タンク トヨタ

トヨタタンクを購入する前に知っておきたい弱点とは?

投稿日:

タンクは数あるトヨタ車の中でも、特に人気のあるコンパクトカーです。その人気ぶりは凄まじく、姉妹車のルーミーと合計すると、コンパクトカーNo.1の販売台数を記録しています。発売からわずか2年と歴史は浅いですが、タンクはプリウスやアクアと並ぶトヨタの売れ筋モデルなのです。

車内空間の広さと両側スライドドアの採用による使い勝手の良さを武器に、老若男女問わず幅広いユーザーから支持を得ています。当サイトでもタンクの魅力をたくさんの記事でお届けしていますが、もちろんタンクも完璧ではありません。タンクならではの弱点も少なからず存在します。

良いところばかりお伝えしていても、皆さんの心に響く記事は書けません。そこで今回は、コンパクトカーの購入を検討している皆さんにだからこそお伝えしたい、タンクの弱点を3つ紹介したいと思います。

魅力がたくさんのトヨタ・タンク

引用元:タンク公式ページ

タンクはトヨタが2016年から販売を行っている、トールワゴンタイプのコンパクトカーです。製造はトヨタの子会社であるダイハツが担当しており、ダイハツではトールという名称で販売されています。

トヨタには複数の販売チャンネル(ディーラー)がありますが、タンクを取り扱っているのはトヨペット店とネッツ店です。トヨタ店とカローラ店では、姉妹車のルーミーが販売されています。

タンクの特徴は、スクエアボディの採用による広大な車内空間です。たくさんのコンパクトカーが日本市場向けに投入されていますが、タンクはその中でも、特に広い車内空間を実現しています。

また、ミニバンではお馴染みの装備、両側スライドドアを採用していることも魅力のひとつ。インテリアの随所に散りばめられた豊富な収納スペースや、直感的な操作を可能としたセンターコンソール等タンクの実用性は非常に高く、ファミリーカーとして活用することができます。

実際に「ミニバンは必要ない」というファミリー層から高い支持を得ており、タンクは全ジャンルの自動車を含めた月間販売台数ランキングで、上位にランクインするほどの人気があるのです。

タンクにも弱点はある

それだけにタンクの購入を検討している人はたくさんいるでしょう。ですが、ちょっと待ってください。タンクはたしかに、コンパクトカーとしては非常に優秀な車です。

しかし、そんなタンクも他社のコンパクトカーに劣っている弱点があります。購入してから後悔しなくて済むように、タンクの弱点について事前に知っておくべきです。

  • 走行性能が低い
  • 安全装備が最新ではない
  • 内装のクオリティが低い

タンクの弱点は3つあります。ひとつずつお話ししていきますね。

走行性能が低い

引用元:タンク公式ページ

まず最初に紹介するタンクの弱点、それは「走行性能が低い」ことです。タンクは見てわかる通り、スクエア形状のボディを採用したトールワゴンタイプのコンパクトカー。スクエアボディを採用しているおかげで、タンクは広い車内空間を実現できています。

ですが、スクエアボディを採用している車は、必然的に全高が高いです。全高が高いことがどのようなデメリットをもたらすのかというと、車両の重心が高くなってしまうため、カーブを曲がるときに大きくロール(車体が傾く)しやすくなってしまいます。

また、ボディサイドの面積が大きく、ボディラインが流線形ではないため、走行中に風の影響を受けやすいです。正面から吹いてくる風はともかく、強い横風にはボディが大きく揺さぶられます。高速道路や橋の上を走行しているときは特に危険で、場合によってはハンドルをとられ、気を抜いていると車線を跨いでしまうことも。

ドライバーが気を付けて運転していれば、すぐに対処することはもちろん可能ですが、常日頃から急な横風に神経を遣いながら運転するのはさすがに疲れると思います。私がお話ししている状況はあくまで一例で、いつでもこの状況に陥るわけではありません。

製造を担当しているダイハツも、研究に研究を重ねているはずなので、そういった状況も想定してタンクは設計されています。ただし、普通のコンパクトカーと比べ、そういった状況に陥りやすいのも事実です。

また、タンクは1.0L直列4気筒エンジンを搭載、NA(自然吸気)モデルとターボモデルが設定されています。ターボモデルはともかく、NAモデルはタンクの重たいボディを動かすにはパワー不足が否めません。

もちろん、走行に支障はありませんが、タンクの乗車定員である5名乗車時や上り坂を走行するときは、間違いなくパワー不足を痛感することになるでしょう。力強い走りが好みな人は絶対にターボモデルを選んでください。

ただし、ターボモデルを選んだからといって、快適な走りができるとは限りません。NAモデルよりは間違いなくしっかりと走行することができますが、ほかのコンパクトカーと比べると、非力に感じてしまう可能性は十分にあると思います。

このように、タンクの走行性能はほかのコンパクトカーと比べ、悪い部類に入ります。間違っても、スズキ・スイフトやマツダ・デミオなどと比べてはいけません。これらの車種はどちらかというと運転を楽しめるように設計されています。

とはいえ、タンクと比べてしまうと、スイフトやデミオ以外のコンパクトカーですら運転が楽しく感じる可能性は大です。それほどタンクの走行性能は低く、運転が楽しくありません。

最初から「車に楽しさなんか求めていない」という人や「車は道具だからその辺は割り切ることができる」という人は、この限りではないと思います。少なくとも運転が好きな人にとって、タンクの運転のつまらなさは購買意欲を大きく下げるでしょう。

安全装備が最新ではない

引用元:ダイハツセーフティ公式ページ

次に紹介するタンクの弱点は「安全装備が最新ではない」ということ。昨今は先進安全技術の需要が高まっており、事故を防止もしくは被害を軽減するシステムが標準装備された車種が増えているのはご存知でしょうか。

自動車メーカーは各社、自社独自の先進安全技術を保有しています。トヨタは「トヨタ セーフティセンス」という先進安全技術を保有していますが、タンクは製造元がダイハツなので、ダイハツの先進安全技術「スマートアシスト」が採用されています。

ダイハツは以前から先進安全技術の開発に力を入れていて、何度もバージョンアップした結果、現在は「スマートアシストIII」をリリース。ダイハツの軽自動車に採用されています。

しかし、タンクが採用しているのは「スマートアシストIII」ではなく、残念ながら1世代前の「スマートアシストII」です。いくら安価な車両価格をウリにしたコンパクトカーとはいえ、先進安全技術が軽自動車に劣っているというのは大きな弱点だと思います。

ダイハツのラインナップの中ではエントリーモデルを担う(価格設定が特に安い)ミライースやミラトコットですら、グレードによっては「スマートアシストIII」が採用されています。タンクはそもそも、上級グレード以外は先進安全技術が標準装備されていませんし、最上級グレードでも「スマートアシストII」の採用に留まっているのです。

先進安全技術の有無はどうだっていいと考える人もいるかもしれませんが、あるに越したことはない装備のひとつです。現在ではABSが義務化されているように、今後は先進安全技術が義務化される可能性が十分にあります。先進安全技術はそのくらい重要な装備なのです。

しかし、上記でもお伝えしたように、タンクは先進安全技術の採用が一部のグレードに留まっているうえ、標準装備されていても「スマートアシストII」といわゆる型落ちの先進安全技術です。トヨタ・アクアやヴィッツ、日産・ノートやホンダ・フィットなどは最新鋭の先進安全技術を採用しているため、「スマートアシストII」とは実質2世代分くらい離れています。

「スマートアシストII」は決して悪い先進安全技術ではありません。しかし、昨今の先進安全技術と比べると、性能面や機能面で大きく劣っているのは事実です。

内装のクオリティが低い

引用元:タンク公式ページ

最後に紹介するタンクの弱点は「内装のクオリティが低い」ということ。タンクの内装は非常にシンプルな作りで、スイッチ類の直感的な操作が可能です。それ自体は評価されているのですが、ダイハツが製造を担当していることも関係しているのか、如何せん内装のクオリティが高い方ではありません

タンクは車両価格が安価に設定されているので、その分、内装などでコストダウンしているのでしょう。もちろん、決して作りが悪いわけではありません。むしろシンプルな作りが幸いして、耐久性は高いはず。

ですが、昨今はコンパクトカーでも内装の質感やデザインにこだわっているメーカーが増えています。ホンダ・フィットやマツダ・デミオなどは、車格がワンランク上の車と張り合えるくらい、内装のクオリティが高いです。

ライバル車種の内装のクオリティが高いので、相対的にタンクの内装が安っぽく見えてしまいます。しかし、両価格が安いことを考慮すると、タンクの内装のクオリティは十分及第点に達しているという見方もできるでしょう。

タンクは良いところと悪いところがハッキリしている

タンクの弱点を3つほど紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

この世に完璧な車は存在しません。タンクは決して悪いコンパクトカーではありませんが、弱点もあります。タンクの場合、車内空間の広さや両側スライドドアの採用など、高い実用性を安価な車両価格で実現するために割り切った部分が、弱点として現れているように感じました。

幸いにも今回紹介したタンクの弱点は、どれも致命的と呼べる弱点ではありません。全高を高く、車内空間を広く設計している車のほとんどは走行性能が低いです。

先進安全技術が最新でない点は残念ですが、安全装備が採用されていないわけではないですし、十分我慢できる範囲だと思います。内装が価格相応である点も、タンクの車両価格が安いことを考えると問題はないのではないでしょうか。

タンクにはこれらの弱点が気にならないほどの魅力があります。車内空間の広さ、両側スライドドア、高い実用性。

これらすべてをコンパクトカーで安価に実現しているというのは、本当にすごいことです。良いところと悪いところがハッキリしているタンクですが、事前に弱点を知っておくことで、実際に購入するときの参考になれば幸いです。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-タンク, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.