タンク トヨタ

トヨタタンクのカタログ燃費は24.6km/L!実燃費はどのくらい?

投稿日:

両側スライドドアの採用と広い車内空間の実現によって、主婦層から絶大な支持を得ているトヨタ・タンク。「軽自動車では満足できない」という人には、ぜひオススメしたいコンパクトカーです。

今回はそんなタンクのカタログ燃費と実燃費を調査してみました。

タンクのグレード毎のカタログ燃費

引用元:タンク公式ページ

タンクはダイハツ・トールのOEM車です。そのため、ダイハツが軽自動車や小型車の開発で培った技術やノウハウがふんだんに詰め込まれています。タンクは非常に実用性の高いコンパクトカーで、ファミリーカーとしての資質を十分に感じさせる1台に仕上がっているのです。

ファミリーカーとして購入を検討するならば、どうしても気になるのが燃費性能。家庭の財政を圧迫しない低燃費の車であることが必須条件です。そこで、タンクのカタログ燃費性能をグレード毎に表でまとめてみました。

2WD(FF)モデル 4WDモデル
X 24.6km/L 22.0km/L
X"S" 24.6km/L 22.0km/L
G 24.6km/L 22.0km/L
G"S" 24.6km/L 22.0km/L
G-T 21.8km/L
カスタムG 24.6km/L 22.0km/L
カスタムG"S" 24.6km/L 22.0km/L
カスタムG-T 21.8km/L

タンクは8つのグレードが設定されています。その中でも過給器の有無で、大きく2つに分類することができます。

タンクの「X」「X"S"」「G」「G"S"」「カスタムG」「カスタムG"S"」は、1.0L自然吸気エンジンを搭載したNAモデルです。ターボモデルと比べるとパワーはありませんが、その分、カタログ燃費は24.6km/Lと、非常に経済的な数値を記録しています。

タンクの「X」「X"S"」「G」「G"S"」「カスタムG」「カスタムG"S"」の4WDモデルのカタログ燃費は22.0km/L。上記のFFモデルと比べるとわずかに劣りますが、それでも十分に低燃費であることがわかると思います。

タンクの「G-T」「カスタムG-T」は、1.0Lターボエンジンを搭載したターボモデルです。走行性能が高く、急な上り坂でもぐんぐん加速していきます。

高速道路やバイパスに乗ることが多い人でも、ターボモデルならパワーがあるので快適に安心して乗ることができます。そんなタンクの「G-T」「カスタムG-T」のカタログ燃費は21.8km/L

ターボモデルはある意味、走りのために燃費を犠牲にしているようなものなので、NAモデルよりも燃費性能が劣ってしまうのは仕方がありません。ですが、それほど燃費性能に大きな開きがあるかと言われると、決してそういうワケでもないことは、上記のカタログ燃費を見ればわかりますね。

ガソリンの消費を気にすることなく、しっかりとアクセルを踏み込むことができそうです。また、タンクのターボモデルには4WDの設定がありません。つまり、タンクの4WDモデルが欲しいなら、ターボモデルではなくNAモデルを購入するしかないということになります。

タンクの実燃費はどのくらい?

それでは続いてタンクの実燃費に迫ってみましょう。実燃費はドライバーの運転の仕方や用途によって大きく変動するので、ここでは上記の表に記載したカタログ燃費の数値を元に、実燃費を算出していきます。

タンクの実燃費を表にまとめました。

2WD(FF)モデル 4WDモデル
X 16~18km/L 14~16km/L
X"S" 16~18km/L 14~16km/L
G 16~18km/L 14~16km/L
G"S" 16~18km/L 14~16km/L
G-T 21.8km/L
カスタムG 14~16km/L 14~16km/L
カスタムG"S" 16~18km/L 14~16km/L
カスタムG-T 14~16km/L

カタログ燃費では24.6km/Lという高い燃費性能を叩き出しているNAモデル。その実燃費は16〜18km/Lです。コンパクトカーとしては十分な実燃費だと言えるのではないでしょうか。

次に、カタログ燃費の数値で劣るNAモデル(4WD)とターボモデルの実燃費。その数値は14〜16km/Lです。昨今のハイブリッドカーと比べれば見劣りする数値ではありますが、ガソリンを多く消費する4WDもしくはターボエンジンを搭載しているにも関わらず、この燃費性能は十分に経済的だと思います。

タンクの実燃費に関する口コミ情報

引用元:タンク公式ページ

それでは実際にタンクを購入したユーザーの実燃費・経済性に関するクチコミをいくつか紹介したいと思います。

  • 納車年月:2018年3月
  • 車の詳細:4WDモデル
  • 3月に納車しました。初めての給油では、たった10km/Lしか走っていない計算になりました。しかし、その後マルチインフォメーションディスプレイに表示される平均燃費は14〜20km/Lと、想定よりも低燃費だったので嬉しいです。

この人はタンクの4WDモデルを購入しています。実燃費は思っていたよりも良いですね。20km/Lという数値はほぼカタログ燃費と同等で、いかにタンクのエンジンの性能が良いのか思い知らされます。

  • 納車年月:2018年1月
  • 車の詳細:G"S"グレード
  • 1月の下旬に納車しました。寒い時期であることが関係しているのかもしれませんが、満タン給油で平均燃費が14.5km/Lとかなり悪いです。燃費性能に期待して、あえてNAモデルを購入したのに少し後悔しています。

この方はNAモデル(FF)の「G"S"」を購入したみたいですが、想定していた実燃費よりも悪かったとイマイチな評価をしています。ですが、この方が購入したタンク「G"S"」のカタログ燃費は24.6km/L。

運転の仕方によっては、実燃費が14.5km/Lになるのも考えられる範囲です。タンクのポテンシャルはこんなものではないので、運転の仕方を改めた方が良いかもしれません。

  • 乗車年月:2018年6月
  • 車の詳細:NAモデル(FF)
  • トヨタレンタカーで2泊3日、タンクを借りました。市街地走行2割・郊外3割・平坦路4割・バイパス1割、といった感じで約300kmほど走行しましたが、実燃費は17.93km/Lでした。信号の多い街中ではやはり燃費が伸びにくいなと感じましたが、それなりに良い数値を記録できたなと思っています。状況により燃費は変わってくるかと思います。

この方はタンクを実際に購入したわけではなく、数日間レンタカーとして使用したとのこと。高い燃費に期待できる高速道路やバイパスをほとんど走行していないにも関わらず、この実燃費の数値は素直にすごいですね。この方のおっしゃるとおり、実燃費はドライバー次第で大きく変動します。

納車したての頃はまだエンジンが馴染んでいないので、燃費性能が思ったよりも悪いということは十分に考えられます。また、季節によってはエアコンを多用するので、燃費が悪くなってしまっているということもあるでしょう。

できればターボモデルの燃費に関する口コミも紹介したかったのですが、タンクの購入者の多くはNAモデルを購入しているみたいです。データが不十分なため、紹介することができず残念です。

しかし、NAモデルの実燃費がこれだけで良いとなると、ターボモデルに関しても高い実燃費の数値が期待できると思います。パワーに余裕がある分、アクセルをガンガン踏み増すこともないでしょう。

ハイブリッドモデルの設定がないことが悔やまれる

いかがでしたか?

皆さんが思っていたよりも、タンクのカタログ燃費・実燃費は優秀だったのではないでしょうか。

タンクは軽自動車と比べると排気量は大きいですが、燃費性能に関しては大差がないことがわかりました。むしろ運転の仕方によっては、軽自動車よりも高い数値を叩き出すことも十分に可能だと思います。

これだけ燃費性能に優れたエンジンなので、ハイブリッドシステムとの組み合わせも見てみたかったですね。 タンクにハイブリッドモデルの設定があれば、カタログ燃費で30km/L以上の数値を記録することは十分に可能だったでしょう。

これに関しては数年後に発売されるであろう、新型モデルの発売に期待するしかありません。 ともかくタンクは実用性が高く、実燃費も優秀なコンパクトカーです。ファミリーカーとして経済性を重視する人は、間違いなく買うべき車だと思います。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-タンク, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.