トヨタ ヴォクシー

新型ヴォクシーのグレードや仕様による価格の違い!乗り出し価格の出し方も!

更新日:

ミニバンは便利な車ですが利便性を優先させるとなると、手頃な価格、使いやすさばかりを優先しがちです。ヴォクシーはカッコ良さも諦めなくて良いところが、比較的若い層のファミリーや、こだわり派のパパにも人気があります。

ヴォクシーには3つのグレードとハイブリッドとガソリン、また7人か8人か?などといった選択肢がありますが、今回は、それぞれ選択することでの価格の違い、お得なヴォクシーはどれか?また、購入にはいくら必要なのか?を探ってみましょう。

グレードによる価格の違い

シンプルなXグレード

X(7人乗り)・・・2wd 2,496,960円/4wd 2,702,160円

X(8人乗り)・・・2wd 2,466,720円/4wd 2,671,920円

Xハイブリッド・2wd 3,014,280円

Xサイドリフトアップチルトシート・2wd 2,671,000円/4wd 2,861,000円

一番シンプル仕様になりますが、窓の開閉が手動などといった不便な仕様はほぼありません。そのため、とにかく価格を抑えたいのであれば、Xグレードを選択すると良いでしょう。

スマートエントリーシステム(プッシュボタンスタートのパッケージオプション)とToyota Safety Sense Cのオプションを加え、ナビやETC、最低限のオプションを加えても、300万円以内での乗り出しが可能です。

また、7人乗り仕様は約175,000円の上乗せで、2列目シートの左席ががドアの外まで降りて乗り降りをサポートするサイドリフトアップチルトシート装備車が展開されます。

XとVでは約30万円の差額

V(7人乗り)・・・2wd 2,786,400円/4wd 2,991,600円

V(8人乗り)・・・2wd 2,756,160円/4wd 2,961,360円

Vハイブリッド・・2wd 3,142,800円

約30万円の差額分で加えられる内容の中に、スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステムのオプション37,800円とToyota Safety Sesse Cの54000円、リヤオートエアコン43,200円の合計135,000円が含まれます。

残りの約16万円にはバックドアイージークローザー、ナノイー、快適温熱シート、内装の質感アップ、アルミホイールへの変更などが含まれます。バックドアイージークローザーや快適温熱シートの装備は、Xグレード・ガソリン車では選択することができません

快適さVとデザイン性ZSの差額は10,000円

ZS(7人乗り)・・・2wd 2,775,600円/4wd 2,970,000円

ZS(8人乗り)・・・2wd 2,745,360円/4wd 3,007,800円

ZSハイブリッド・・2wd 3,26910円

Vグレードの装備内容からナノイー、快適温熱シートやリヤオートエアコンが省かれます。省かれた装備は、どうしてもなくてはならない装備というわけではありませんが、ZSグレードにプラス10,000円では装備できません。

ZSグレードでは装備内容が減った分、専用のエアロパーツ専用の内装デザインがプラスされます。デザイン重視で選択するなら、Vグレードと大体同じ仕様で専用エアロと16インチアルミホイールの装備はお得です。

ZS・ハイブリッド車の選択では快適温熱シートは標準装備になります。

グレード以外の価格の違いは?

ヴォクシーの選択ではグレードによる装備品の違いで価格が変わるだけでなく、車両のタイプなどによっても価格が変わります。

駆動方式の違いは20万円の差額

ヴォクシーの4wdは2wdより20万円上乗せになります。ヴォクシーに採用されているアクティブトルクコントロール4wd は、普段は2wd走行ですが必要に応じて4wdに切り替わる仕様となっています。ハイブリッド車の展開はありませんが、燃費は2wdとそれほど変わりません。

ただ20万円の差額を支払えば、絶対に滑らないヴォクシーになるというわけではなく、4wdでも積雪の場面では冬用タイヤに履き替えます。年に数回、悪路や積雪地帯を走行するかもしれないという頻度なら、2wdに滑り止めのタイヤ(スタッドレスなど)で対応した方が経済的と考えられます。

定員数の違いは約3万円の差額

ヴォクシー・ガソリン車は7人乗り、8人乗りを選ぶことができます。8人乗りでは2列目シートがベンチタイプとなり、シート展開の仕方が変わります。シート展開の好みや、必要な定員数で選択することが多いでしょうが、価格としては8人乗りの方が3万円ほど安くなります。

動力の違いは30〜50万円の差額

ヴォクシーはガソリン車の他にハイブリッド車の展開があります。価格としてはハイブリッド車の方が高く設定されています。

差額分にはハイブリッドシステムの価格だけでなく、同じグレードでもハイブリッド車を選択することによって、プラスされる装備の金額も含まれるため、グレードによって差額に違いがあります。

装備も充実燃費も良いとなればハイブリッド車の方がお得なのかな?と迷いますが、ハイブリッドの選択はよっぽど頻繁に長距離を走るか、一度購入したら10年近く乗り続けないと元が取れないと言われます。

30〜50万円の価格差は大きいため、燃費の面だけでなく、装備内容も合わせて検討すると、ハイブリッドを選択するべきかどうか?が見えてきます。

売れているのはZS ガソリン車

ヴォクシーで今一番選ばれているグレードはZSになります。このグレードでは、Vと比較すると多少装備が劣りますが、利便性ばかりでなくデザイン面も楽しめるため、カッコ良い車に乗りたいという欲求も満たしてくれます。

Xと比べると、便利さと上質さがプラスされていますが、結局オプションをあれこれ加えるのであれば、ZSグレードは装備が総合的にパッケージ化されている分、割安でお得なグレードと言えます。

乗り出し価格の出し方

車は車体価格の他に、税金や保険、登録料などといった諸費用を支払わなくては購入できません。

車体価格が2,775,600円のZSグレード・ガソリンに諸費用をプラスすると2,984,877円になります。この金額にオプション価格を加えると、具体的な購入金額が見えてきます。

自動車税 16,400円(満額は39,500円)

自動車税は車体の排気量で決まります。ヴォクシーは2000ccになるため年間39,500円かかります。4月1日が満額となり、その後は購入する時期により月割り計算で請求されます。10月の購入では16,400円となります。

自動車取得税 55,500円

自動車取得税は新車の場合、普通自動車は3%の税金がかかります。車体価格の90%程オプション価格足した分の3%で、1000円未満の端数は切り捨てとなります。

ヴォクシーZSでは69,300円となりますが、13,800円の減税がありました。

自動車重量税 22,500円(3年分)

車両重量税は車体の重さによって金額が代わり、ヴォクシーは2トン以内になるため、3年間で30,000円になります。7,500円の減税がありました。

諸費用合計 209,377円

自賠責保険 36,780円

リサイクル料 12,470円

ディーラー諸費用 65,727円

税金のほかに、保険料、リサイクル料、ディーラーに自動車の登録手続きを依頼するための料金、納車代といった手数料が発生します。

まとめ

同じヴォクシーでも購入者の用途によって、仕様やグレードが変わり、その分金額も違ってきますから、価格だけにこだわるわけにはいきませんが、とにかく安く購入したい!というのであればXグレードがオススメです。

また安全性、快適さ、質感、デザイン性を全て求めるのなら、30万円上乗せするとしても、ZSグレードがお得です。

現時点ではヴォクシー・ガソリン車でも自動車取得税、車両重量税から減税を受けることができます。ハイブリッドでは免税も行われていますが、減税や免税は購入時期によって変更がありますから、免税、減税に関しては購入時に確認しましょう。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-トヨタ, ヴォクシー

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.