トヨタ ヴィッツ

トヨタ・ヴィッツのグレード13種類を徹底解説!コスパが高いのはどれ?

投稿日:

日本のみならず、世界中で高く評価されているトヨタ・ヴィッツ。アクアと並んでトヨタを代表するコンパクトカーです。

ヴィッツはとても人気がある車種なので、多彩なグレードがラインナップされています。その数、なんと13種類。こんなにたくさんグレードがあると、どれを選んでいいかわかりませんよね。

そんな人に向けて、今回はヴィッツの全13グレードを徹底解説。その中で個人的にコストパフォーマンスが高いと感じたオススメのグレードを紹介します。

ヴィッツには多彩なグレードが設定されている

引用元:ヴィッツ公式ページ

ヴィッツに設定されているグレードは、大きく2つに分けることができます。ひとつはガソリンモデルで、もうひとつはハイブリッドモデルです。

ヴィッツのガソリンモデルには7種類のグレードが、ハイブリッドモデルには6種類のグレードが設定されています。この中には特別仕様車やスポーツグレードも含まれています。

それでは早速、ヴィッツのグレードの解説を進めていきましょう。

ヴィッツのグレード全13種類を徹底解説!

ガソリンモデル

引用元:ヴィッツ公式ページ

まずはガソリンモデルからです。ヴィッツのガソリンモデルの特徴は価格が安いこと。

ハイブリッドシステムを搭載していないので、燃費性能はそれほど高くありません。しかし、その分コストが抑えられているので、コンパクトカーの中でも特に安い価格設定を実現しています。

F/F”SMART STOPパッケージ”/F”Mパッケージ”

引用元:ヴィッツ公式ページ

ヴィッツのベースグレードとして設定されているのがF/F”SMART STOPパッケージ”/F”Mパッケージ”です。ベースグレードなので価格の安さを最重視しています。

もちろん、その分標準装備は多くありません。エアコンはダイヤル式のマニュアルエアコンですし、キーもスマートキーではなく以前まで主流だったキーレスタイプを採用しています。

モデルによって、1.0L直列3気筒エンジンを搭載しているモデルと1.3L直列4気筒エンジンを搭載しているモデルがラインナップしています。F”SMART STOPパッケージ”とF”Mパッケージ”が設定されているのは1.0L直列3気筒エンジンのみ。

F”SMART STOPパッケージ”はアイドリングストップシステムが採用されており、燃費性能が高めてあります。F”Mパッケージ”は標準装備を抑えることで、全グレードの中で最も安い車両価格を実現した廉価グレードです。

Jewela/Jewela”SMART STOPパッケージ”

引用元:ヴィッツ公式ページ

Jewela/Jewela”SMART STOPパッケージ”はベースグレードのFをベースに、Jewela専用パーツをふんだんに盛り込んだグレードとなります。メッキパーツの採用やシートデザインにアレンジが加えられており、Fと比べて上質感が大きく向上。

グレード名からわかる通り、女性ユーザーを意識したパッケージングになっています。Jewelaにも1.0L直列3気筒エンジンと1.3L直列4気筒エンジンのモデルがあり、Jewela”SMART STOPパッケージ”に搭載されているのは、Fと同様1.0L直列3気筒エンジンです。

また、トヨタの先進安全技術であるトヨタ・セーフティセンスが標準装備となっており、安全性にも配慮されています。

U/U”Sportyパッケージ”

引用元:ヴィッツ公式ページ

ヴィッツの上級グレードに位置するのがU/U”Sportyパッケージ”です。Fやjewelaとは異なり、搭載されているエンジンは1.3L直列4気筒エンジンのみとなっています。

空気を清浄できる「ナノイー」を搭載したオートエアコン、スマートエントリー&スタートシステム、本革巻きステアリングホイールなど、豪華な装備の数々が標準採用されています。もちろん、トヨタ・セーフティセンスも標準装備です。

外観と内装も上質感が増し、上級グレードにふさわしいパッケージングを実現しています。U"Sportyパッケージ"はUをベースに16インチアルミホイールやリヤルーフスポイラーなど、スポーティーなパーツを装備したグレードとなっています。

F”Safety Edition II”

引用元:ヴィッツ公式ページ

F”Safty Edition II”はヴィッツの特別仕様車のひとつです。ベースグレードのFにトヨタ・セーフティセンスを標準装備、価格の安さと安全性を両立しています。

内装も高級感のあるものへと変更されているため、Fとは違う満足感を得ることができるでしょう。

F”Amie”

引用元:ヴィッツ公式ページ

F”Amie”はヴィッツに設定されているもうひとつの特別仕様車。Fをベースにシックなインテリアを採用したグレードで、良い意味でコンパクトカーらしからぬ上質感を演出しています。

標準装備も豪華なうえ、"Amie"だけが選択できる特別なボディカラーも用意。コンパクトカーにも非日常感を求める人に最適です。

GR SPORT

引用元:ヴィッツ公式ページ

ヴィッツのガソリンモデルには、2種類のスポーツグレードが設定されています。そのうちのひとつがGR SPORTです。

GR SPORTはスポーツドライビングを気軽に楽しみたい人にオススメのグレードで、外観はもちろん内装にも大きな手が加えられてます。1.5L直列4気筒エンジンの搭載や5MTの設定、スポーツサスペンションや空力パーツの標準装備など、スポーツカーの雰囲気を楽しむにはもってこいのグレードです。

GR SPORT”GR”

引用元:ヴィッツ公式ページ

より本格的なスポーツドライビングを満喫したい人にオススメなのが、GR SPORT"GR"。外観や内装こそGR SPORTとそう変わりはありませんが、メカニズムを中心に数多くの変更点があります。

ボディ剛性を向上させるパーツや専用ブレーキキャリパーの採用など、サーキット走行を楽しむ人にオススメしたいグレードに仕上がっています。

ハイブリッドモデル

引用元:ヴィッツ公式ページ

続いて、ハイブリッドモデルのグレードを解説します。ヴィッツのハイブリッドモデルの特徴は、やはり何と言っても燃費性能でしょう。

ヴィッツのハイブリッドモデルはJC08モード・34.4km/Lという国産車トップクラスの数値を叩き出します。ガソリンモデルよりも価格は高くなってしまいますが、エコカー減税によりお得に購入できるというメリットもあるのです。

HYBRID F

引用元:ヴィッツ公式ページ

 

HYBRID Fはハイブリッドモデルの中で最も安価に購入できるグレードです。ガソリンモデルのFに設定されていた"SMART STOPパッケージ"や"Mパッケージ"はありません。

スマートエントリー&スタートシステムこそ採用されていませんが、オートエアコンやマルチインフォメーションディスプレイを標準装備するなど、ガソリンモデルのFと比べ、装備が充実しています。

ヘッドライトもプロジェクター式となり、マルチリフレクター式よりもスマートなフロントマスクになりました。

HYBRID Jewela

引用元:ヴィッツ公式ページ

HYBRID Fをベースに、女性ユーザー向けの標準装備や追加パーツをプラスしたのがHYBRID Jewelaです。「ナノイー」機能付オートエアコンやステンレス製ドアモールディングによって、車内の快適性や外観のゴージャスさが増しました。

ガソリンモデルのJewelaと同様、トヨタ・セーフティセンスも標準装備しているので、運転が苦手な人が多い女性にぴったりなグレードとなっています。

HYBRID U/HYBRID U”Sportyパッケージ”

引用元:ヴィッツ公式ページ

ヴィッツハイブリッドの最上級グレードがHYBRID Uです。HYBRID FやHYBRID Jewelaでプラスされた装備に加え、スマートエントリー&スタートシステムや本革巻きステアリングホイールで上質かつ快適な運転ができるようになりました。

HYBRID U"Sportyパッケージ"はHYBRID Uをベースに、スポーティーな16インチアルミホイールやサイドマッドガードが装着されたグレードです。装備が豪華でカッコいいヴィッツに乗りたい人にオススメです。

HYBRID F”Safety Edition II”

引用元:ヴィッツ公式ページ

ハイブリッドモデルの特別仕様車のひとつ、HYBRID F"Safety Edition II"。簡潔に言えば、ハイブリッドモデルで最も安いHYBRID Fにトヨタ・セーフティセンスを追加したグレードです。しかし、変更点はそれだけではありません。

LEDヘッドライト(メーカーオプション)やメッキドアハンドルの採用により、外観の上質感は高まっています。スマートエントリー&スタートシステムやイルミネーテッドエントリーシステムなど、豪華な装備は盛りだくさん。

極めつけは内装です。HYBRID F"Safety Edition II" の内装は通常のヴィッツハイブリッドとは異なる上質感を実現しています。

HYBRID F”Amie”

引用元:ヴィッツ公式ページ

HYBRID Fをベースに、ゴージャスなインテリアや豪華装備を惜しむことなく採用した特別仕様車がHYBRID F”Amie”です。スエード生地とフェイクレザーを使用した質感の高い専用シートを採用。

内装の至るところにあしらわれたブラウンのステッチが高級感を演出しています。LEDヘッドライトとLEDテールライトを標準装備し、Amie専用のシックなボディカラーもラインナップ。

最上級グレードのHYBRID Uにも劣らないクオリティを実現したグレードです。

HYBRID GR SPORT

引用元:ヴィッツ公式ページ

ヴィッツハイブリッドに設定されているスポーツグレードがHYBRID GR SPORTです。専用装備をふんだんに盛り込み、ドライビングを思う存分楽しめるパフォーマンスを実現しながらも、ハイブリットシステムの搭載によって、高い燃費性能も両立しています。

外観はガソリンモデルのGR SPORTと共通です。トランスミッションはCVTですが、7速スポーツシーケンシャルシフトマチック+パドルシフトを組み合わせることで、車を自分の手足のように操ることができます。

コスパが高いグレードはどれ?

引用元:ヴィッツ公式ページ

これでヴィッツの全13グレードを紹介しました。それぞれに個性があって、魅力的なグレードばかりであることがわかりましたね。

最後に、ヴィッツの全グレードの中でコストパフォーマンスの高さに秀でたオススメのグレードをピックアップします。

ガソリンモデルのオススメグレードはF”Safety Edition II”です。ヴィッツの中で最も安価なグレードのFをベースにすることで、多数の安全装備や快適装備を標準装備しながらもリーズナブルな車両価格を実現しています。

F”Safety Edition II”の車両価格は1,373,760円(税込)〜、となっています。

ハイブリッドモデルのオススメグレードはHYBRID F”Amie”です。2,007,720円(税込)〜、という価格設定は、最上級グレードのHYBRID Uとほとんど変わりない金額ですが、上質な外観とインテリア、充実した標準装備の数々を考えると、コストパフォーマンスは非常に高くなっています。

HYBRID Uに設定されている”Sportyパッケージ”がHYBRID F”Amie”には設定されていないことが残念ですが、魅力的なグレードであることに変わりはありません。

ヴィッツの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

-トヨタ, ヴィッツ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.