タンク トヨタ

トヨタタンクの「スマートアシストII」ってどんな機能?スマアシIIIとどう違う?

更新日:

軽自動車の人気ボディタイプ「スーパーハイトワゴン」を、そのままワンサイズ大きくしたかのような車、それがトヨタ・タンクです。軽自動車並みの使い勝手の良さと普通車ならではの広い車内が特徴で、コンパクトカーの中では特に高い人気を誇ります。

昨今のコンパクトカーには、先進予防安全技術が搭載されています。レーダークルーズコントロールやブレーキアシストの安全装備は、すべて先進予防安全技術によるものです。

タンクはダイハツが開発・販売を行っているトールの姉妹車にあたります。そのため、タンクの先進予防安全技術は、トヨタの「セーフティセンス」ではなく、ダイハツの「スマートアシスト」となっています。

今回はタンクに搭載されているダイハツの「スマートアシストII」が、どんな機能を持っているのか分かりやすく解説したいと思います。また、最新の先進予防安全技術と比べ、「スマートアシストII」の技術レベルがどのくらいなのかを調査しました。

タンクの先進安全技術「スマートアシストII」

引用元:タンク公式ページ

先進予防安全技術はもはや現在の自動車にとって、絶対に欠かせないものとなっています。テレビのニュース番組やインターネットニュースでは、凄惨な自動車事故が多数報道されていますが、その裏側で、自動車に搭載されている先進予防安全技術のおかげで、事故を防ぐことができた人たちがたくさんいることでしょう。

昨今の技術の進歩は凄まじいです。特に先進予防安全技術は自動車メーカーが特に力を入れていることもあり、年々進化を遂げています。

トヨタ・タンクに搭載されている先進予防安全技術は、ダイハツの「スマートアシストII」です。 ダイハツがラインナップしている自動車のほとんどに採用されています。

ダイハツは軽自動車を中心に開発・製造を行っているメーカーなので、技術レベルが低いと考えている人も中にはいると思います。しかし、軽自動車は普通車よりも販売台数が多く、また、フルモデルチェンジまでの間隔(モデルサイクル)も短いため、持っている技術をどんどんアップデートする必要があります。

さらに、軽自動車を開発・製造している自動車メーカーで、小型車をラインナップの中心にしている自動車メーカーは、ダイハツとスズキだけ。日産と三菱は共同開発でクオリティの高い軽自動車を設計していますし、ホンダは今もなお世界中の自動車メーカーと単身で戦い続けています。

ダイハツはそんな大手の自動車メーカーと、日本という狭い市場でシェアを奪い合う必要があります。そんな過酷な状況で長年高い実績を誇っているダイハツの技術力が、低いワケがないことはもうわかりますよね?

タンクが搭載しているダイハツの「スマートアシストII」は、発表当時の先進予防安全技術としては、高いレベルを実現しています。

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制機能(前方)
  • 誤発進抑制機能(後方)
  • 先行車発進お知らせ機能

以上、6つの安全装備がセットになっています。「スマートアシストII」には組み込まれていませんが、 クルーズコントロールなどの安全性と快適性を両立した装備も用意されています。

最近の自動車はみんな口を揃えて高い高いと言いますが、自分もしくは他人の一生を左右する自動車事故を、未然に防いでくれる先進予防安全技術などを装備しているにも関わらず、その価格の上昇は十数万円程度です。それだけじゃありません。

海外での発売を視野に入れて開発されている車も多く、車のレベルはどんどん向上しています。それでも高いと言われてしまうとそれまでですが、その価格に見合った価値が十分にあると、私は思います。

スマートアシストIIの機能について徹底解説

それでは、ダイハツの先進予防安全技術「スマートアシストII」の解説に移りたいと思います。そもそも「スマートアシストII」は、レーザーレーダーを用いて車の前方を常に監視するシステムのことです。

イメージとしては、ドライブレコーダーのような感じ。(実際に録画しているワケではないので、その点はご注意ください)

「スマートアシストII」があるだけで、私たちはどれだけの安全が確保されているのか見ものですね。

衝突警報機能(対車両・対歩行者)

引用元:タンク公式ページ

衝突警報機能は、車の走行中、前方に車や歩行者がいることをレーザーレーダーが認識し、そのまま衝突する可能性が高まると画面への警告表示もしくはブザー音を用いて、ドライバーに注意喚起する機能です。

  • 4~100km/hの速度域であること
  • 前方の車が約80m以内であること
  • 速度差が約60km/h以内であること

上記の3つが衝突警報機能の作動条件です。車と歩行者で作動条件が異なります。

  • 4~50km/hの速度域であること
  • 前方の歩行者が約40m以内であること

歩行者の場合は、上記の2つが衝突警報機能の作動条件となっています。

車と歩行者で衝突警報機能の作動条件が異なるのは少々ややこしいですが、そもそも車と歩行者では大きさが全然違うので、仕方のない部分はありますね。結局は「前方に車か人がいるから危ないよ」と教えてくれるだけの機能なのですが、実際はこれが最大限に役に立ちます。

自動車事故の原因の多くに、わき見運転や居眠り運転があります。また、単純に気づかなかったというパターンもありますよね。

これらのような危険運転を未然に防いでくれるのが、この衝突警報機能なんです。もちろん、わき見運転や居眠り運転をしないのが1番の危険回避なんですけどね。

衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)

引用元:タンク公式ページ

衝突回避支援ブレーキ機能は、 いわゆる自動ブレーキ機能のようなもの。レーザーレーダーが前方に車を認識して、衝突する可能性が高まった場合、まずは衝突警報機能が作動します。

画面表示とブザー音によって、注意喚起を行いますよね。しかし、それでも衝突する可能性が下がらない場合(ドライバーがブザー音や画面表示に気づいていない、ドライバーが速度を緩めないなど)、自動ブレーキが作動します。

前方の車との相対速度が約30km/h以内なら、衝突の回避もしくは衝突被害の軽減を行います。衝突回避支援ブレーキ機能は非常にありがたい機能なのですが、ひとつだけ注意点があります。

それは、自動ブレーキが作動するのは対車両だけで、歩行者に対しては作動しないということ。これだけは絶対に覚えておきましょう。

車線逸脱警報機能

引用元:タンク公式ページ

車線逸脱警報機能とは、約60km/h以上のスピードで車が走行しているときに車線からはみ出しそうになると、ドライバーに注意喚起する機能のことです。車種にもよりますが、一般的には「ピピッ」というブザー音が鳴るので、居眠り運転やわき見運転による事故の可能性がグッと低くなります

ドライバー自身がきちんと運転しているつもりでいるときは、この車線逸脱警報機能のブザー音が煩わしく感じることもあります。そんなときはスイッチでオフにしたり、ブザー音の音量を調節したりすることも可能です。しかし、車の事故はドライバーの不注意であることも多いため、ヘタに触らないことをおすすめします。

誤発進抑制機能(前方・後方)

引用元:タンク公式ページ

昨今はアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が多発しています。車がコンビニに突っ込む様子を、テレビのニュースなどで見たことがある人も多いでしょう。

アクセルとブレーキの踏み間違いや誤ったシフト操作など、ドライバーのミスをできる限り抑制してくれる機能が、この誤発進抑制機能です。誤発進抑制機能の作動条件がこちら。

  • 車両の前方約4m以内に障害物や建物がある
  • 車両の後方約2~3m以内に障害物や建物がある

上記のようなシチュエーションで、ドライバーがアクセルを強く踏み込んだときに、誤発進抑制機能は作動します。約8秒間に渡って、車のエンジン出力を抑制。障害物や建物に衝突する大事故をできる限り防止します。

車の運転に慣れていない初心者やペーパードライバー、お年寄りの方が特に重宝する機能ではないでしょうか。

先行車発進お知らせ機能

引用元:タンク公式ページ

信号待ちをしているときに、エアコンの操作をしたりバッグの中身を漁ったりして、視線を下に落としている人は多いと思います。本当は決してやってはいけないことなのですが、スマートフォンをいじっている人なんかも少なからずいますよね。

そんな人たちはほかのことに気を取られ、信号が青に切り替わったときに遅れをとってしまいがち。後続車からクラクションを鳴らされる人もいます。

そんな場面で役に立つのが、先行車発進お知らせ機能です。マイカーの停車中に先行車が発進した場合、先行車との距離が約3mに達すると作動。ブザー音でドライバーに通知を行います。

必ずしも信号と先行車を注視し続ける必要がないので、そういう意味でも非常に便利な機能だと思います。

スマートアシストIIIとどう違う?

タンクに搭載されている先進予防安全技術は「スマートアシストII」です。「スマートアシストII」は2015年に登場したばかりのシステムですが、先進予防安全技術は年々急激な進化を遂げていて、2016年11月には、「スマートアシストII」の機能をさらに向上させた「スマートアシストIII」が登場しています。

「スマートアシストIII」は「スマートアシストII」と比べ、どのような進化を遂げたのでしょうか?

衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

引用元:タント公式ページ

「スマートアシストII」では対車両のみであった衝突回避支援ブレーキ機能。「スマートアシストIII」では歩行者に対しても作動するようになりました。さらに、対車両においては作動条件が緩和され、より安全な機能へと進化を遂げていることがわかります。

約4~80km/hの速度域において、先行する前方車両と衝突する可能性を察知すると、まずはブザー音と画面表示で注意喚起を行います。それでも衝突する危険性が低くならないときは、自動ブレーキが作動します。前方車両との相対速度が約30km/h以下であれば衝突の回避を、相対速度が約30~80km/hであれば衝突被害の軽減を行います。

歩行者に対しては約4~50km/hの速度域において、歩行者との相対速度が約30km/h以下であれば衝突の回避を、相対速度が約30~50km/hであれば衝突被害の軽減を行います。

衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者に対しても作動するようになったのは、「スマートアシストIII」の強みです。これだけでも「スマートアシストII」から「スマートアシストIII」に切り替える意味があるというもの。

オートハイビーム

引用元:タント公式ページ

「スマートアシストIII」で初採用されたのがオートハイビーム。25km/h以上での走行中に作動。前方の明るさを感知して、ハイビームとロービームを自動的に切り替えるという機能です。

前方が明るければロービームに、前方が暗ければハイビームに切り替えるという認識で間違いないと思います。いちいち手動で切り替える手間がないので、非常に便利かつ実用的な機能です。「スマートアシストII」には非採用なので、ちょっと羨ましいですね。

マイナーチェンジでスマアシIIIの搭載に期待

ダイハツがラインナップする軽自動車は「スマートアシストII」から「スマートアシストIII」へと順次切り替えを行っていますが、今のところタンクにその気配はありません。おそらく今後行われるであろうマイナーチェンジのタイミングで、「スマートアシストIII」への切り替わると予想されています。

ただし、こちらについては信ぴょう性は定かではありません。「スマートアシストII」は決して、レベルの低い先進予防安全技術ではありません。

ただ、先進予防安全技術の進化は凄まじいので、いつまでも「スマートアシストII」のままだとタンクが競合車に遅れをとるのは確実。そうならないためにも、早め早めの「スマートアシストIII」の搭載に期待したいですね。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-タンク, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.