トヨタ ヴォクシー

新型ヴォクシーのグレードによる違いは何?どう選べば良い?

更新日:

ヴォクシーのグレードはざっくり見るとX、V、ZSの3つです。3つの中で選択するのならさほど悩みもしませんが、ハイブリッド車、定員数などの違いがあるので、意外と複雑になります。

今回はヴォクシーのグレードによる違いと、どんなヴォクシーが欲しいか?によるグレードの選び方を紹介しましょう。

ヴォクシーX、V、ZSグレードの違いはなに?

不便ではないXグレード


引用:トヨタ公式ページ

以前はXの下にもう一つ廉価グレードのC-packageがありましたが、マイナーチェンジで廃止になったため、Xが最下グレードになります。

ただ、最下グレードとは言っても廉価版と言われてしまうほど何も付いていない状態ではありません。Xグレードで以下の装備が省かれていますが、贅沢を言わなければ不自由なく乗ることができる仕様と言えます。

ガソリンXは安全装備が付いてない

Xグレードはハイブリッドを選べばToyota Safety Sense Cが標準装備となりますが、ガソリン車ではオプション扱いになっています。54,000円の上乗せで加えることができます。安全面ではフロントフォグランプもオプション扱いになります。

エンジンスタートがプッシュボタンじゃない

Xグレード・ガソリン車以外のヴォクシーは全てエンジンスタートがプッシュボタン式になりますが、Xグレード・ガソリン車だけはキーを差し込んで回すタイプになっています。37,800円のメーカーオプションでプッシュボタンに変更することができます。

快適装備が省かれている

快適温熱シートと空調のナノイーが付いていません。快適温熱シートはシートヒーター、ナノイーはエアコンから吹き出し口からナノイーを放出し車内を爽やかにしてくれます。

Xグレードの選択ではこれらの装備はオプションで後付けすることもできません。優先順位で見ると、絶対に誰にでも必要な装備ではありませんが、代用できる純正オプションがないため、ヴォクシーを共有する場合は相談した方が良いかもしれません。

ホイールがスチール

ヴォクシーはXグレードガソリン車だけスチールホイールが採用されています。ただアルミホイールより劣る点をあげるとしても、見栄えが今ひとつかも?ということと比較的錆びやすいというくらいで、走行などに影響はありません。

むしろ頑丈で、走行中バーストしても簡単に歪んだりしにくくなります。アルミホイールのようなデザインのホイールキャップが付いています。

上質さも快適さも兼ね揃えたVグレード


引用:トヨタ公式ページ

ZSグレードは見栄え重視のグレードになるため、装備としてはVグレードが上位グレードと言っても良いでしょう。

Xグレードで省かれていたりオプション扱いだったもののほとんどが装備されます。さらにバックドアイージークローザーが標準装備されます。ハイブリッドではリヤクーラーがリヤオートエアコンに変更されます。

また、本革巻ステアリング、エアコンのパネル、インパネ部分、ドア内側がピアノブラックや合皮に変更等、質感が上質になり、マルチインフォメーションディスプレイの表示がフルカラーで大きくなる、など内装が豪華になります。

Vグレードガソリン車ではT-Connectのオプション選択ができます。

エアロ標準装備のZS


引用:トヨタ公式ページ

装備内容はVグレードとほとんど変わりませんがリヤオートエアコンはリヤクーラーに変更されます。装飾面ではエクステリアに専用エアロが装備され、外観が他のヴォクシーと大きく変わります。

ホイールはインチアップされ16インチアルミホイールが採用されます。Xハイブリッド車、Vグレードのアルミホイールとはまた違ったデザインを採用していますが、ZS同士でもハイブリッド車とガソリン車でホイールのデザインを変更しています。

ハイブリッド車との違い・・・

同じX、V、ZSでもハイブリッド車とガソリン車では、仕様が変更されているところがあります。

コンセントアクセサリーがオプション選択できる

最近の車はガソリン車でもコンセントアクセサリーが付けられたりしますが、ヴォクシーハイブリッドでは、DC12V・120Wのアクセサリーソケットが標準装備になり、さらに100V・1500Wのコンセントアクセサリーオプションで付けることができます。

センターコンソールボックスが装備される

ハイブリッド車では独立型センターコンソールボックスが標準装備されます。コンソールボックスには充電用USB端子の他にアクセサリーコンセントをオプションで付けることができます。

ハイブリッド車は7人乗りしかない

ハイブリッドシステムに使われているバッテリーは熱を持ちます熱を逃がしてあげないと、オーバーヒートの原因になってしまうので、放熱排出口を設けることが必要となります。

放熱排出口は2列目シートの下あたりに設置されるため、2列目シートがガソリン車と同じベンチシートで上手く熱を逃すことができません。そのためハイブリッド車は8人乗りのシート展開にすることができません。

条件によって最適なグレードを選ぼう!

ヴォクシーのグレードを価格で判断し、上位モデル、最下モデルなどと表現しますが、これは分かりやすいからそう言われるだけで、上位だから良いヴォクシーというわけではありません

購入者の条件と照らして選択しすることで、購入者にとってベストなヴォクシーになります。

8人乗りならガソリン車で選ぶ

低燃費のミニバンが欲しいと思っても、「8人乗り」という条件を譲れない場合、現時点ではハイブリッド車の構造の都合上8人乗りヴォクシーが造れないため、ヴォクシー・ハイブリッドが選択できません

とにかくコストを抑えたいならXグレード・ガソリン車

XグレードとVグレードの差額は30万円近くになります。また、ハイブリッド車とガソリン車では同じXグレードで差額が50万円以上になり、元を取るにはかなりの年数乗り続けなくてはいけません。

Xグレードでは先進的な機能快適な機能はVグレードに劣りますが、廉価グレードとよばれるような「窓が手動」とか「エアコンが付いていない」といった仕様ではないため、十分快適に乗ることができます。

とにかく大人数を乗せる移動手段として必要であれば、Xグレード・ガソリン車がオススメです。安全面が気になるのでしたら、Toyota Safety Sense Cを54,000円でプラスすることもできます。

安全面を強化したいならV、ZSグレード・ガソリン車

Toyota Safety Sense Cは、トヨタの安全システムでX・ガソリン車以外のヴォクシーに標準装備されています。LEDヘッドランプも標準装備になるため、安全面は安心ですが、V、ZSグレード・ガソリン車には、さらにT-Connectをオプションで加えることができます。

T-connectは普段は地図を自動更新してくれたり、音声検索ができたりオペレーターとお話できたりと、先進的なナビとして便利に楽しく活用できますがいざという時、ボタンひとつで専門オペレーターが救急や消防、警察に迅速に対応し、救急車両などの手配をしてくれます。

デザイン重視ならZS

自分でカスタムをするほどではないけど、かっこいいヴォクシーに乗りたいのであれば、ZSがオススメです。Xグレードと比較して、30万円ほどの上乗せになりますが、差額30万円なら、Vグレードを購入するのとさほど変わりません

Vグレードと装備内容もそれほどは変わらないため、自分でカスタムスを進めるよりも割安で、デザイン性の高いヴォクシーに乗れることになります。

まとめ

ヴォクシーのグレードは、大きく分けると3つに分かれますが、どのグレードも申し分ない内容で、どのグレードを選んでも快適に乗ることができそうです。

ただ、ハイブリッドとガソリン車の違いでは、8人乗りが選択できなかったり、ハイブリッドでしかつけられないオプションがあったりと、細かな制限があります。

価格に左右されがちですが、どんなヴォクシーが欲しいか?ヴォクシーをどう使うのか?などを先に明確にして、内容をしっかり把握してからグレードなどを決めていくと、希望に沿ったヴォクシーを上手く購入できるのではないでしょうか。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-トヨタ, ヴォクシー

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.