トヨタ ヴォクシー

ヴォクシー新旧比較! 2017年7月のマイナーチェンジで変わったところはどこ?

更新日:

トヨタのミニバンにも色々ありますが、ヴォクシーは大きすぎず、コンパクトすぎないサイズ感が女性にも扱いやすく、機能面も充実しているため、ファミリーからの人気が高い車種です。

2017年7月にはヴォクシーの兄弟として挙げられる、エスクワイア、ノアと一緒にマイナーチェンジが行われ、さらに話題を集めました。今回のマイナーチェンジでは、デザイン面を重点に改良が行われているようですが、どの辺りを改良されたのか見てみましょう。

スポーティで都会に映えるデザイン


引用:トヨタ公式ページ

2014年のフルモデルチェンジ以降、ヴォクシーは今までのやや丸みを帯びた形状から、どっしりとした箱型に変更されています。2017年のマイナーチェンジではさらにスポーティなテイストが盛り込まれています。

よりアクティブになったエクステリア

ヴェルファイアみたい!と騒がれたワイルドな装いを残しつつ、ハの字に広がったグリルの形状を大きくしてルーバー状の部分を増やすことでスタイリッシュさとアクティブさが強調されました。


引用:トヨタ公式ページ

リヤデザインは大きな変更はありませんが、テールランプの形状を変更し、バックガーニッシュのデザインも変更されています。


引用:トヨタ公式ページ

マイナーチェンジ前のヴォクシーはグリル部分をストンと落として重さを感じさせるデザインになっていました。

LEDランプの標準化


引用:トヨタ公式ページ

安全面を考慮すると、ヘッドランプはLEDの方が明るくてオススメですが、ヴォクシーではBi-BeamLEDヘッドランプ(オートレベリング機能付きヘッドランプ)が全グレード標準装備となりました。LEDは明るいだけでなく、素早く点灯し燃費にも貢献してくれるランプです。

内装はシックでスタイリッシュに改良!


引用:トヨタ公式ページ

インテリアデザインでは、天井部分までブラックで統一し、ピアノブラック塗装のインパネ部分がシックに映えています。先代ではどことなくファミリーっぽさを感じられた内装から、シックで落ち着きのある内装に変更されています。


引用:トヨタ公式ページ

以前はオレンジを選択できたシートカラーも、赤みを強くしたブラッドオレンジに変更することで、都会的でスタイリッシュな印象を受けることができます。

快適装備も新搭載!

マイナーチェンジではデザイン面の改良だけでなく、ヴォクシーでさらに快適に過ごせるための装備もプラスされています。

コンセントアクセサリーの設置


引用:トヨタ公式ページ

ハブリッドカーではインパネ一体型の大型コンソールとデッキサイドにコンセントアクセサリーが設置されます。アクセサリーコンセントは、単に家庭用コンセントが使えるというだけでなく、停電などの非常時には発電機として利用できます。

インパネ一体型大型コンソールとコンセントアクセサリーはオプション扱いになりますが、標準装備では独立型センターコンソールボックスに充電用USB端子2個が付いています。

インパネ部分にもアクセサリーソケットと充電用USB端子2個が付いているため、携帯電話スマホやタブレットなどの2台持ちにも十分対応できる仕様となりました。

シートの後ろにはテーブルを設置


引用:トヨタ公式ページ

ありそうで意外となかったり、オプション扱いだったりすることが多い格納式テーブルです。ヴォクシーでは助手席の後ろに使いたいときだけ引き出して使えるテーブルが標準装備されました。カップを固定できるホールが空いているため、紙コップも固定できます。

飲食以外にも、ノートパソコンを開いたりゲーム機を置いたり、何かと活用できるテーブルです。シートと一体化しているため安定感があり、利用しないときは折りたためる便利なテーブルです。

パワースライドドア予約ロック機能


引用:トヨタ公式ページ

ミニバンの後部座席はスライドドアになっています。一昔前は開閉は手動式だったので、重さはありましたが早く閉めようと思えば、フロントドアと同じように早く閉めることもできました。

最近のスライドドアは電動化され、ドアを力いっぱい開閉するようなことはなくなりましたが、ドアが閉まるまでに時間がかかります。そして、大抵の車はドアが1つでも空いているとロックがかかりませんから、スライドドアが閉まるまで待たなくてはいけません。

パワースライドドア予約ロック機能は、ドアが閉まろうとしているとき、フロントドアハンドルのセンサーに触れるだけで、ドアロックの予約ができます。まだドアが閉まりきっていない状態でも、待たずにヴォクシーから離れることができます。標準装備となっています。

まとめ

2014年のフルモデルチェンジではエクステリアがどっしりとしたデザインとなり、ヴェルファイアみたい!と話題になりましたが、2017年のマイナーチェンジでは、単にどっしりしていたスタイルにアクティブなテイストが加えられました。

内装もファミリーっぽさを匂わせない、カジュアルにもシックにも似合うスタイリッシュなデザインで、さらに人気を集めています。またデザインだけでなく快適さも新しく加えられ、ヴォクシーはスタイリッシュでありながら家族思いな車へと進化したと言えるでしょう。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-トヨタ, ヴォクシー

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.