トヨタ ヴィッツ

トヨタヴィッツのスポーツグレード「GR」シリーズを徹底解剖!

投稿日:

トヨタを代表するコンパクトカー、ヴィッツ。カッコよさと可愛さを両立した素敵な外観とコンパクトカーならではの実用性、リーズナブルな車両価格が魅力の車です。

老若男女問わず人気のヴィッツですが、ヴィッツに本格的なスポーツグレードがラインナップされていることはご存知ですか?

今回はヴィッツに設定されているスポーツグレード「GR」シリーズを徹底解剖します。果たしてヴィッツの「GR」シリーズは、車好きの皆さんも満足できるクオリティを実現しているのか、調査していきたいと思います。

ヴィッツのスポーツグレード「GR」シリーズとは?

引用元:トヨタ GR公式ページ

そもそもヴィッツのスポーツグレードである「GR」とは一体何のことでしょうか。「GR」とはトヨタが2017年に新たに発足したスポーツブランドのことです。

トヨタのレーシング部門である「GAZOO RACING」の頭文字をとって「GR」と名付けられています。「GR」はヴィッツだけに設定されているスポーツモデルではありません。

「GR」には現在、ヴィッツを含めて9車種がラインナップしています。86やマークXなど標準モデルの段階でスポーティーに仕上げられている車種から、ハリアーやヴォクシーなどスポーティーなイメージとは少し異なる車種まで、どんな車にも本格的なチューニングを施していることが特徴です。

引用元:トヨタ GR公式ページ

「GR」には大きく分けて3種類のブランドが存在します。走りを気軽に楽しむことを目的としたGR SPORT 、スポーツドライビングを満喫できるGR、台数限定生産で本格的な走りを追求したGRMN。

異なるチューニングが施した3つのブランドを展開することによって、車好きの多様なニーズを満たすことを目的としています。

車種によって展開しているブランドは異なるのですが、ヴィッツでは3つのブランドすべてが展開されています。これから、ヴィッツに設定されている「GR」シリーズを徹底解剖していきましょう。

「GR」シリーズのグレードを徹底解剖!

ヴィッツには3つの「GR」ブランドが設定されていますが、グレードでいうと4種類です。

GRMNとGRはひとつずつですが、GR SPORTにはガソリンモデルとハイブリッドモデルの2種類が設定されています。まずはガソリンモデルのGR SPORTから解説を進めていきますね。

GR SPORT

引用元:トヨタ GR公式ページ

ガソリンモデルのGR SPORTは、ヴィッツの「GR」シリーズの中で最もリーズナブルな価格で購入できるグレードとなっています。通常のヴィッツには1.0L直列3気筒エンジンと1.3L直列4気筒エンジンのラインナップがありますが、日常的な用途での使用を想定しているため、必要十分ではあるもののスペック自体は決して高くありません。

しかし、GR SPORTは1.5L直列4気筒エンジンを搭載しています。これにより、通常のヴィッツよりも力強い走行を実現しました。とはいえ、GR SPORTの1.5L直列4気筒エンジンのスペック自体は控えめです。

最高出力は109PS、最大トルクは14.1kgf・mとスポーツモデルとしては少々物足りない数値。ですが、あえてエンジンスペックを抑えることで、初心者でも気軽にスポーツドライビングを楽しむことができるような仕様になっています。

ロッカーフランジにスポット溶接を追加することで、ボディ剛性を向上。また、フロア下部に空力パーツを標準装備したこともあり、高速走行時の安定性やステアリングのダイレクト感などを高めました。

ガソリンモデルのGR SPORTはCVTと5MT、2種類のトランスミッションを設定しています。もちろん、ドライブの楽しさを重視するのであれば5MTがオススメですが、実はCVTも侮れません。

シフトをMポジションに入れることでマニュアル感覚で運転できる、7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを採用。パドルシフトも標準装備されているので、お手軽に車を操ることができます。

ガソリンモデルのGR SPORTの価格は1 2,076,840円(税込)〜、となっています。コンパクトカーとしてはやや高めの価格設定ですが、スポーツカーとして考えるととてもリーズナブルです。

HYBRID GR SPORT

引用元:トヨタ GR公式ページ

引用元:トヨタ GR公式ページ

HYBRID GR SPORTはヴィッツのハイブリッドモデルをベースに、数々のチューニングを施したスポーツグレードです。基本的なスペックや装備に関しては、ガソリンモデルのGR SPORTと変わりありません。

ただし、エンジンスペックについては大きく異なります。HYBRID GR SPORTが搭載しているのは、1.5L直列4気筒エンジン+ハイブリッドシステムです。

エンジン単体のスペックはガソリンモデルのGR SPORTに劣りますが、ハイブリッドシステムのモーター出力を合わせると、ガソリンモデルのGR SPORTのスペックを凌駕します。

ただし、ハイブリッドシステムを搭載している分車両重量が重く、エンジンやハイブリッドシステム自体にチューニングが施されているわけではありません。そのため、スペックに差はあれど、性能に関して大きな差はないです。

ボディ剛性を向上させるスポット溶接や、高速走行時の安定性が向上する空力パーツはHYBRID GR SPORTにも採用されています。また、GR SPORT専用チューニングサスペンションを標準装備することで応答性を高めています。

HYBRID GR SPORTの車両価格は2,318,760円(税込)〜、です。ガソリンモデルのGR SPORTとは違い、トランスミッションはCVTのみとなっています。

ガソリンモデルのGR SPORTとの価格差は約250,000円ほどですが、この差は単純に、ハイブリッドシステムの有無による差と考えていいでしょう。

GR SPORT”GR”

引用元:トヨタ GR公式ページ

ヴィッツのGR SPORTは走りを気軽に楽しむためのスポーツモデルで、サーキットなどのスポーツ走行にはやや物足りない印象があります。より本格的なスポーツモデルとして用意されているのがGR SPORT“GR”です。

エンジンスペック自体はGR SPORTと共通していて、足回りなどを中心にチューニングを施したモデルになります。GR SPORTはボディ剛性を高めるためにスポット溶接を施していましたが、GR SPORT“GR”ではスポット溶接に加え各部にブレースを追加。

ボディ剛性をさらに向上させ、高い応答性を発揮するボディに仕上げています。空力性能に関しては、GR SPORTで装備されていた空力パーツのほかに、フロントバンパーとリアバンパーの左右内側にアルミテープを貼り付け、ボディの帯電を取り除いて空力性能と操縦安定性を向上させています。

GR SPORT“GR”のトランスミッションは、ガソリンモデルのGR SPORTと同様、CVTと5MTです。ただし、CVTは7速スポーツシーケンシャルシフトマチックから10速スポーツシーケンシャルシフトマチックに変更され、より細かな変速制御を実現しています。

足回りは“GR”専用チューニングサスペンション+SACHSアブソーバーを採用。よりスポーツ走行に適したしなやかな乗り味を実現しました。

個人的にGR SPORT“GR”の目玉だと感じたのは、専用ブレーキキャリパー&スポーツブレーキパッドです。これにより、高速走行時やスポーツ走行時に優れた制動力を発揮。ドライバーに安心感をもたらします。

GR SPORT“GR”の車両価格は2,292,840円(税込)〜、です。より本格的なスポーツグレードであるにもかかわらず、HYBRID GR SPORTよりも安いのでお買い得なグレードとなっています。

GRMN

引用元:トヨタ GR公式ページ

ヴィッツがラインナップする「GR」シリーズの中で、最も高いパフォーマンスを発揮するモデルがGRMNです。よりスポーツ志向なだけあって、5ドアハッチバックから3ドアハッチバックに変更されていますが、それ以外の外観については、これまでの「GR」シリーズと大きな違いはありません。

しかし、中身はまったくの別物に仕上がっています。まずはエンジンスペックから紹介します。

GRMNが搭載しているのは1.8L直列4気筒エンジン+スーパーチャージャーです。GR SPORT“GR”の1.5L直列4気筒エンジンからさらに排気量を上げ、過給器を組み合わせることで最高出力212馬力、最大トルク25.5 kgf・mも発生します。

1140kgの軽量ボディには十分すぎるほどの高出力エンジンです。レスポンスに優れ、低回転からしっかりとトルクが発生するパワーユニットに仕上がっています。

トランスミッションは5MTではなく、6MTを採用。CVTは非採用となっています。やはり本格的なスポーツモデルにCVTはふさわしくないと考えたのでしょう。

コンパクトカーには似つかわしくないパワーを受け止めるために、GRMNではフロントに対向4ポットキャリパーを採用しました。スリット入りの大径ディスクも採用し、激しい走行にも耐えうるパフォーマンスを実現しています。

また、滑りやすい路面でも安心してスポーツ走行が出来るように、VSC(横滑り防止装置)もGRMN専用チューニングを実施。雨や雪で濡れた路面やダートにおける走行性能にも配慮されているそうです。

サスペンションはGR SPORT“GR”と同じ専用チューニングサスペンションを装備。路面の状況をドライバーにしっかりと伝えてくれます。

GRMNが装着するホイールは、ドイツの名門アルミホイールメーカーであるBBS製の17インチ鍛造アルミホイールです。超軽量のホイールがGRMNの走行性能をさらに高めています。

GRMNは3ドアハッチバックなので、GR SPORTやGR SPORT“GR”と比べるとボディ剛性が段違いです。そこにブレスやタワーバーを装着して、高次元のボディ剛性と高い操縦安定性を実現しています。

もはやスポーツカーといっても過言ではないくらい、大きく生まれ変わっています。そんなGRMNの車両価格は4,000,000円(税込)です。

とても魅力的なので、高くても欲しいと感じた人はいるでしょう。しかし、上記でもお伝えしたようにGRMNは台数限定生産です。

そのため、現在は販売されていません。どうしても欲しい人は残念ですが、中古で購入するか再販を待つしかありません。

自分が求める走りのレベルに応じたグレードをチョイスしよう

引用元:トヨタ GR公式ページ

ヴィッツに設定されている「GR」シリーズのすべてを紹介しました。それぞれに異なる魅力があることがわかりましたね。

GRMNに関しては、現在販売されていません。しかし、若干の変更はありますが再販された過去もあるので、二度と手に入らないというわけではないです。

ただ、GRMNじゃないと楽しめないわけではありません。GR SPORT“GR”も本格的なスポーツモデルですし、GR SPORTなら街乗りだって楽しむことができます。

逆に、GRMNはスポーツ走行向けにチューニングされているので街乗りには向きな部分もあります。自身の用途や求める走りのレベルに応じた「GR」をチョイスすることで、毎日の運転がきっと楽しくなるはずです。

-トヨタ, ヴィッツ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.