でも置くことが可能です。センタークラスターパネルの収納スペースは、スマホや小銭入れを収納するのに適しています。

この画像から確認することができない部分は、助手席前のグローブボックスとセンターコンソール下部の大型ダストボックス、そして両側ドアのアンダーポケット、センターフロアトレイです。ひとつずつ解説していきます。

助手席前のグローブボックスについては、特に説明することはありません。ほとんどの車に採用されている収納スペースのひとつです。車検証やマニュアルを入れておくのに最適ですね。

センターコンソール下部の大型ダストボックスは、名称からわかる通り、ゴミ箱です。500mlのペットボトルが4本程度入り、脱着式なので、ゴミを捨てるときに手間がかかりません。ダストボックスと銘打ってはいますが、もちろん、収納スペースとしても活用できます。

両側ドアのアンダーポケットも、一般的な車にはほぼ採用されている収納スペース。500mlのペットボトルを入れることが可能です。

センターフロアトレイは運転席と助手席の間に配置されている収納スペースのこと。ハンドバッグなどを置くことができます。複数名が乗車しているときに、カバンを人に持ってもらったり足元のスペースに置いたりする必要がないので、普段からカバンを持ち歩く人は重宝すると思います。

このように、タンクの収納スペースは非常に豊富です。内装の至るところに収納スペースが配置されているため、小物を置く場所がないなんてことにはならないでしょう。他社のコンパクトカーと比較してみても、タンクの収納スペースは豊富な部類に入ります。

後部座席は?

後部座席の内装はどうなっているのでしょう。

引用元:タンク公式ページ

デザインについては特にお話しすることはありません。ですが、収納スペースは後部座席にもたっぷりと配置されています。

ドアアームレストのポケット以外にも、助手席シートバックポケットやトレイ式デッキサイドトリムポケット、シートバックテーブルなどがあります。どれも非常に便利な収納スペースです。

助手席シートバックポケットは助手席の背もたれに配置された収納スペースのことで、書類や雑誌などを入れておくことができます。トレイ式デッキサイドトリムポケットは、わずかな小物置き場とドリンクホルダーが配置されています。両側に配置されてあって、左側よりも右側の方がやや広くなっているようです。

シートバックテーブルは運転席と助手席の背もたれに配置された、簡易的なテーブルのこと。ここで軽食を済ませることはもちろん、買い物フックとドリンクホルダーが設置されているので、収納スペースとしても活用することができます。

収納スペース以外では、両側ドアに格納式のサンシェードが装備されています。普段は格納されていて、使いたいときにだけ引っ張り出して使用することが可能です。

タンクの内装は他社のコンパクトカーと比較してどう?

最後に、タンクの内装を他社のコンパクトカーとざっくり比較してみましょう。今回の比較対象はホンダ・フィット、マツダ・デミオ、スズキ・ソリオの3車種です。

ホンダ・フィットの内装

引用元:フィット公式ページ

まずはフィットの内装をチェック。先進性を感じる、非常に質感の高い内装だと思います。ところどころにシルバーのオーナメントを配置することで、高級感をプラス。

ただし、カーナビやエアコンスイッチにタッチパネルを採用しています。すっきりとしているので見栄えは良いですが、操作性にはやや難がありそうです。

物理的なスイッチであれば、運転中でも目線を落とさず感触だけで操作することができますが、タッチパネルだとそうはいきません。また、シフトノブの操作も独特で、初めて乗る人にとっては慣れが必要だと思います。

  • アームレスト付センターコンソールボックス
  • センターコンソールポケット
  • フロントコンソールボックス
  • グローブボックス
  • 運転席ドリンクホルダー(格納式)
  • ボトルホルダー&ドアポケット(運転席/助手席)

フィットにはこれだけの収納スペースがあります(後部座席の収納スペースについては記載していません)。一見、収納スペースが多いようにも感じますが、どれも小さなスペースばかりで、便利かどうかは人によると思います。デザイン性においては、フィットの方が質感で高く上回っていると思いますが、操作性や収納スペースの数に関してはタンクの方が優れていると感じました。

マツダ・デミオの内装

引用元:デミオ公式ページ

次に、マツダ・デミオの内装をチェックしてみましょう。デミオはコンパクトカーにもかかわらず、非常にクオリティの高い内装を採用しています。ダッシュボード上に配置されたカーナビは視認性が高いです。

内装の中心から助手席まで続くメッキガーニッシュとフェイクレザーのオーナメントは、上質かつ洗練されたデザインとなっています。センターコンソールやステアリングホイール、3眼メーターなど、どれもデザインにおいては車格が上の車とも良い勝負ができるでしょう。

カーナビの操作についてはやや慣れが必要ですが、物理スイッチだけでなくタッチ操作も可能です。エアコンスイッチにしろステアリングスイッチにしろ、直感的な操作ができるよう工夫がされています。ただし、そんなデミオの内装にも弱点があって、それは収納スペースの少なさです。

  • フロントコンソール
  • カップホルダー(× 2)
  • ボトルホルダー付きドアポケット(運転席/助手席)
  • コンソールマルチトレイ
  • グローブボックス

これらがデミオの収納スペースです。グローブボックスやカップホルダー、ドアポケットなど、基本的な収納スペースについてはタンクも備えています。

フロントコンソールやコンソールマルチトレイはデミオ独自の収納スペースですが、極わずかなスペースなので、小物置き場としてはあまり優秀ではありません。内装のデザインはデミオの方が圧倒的にデミオが上ですが、操作性においてはタンクと良い勝負です。唯一、収納スペースだけはタンクの圧勝だと感じました。

スズキ・ソリオの内装

引用元:ソリオ公式ページ

最後に、スズキ・ソリオの内装をチェックしましょう。ソリオの内装は、全体的に見て機能性を感じるデザインを採用しています。センターコンソールにシルバーのパネルを採用することで、樹脂部分と差別化を図っています。

センターメーターを採用しているため、走行中の視認性は高そうです。ステアリングホイールは先進性を感じるエッジの効いたデザインですが、全体的に丸みを帯びた内装とはあまりマッチしていないようにも感じます。

若干ごちゃごちゃとした印象はありますが、決して悪くは無い内装デザインです。操作性においてもタンクと大差は無いように見えます。ただし、ステアリングスイッチは数が多く、使い勝手は良いかもしれませんが、直感的な操作は難しいかもしれません。

  • グローブボックス
  • インパネトレイ(助手席)
  • インパネショッピングフック
  • インパネミドルポケット(センター)
  • インパネアッパーボックス(運転席)
  • インパネドリンクホルダー(運転席/助手席)
  • インパネボックス(運転席)
  • インパネアンダーボックス(センター)
  • 運転席シートサイドポケット
  • フロントドアポケット(ペットボトルホルダー付)

ソリオの内装の魅力は、タンクと同様に収納スペースの豊富さです。ソリオにはこれだけの豊富な収納スペースが配置されています。インパネアッパーボックスやインパネボックスなど、タンクには採用されていないソリオ独自の収納スペースもあり、実用性は非常に高いです。

その一方で、タンクの助手席前オープントレイと比べて開口部が狭いインパネトレー。カバンを置くことができるタンクのセンターフロアトレイに対し、小さなものしか収納することができない運転席シートサイドポケットなど、タンクの収納スペースに劣っている部分もあります。内装のデザインと操作性においては僅差でタンクの方が上、収納スペースに関しては引き分けだと感じました。

タンクの内装は実用性が高く使い勝手が良い

引用元:タンク公式ページ

タンクの内装を徹底解説したうえで、他社のコンパクトカーと比較をしてみましたが、いかがだったでしょうか。タンクの内装は非常に高クオリティであることが伝わったと思います。

内装のデザインはともかく、操作性や収納スペースの数については、他社のコンパクトカーと比べても見劣りするどころか、はるかに優れていると感じます。タンクは車内空間が広く、両側スライドドアを採用した実用性重視のトールワゴンなので、内装のデザイン性よりも実用性を重視しています。デザイン性を重視したいなら選択肢はたくさんありますが、使い勝手においてはタンクと並ぶコンパクトカーはごくわずかです。

デザイン性はひと目見るだけでわかりますが、操作性や機能性、収納スペースなどは実際に使ってみてからよくわかるものです。タンクの購入を検討している人は、最寄りのディーラーで実際に確認してみることをオススメします。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-タンク, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.