車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

トヨタ ヴォクシー

新型ヴォクシーのインテリアをカスタムして自分だけの空間を演出!純正カスタムのメリットは?

更新日:

「車をカスタムする」と言っても色々な部位や用途、方法があります。その中でもインテリア外からは見えにくいけど乗車中いつも視界に入る部分であり、エクステリアよりも独自のこだわりが強く出る部分ではないでしょうか。

ヴォクシーはデザイン面だけでなく、実用性の高さも人気のひとつとなっているため、より快適に乗るための改良や自分だけのスペースとしてオリジナリティを楽しむカスタムを求める人が他の車種より多いように思えます。

今回はカスタムの中でもインテリアに焦点を絞って、どんなものがあるのかみてみましょう。ヴォクシーのようなメジャーな車種では、社外製品もたくさん生産されていますが、純正品ではどんなインテリアデザインが展開されているでしょうか?

また純正を選ぶメリットやデメリットはあるのか? なども探ってみましょう。

イルミネーションが近未来を演出

ヴォクシーの場合はデザイン性だけでなく利便性も兼ねたインテリアカスタムが多く展開されています。暗がりでの乗り降りに役立つ照明も純正カスタムではブルーのイルミネーションで近未来的な演出がプラスされたデザインが展開されています。

ドライブサポートイルミネーション


引用:トヨタ公式ページ

9色のイルミネーションが状況に応じて点灯、リズミカルに点滅します。目的としては乗降時、停止中、走行モード、速度状況を示す合図なのですが、停止中にはイルミネーションが流れるように点灯し、車内を華やかに楽しませてくれます。

インテリアイルミネーション


引用:トヨタ公式ページ

車内の足元とインパネの小物入れ部分をブルーのイルミネーションが照射します。ドアオープン時には明るく灯り、ドアクローズで減光、その後もスモールライトに連動し、淡く優しいブルーの照明が車内を灯します。

ピラーライト


引用:トヨタ公式ページ

ブルーのイルミネーションが天井に向けて照射します。走行中は真っ暗になりがちな車内を、間接的に天井から広がる淡いブルーの光が、落ち着きのあるムーディな空間を演出してくれます。

ドアリフレクションデカール


引用:トヨタ公式ページ

目的としては、夜間などの暗がりでドアを開けていることを後方の車などに知らせる反射フィルムです。安全性を高めるアイテムでありながら、ライトで照らされると暗闇にブルーのアクセントが浮かび上がるスタイリッシュなデザインです。

木目デザインはシックな大人っぽさを演出

イルミネーションのカスタムは近未来を感じさせてくれますが、木目デザインは、ラグジュアリーな演出をしてくれます。ブラウンでは高級感を感じる大人っぽさ、ブラックではクールな印象が強く都会的な演出してれそうです。

木目調のメーターフード


引用:トヨタ公式ページ

LEDのメーターフードでは光の動きなどにコミカルさを感じますが、木目のメーターフードは落ち着きのある大人っぽいイメージになります。

インテリアパネルセット


引用:トヨタ公式ページ

メーターフードを木目にするのなら、他の部位も木目で統一したいところです。パネル全面が木目となると渋すぎますが、シフトレバー周辺のセンタークラスターとスイッチベースはさほど大きな部分ではないため、程よくシックな印象を引き出してくれます。

値引きはされていませんが、インテリアパネルセットでカスタムすると統一感が得られます。

ウッド調ステアリング


引用:トヨタ公式ページ

こちらも全面が木目ではなく、ステアリングの上部だけが木目となり、いい具合に大人っぽいスパイスとして効果を発揮してくれそうです。

革調シートカバー


引用:トヨタ公式ページ

木目調のインテリアには革張りシートが似合います。ラグジュアリーな演出を追求するのであれば、ぜひ革調シートカバーもオススメしたいところです。

革調シートは値が張りますが、高級感を演出してくれるだけでなく、シートを汚したときもさっと拭くだけで対応でき、シートを汚れやシミから守ることができます。

こんな個性的な純正パーツも!陽炎


引用:トヨタ公式ページ

ヴォクシーのガーニッシュの中でも、個性的なデザインの陽炎(カゲロウ)。エクステリアパーツを中心に展開されていますが、内装ではバックミラーカバーの用意があります。

かなり独特のデザインとなるため、好みが分かれそうです。ヴォクシーを魅惑的な、神秘的な印象にしてくれそうです。

純正カスタムのメリットとデメリット

ヴォクシーのような人気ある車種なら、いろんなデザインの社外製カスタムパーツが製造されています。ですが社外製品は敷居が高い、どこに依頼するのかわからない,

という人もいるでしょう。

純正カスタムパーツは、ディーラーで車体購入時に一緒に加えることができます。カスタムをしてみようと考えた時、手軽な純正パーツですが、どんなメリットとやデメリットがあるでしょうか。

メリット1 純正カスタムは保証がある

車のカスタムパーツは社外製品でもたくさん販売されています。純正品はカスタムパーツも保証が付いていたりしますが、他の社外製パーツは保証がないこともあります。また、純正品はカスタム後もそのまま整備を受けることができるため、安心です。

メリット2 専用パーツなのでジャストフィットする

社外製パーツによっては保証がないばかりか、ヴォクシー専用と謳っているはずなのにサイズが合わない、といったことも意外と簡単に起こります。交換や返品が効けばまだ良いのですが、お店によっては返品交換を受け付けてもらえないこともあります。

純正パーツではそういった心配はまずありません。ピッタリなサイズのカスタムを行うことができます。

デメリット1 デザインがおとなしめ

純正パーツは走行に影響が少ないように作られることが多く、あまり奇抜なデザインは展開されません。さりげないカスタムを好む場合は良いですが、個性や迫力を求めると、物足りなさを感じるかもしれません。

また、さりげない割には走行性能に変化を感じるモデルもあり、カスタム後の取り回しなどに違和感を感じることもないとは言い切れません。

まとめ

ヴォクシーのインテリアは、純正カスタムパーツをプラスすることでただ高級感が増すだけでなく、快適で乗りやすいい空間となるようです。純正カスタムパーツはディーラーで新車購入時に一緒に選択することができ、保証も付いているため安心感があります。

カスタムに興味はあるけど、後々の点検などで引っかかったら面倒だと考える人にも、手軽に楽しめるため、オススメできます。

今回はデザイン的に近未来っぽいデザイン大人っぽいデザインに分けて紹介しましたが、好きなように組み合わせることで、ヴォクシーを独自のスタイルに仕上げることができるでしょう。

損しないでヴォクシーに買い替える方法

ヴォクシーへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くヴォクシーへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼公式ホームページはこちら
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、ヴォクシーを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-トヨタ, ヴォクシー

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.