トヨタ ヴォクシー

新型ヴォクシーの内装を紹介!デザイン性アップと新機能搭載でさらに快適に!

更新日:

ヴォクシーといえばミニバンの中でも比較的扱いやすいサイズで、お子さんの送迎や買い物といった普段使いから、レジャーまで幅広く活用でき、ファミリーに人気です。

2017年のマイナーチェンジでは、エクステリアやインテリアデザインに変更を加え、さらに内装では今時の車ならぜひあって欲しい機能も充実させています。

今回はヴォクシーの内装がどのようになっているのか?また、マイナーチェンジではどんな改良が行われたのか?などを探ってみましょう。

全体的に大人っぽくなったインテリア

ヴォクシーはファミリーに支持されている車種です。家族みんなが快適に過ごせる設計は、思いやりを感じます。ですがそればっかりでは個性のない退屈な車になります。

マイナーチェンジでヴォクシーはエクステリアデザインを見直し、スポーティでスタイリッシュな要素を盛り込みましたが、インテリアにもこだわりを感じられます。

統一感のあるインテリアデザイン


引用:トヨタ公式ページ

以前までは天井部分のインテリアはベージュのようなカラーが採用されていましたが、今回のマイナーチェンジでは、全面的にピアノブラックで統一しています。落ち着きと統一感のある内装に仕上がっています。

2パターンから選べるインテリア


引用:トヨタ公式ページ

シートの素材はシンプルなファブリックが採用されています。シートカラーとインパネのカラーバリエーションは以前と同じ2種類から選べますが、選べるカラーはオレンジからブラッドオレンジに変更されました。

ブラッドオレンジはオレンジと言ってもレッドに近く、天井部分までブラックに統一した室内では、レッドのアクセントがカッコ良く映えます。

運転はしやすいの?

ヴォクシーは車体が大きめですが、普段の生活で利用するとなると運転するのは女性であることも少なくないでしょう。また、普段使いということは、街中や細い道を頻繁に走行することも予想できます。

いくら便利であっても、運転しにくくては困ります。ヴォクシーの運転席の乗り心地はどうでしょうか?

前方が広く見渡せる運転席


引用:トヨタ公式ページ

ミニバンはフロントウィンドウが大きいため、上下の視界が広いのは当たり前ですが、ヴォクシーのコックピットは、インパネの形状をフラットにすることでとで横にもワイドに見えるように工夫されています。

運転席からボンネットの先端部分が見えるため、ヴォクシーのサイズ感覚を掴みやすく、狭い道でも運転しやすく設計されています。

シャープでカッコ良くなったメーター


引用:トヨタ公式ページ

メーターの配列は今までとお同じように、左側にタコメーターかEVメーター、中央にスピード、右に燃料系が表示されています。表示デザインがシンプルになり、くっきりと表示され、見やすくなっています。

両側のメーター上部が丸い形状になりのっぺりとした印象から、3連リング式のシャープなデザインになりました。視点をずらすことなく、必要な情報(スピードなど)を得られるため、運転がしやすくなります。

2列目以降はどれくらい快適?

ヴォクシーのような大きな車を選択するということは、人を乗せるシーンが多いのではないでしょうか?ヴォクシーの2列目以降の乗り心地や使い勝手はどんな感じでしょうか?

居住性やシート展開は変更なく快適


引用:トヨタ公式ページ

ヴォクシーはマイナーチェンジ前から、後部座席の乗り降りが大変しやすく、2列目シートのステップ高が36cmと、お子さんでも難なく乗り降りできる高さになっています。

室内高も小さなお子さんなら直立で車内を移動できるほど高い140cmで、居住スペースは外観からイメージした感じよりも広く感じることができるでしょう。今回のマイナーチェンジでもその乗降のしやすさや居住空間の快適さは引き継がれています。

展開が豊富なロングスライドシート


引用:トヨタ公式ページ

7人乗りヴォクシーの2列目シートは最大で81cmのロングスライドが可能です。シートを後方にスライドすることで、足をゆったり伸ばせるだけでなく、1列目と2列目シートの間に荷物を積むこともできます。

また、2列目シートが独立しているため、左右どちらかだけスライドすることが可能になります。


引用:トヨタ公式ページ

8人乗りでは、2列目シートがベンチタイプとなり、58cmのスライドが可能です。後方にスライドすれば、ゆったり座ることができ、前方にスライドしてチップアップすることで、ラゲッジスペースを大幅に広げることができます。

大人数乗っても車内はスッキリ!細かな収納がぎっしり


引用:トヨタ公式ページ

ヴォクシーのような大きなサイズの車でも、人がたくさん乗ったり家族で遠出となると、車内はごちゃごちゃと物で溢れどこに何があるかわからなくなります。

ヴォクシーは定員分のドリンクホルダーはもちろん、引っ掛けたり置いたり挟んだりと、車内のあらゆるところに物を収納できる工夫がたくさんあります。

定員数乗ってもしっかり詰めるラゲッジ


引用:トヨタ公式ページ

3列目シートがシートとして起こされている状態でのラゲッジスペースは高さが128cm、奥行きが48cmになります。普段のお買い物などによる荷物はもちろん、スーツケースや畳んだベビーカーも収納できます。

ラゲッジ部分には床下収納もあり、また長さのある物3列目シートの下に通すことで収納できます。

新しく加わった便利な機能は?

2017年7月のマイナーチェンジで加わった機能を見てみましょう。

助手席シートバックテーブル


引用:トヨタ公式ページ

助手席の後ろに取り付けられたテーブルです。格納式になっているので、利用しないときはスッキリ収納しておけます。カップホルダーが2つ付いていて便利です。

100Vのアクセサリーコンセントが標準装備


引用:トヨタ公式ページ

ガソリン車、ハイブリッド車共にUSB端子2口DC12V120Wのアクセサリーソケットが標準装備となり、携帯、スマートフォンなどの充電に利用できます。ハイブリッド車ではさらにAC100Vのコンセントアクセサリー2口メーカーオプションで付けることができます。

ハイブリッド車の電気エネルギーを利用すれば非常時の発電機として活用することができるため、ハイブリッド車を選択するのなら、オススメのオプションになります。

まとめ

ヴォクシーはミニバンの中では小さめなサイズになりますが、居住空間は十分に確保され、また運転席の視界も開放的で非常に乗りやすく使いやすい造りとなっています。

2017年のマイナーチェンジでは、内装を天井までピアノブラックで統一することで、ただ便利なだけでなく、デザイン性も向上しました。ハイブリッド車ならではの100Vコンセントアクセサリー豊富なシート展開は、乗る人全てを快適に過ごさせてくれそうです。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-トヨタ, ヴォクシー

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.