車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

トヨタ ヴォクシー

新型ヴォクシーをTRDのカスタムでより個性的でよりワイルドに仕上げよう!

更新日:

単なる便利なミニバンとして活用するにはつまらない、そんなスタイリッシュなヴォクシーですが、2017年7月のマイナーチェンジではさらにカッコ良くなりました。

カッコ良くなったのは良いけど、みんなと同じではつまらない、もっと個性的なヴォクシーに乗りたい!また、カスタムに興味があるけど、どこでどうカスタムすれば良いか分からない、そんな人には、TRDのカスタムは如何でしょうか?

TRDでは個性的でスタイリッシュなデザインのヴォクシーを展開しているようです。どんなデザインなのか、ちょっと覗いてみましょう。

なぜTRDをオススメするか?

カスタム初心者やファミリーユーザーには、TRDのカスタムがオススメです。オススメする理由としてデザインの他に次の2点が挙げられます。

ディーラーでカスタムできる

カスタム初心者にとって、カスタム専門店は敷居が高いと感じることもあるでしょう。かといって、自分でパーツを探して購入しても、どこかに取り付けを依頼しなくてはいけません。

またインターネットで購入したパーツはサイズが合わず、取り付けができなかったり、保証がないなど、あまりオススメできません。TRDのカスタムパーツはディーラーで扱っているため、ヴォクシーを購入する時に一緒に選択することができます。

また、ディーラーで説明を聞いたり相談することもできるため、安心です。

下取り時の査定額が期待できる

車の下取りや買い取りでは、どんなにお金をかけていても、カスタムカーはノーマルの車体よりも査定額が下がってしまうことが多々あります。そのため、カスタムをする場合は、ノーマルのパーツを取っておき、査定前にはノーマルの状態に戻すこともあります。

TRD はToyota Racing Developmentの略で、トヨタ車専用のチューニングやカスタムを行っている子会社の一つです。そのため、下取りなどで査定額に響くことはあまりなく、むしろ査定額がプラスにはたらくことが期待できます。

お金をかけすぎると家族からヒンシュクをかってしまいがちなカスタムですが、査定額に響かない、あわよくばプラス査定にはたらくTRDなら、理解も得やすいのではないでしょうか。

エアロパーツはこの2種類

ヴォクシーのTRD・カスタムは個性を重視したV、X、Vハイブリッド、Xハイブリッドタイプと、躍動感をイメージしたZS、ZSハイブリッドタイプの2パターンが展開されています。

どちらもノーマルヴォクシーより、更にスタイリッシュでワイルドな印象が感じられるデザインに仕上がっています。

個性的で重厚感を感じるV、X(ハイブリッド)18,5000円


引用:トヨタ公式ページ

全面に張り出して個性を強調したフロントスポイラー。


引用:トヨタ公式ページ

フロントスポイラーから繋がったデザインのサイドスカート。


引用:トヨタ公式ページ

落ち着きのあるクールなリヤバンパースポイラー。

フロントスポイラーは全面に張り出したデザインが印象的です。フォグランプの下にLEDのホワイトイルミネーションを加えた仕様(35,000円上乗せ)では、より存在が引き立ちます。

地上高はフロントが45mm、サイドは20mm、リヤは25mmのダウンになります。

キレを感じる洗練されたZS(ZS HV) 120,000円


引用:トヨタ公式ページ

シャープな印象のフロントスポイラー。


引用:トヨタ公式ページ

カーボン調の加飾がクールなリヤバンパースポイラー。

樹脂とメッキで装飾されたフロントスポイラーですが、鋭利なデザインがワイルドさの中にクールなイメージが合わさり躍動感を感じます。

V、Xよりも角度をつけたイルミネーションのライン(41,000円上乗せ)もシャープな印象が強調されてスタイリッシュさが際立っています。地上高はフロント10mm、リヤ20mmのダウンとなります。

エアロはセット購入がオススメ

エアロの取り付けは単品で販売していますが、全体的なバランスを考えると、セットで取り付けた方がカッコ良く仕上がります。

また、V、Xのフロントスポイラー、サイドスカート、リヤバンパースポイラーの3点(LED付き)をバラで購入すると206,000円になりますが、セット購入では185,000円となり、21,000円お得です。ZSでも15,000円分お得に取り付けられるため、エアロはセットで取り付けることをオススメします。

さらに個性を引き出すパーツ

エアロはセットでの取り付けをオススメしましたが、さらにカスタムパーツを加えることでオリジナリティが増します。

LED付きフロントグリル 80,000円(LEDなしは45,000円)


引用:トヨタ公式ページ

こちらはV、Xグレードのフロントグリル。


引用:トヨタ公式ページ

迫力満点なZS専用フロントグリル。

エンブレムを挟むようにブルーのイルミネーションラインがイグニッションONで光ります。LEDなしの展開もあります。

フロントバンパーガーニッシュ 30,000円


引用:トヨタ公式ページ

ブラックの迫力あるガーニッシュになります。装備することでずっしりとした力強さを印象付けます。

走行性能を高めるカスタムパーツ

TRD ではエクステリアデザインの印象をを変えるだけでなく走行性も高めることができます。

ドアスタビライザー&ブレースセット 30,000円


引用:トヨタ公式ページ

見た目としてはあまり目立たないカスタムですが、このカスタムを行うと、ヴォクシーの剛性が増します。役割としては、ドアとボディの隙間を埋め、ドアを閉めた時ボディとドアを一体化させ剛性をアップさせます。

剛性が上がるとステアリングの反応が良くなります。また、ドア開閉時の音に重みを感じ、高級感が出ます。

TRD スポルティーボサスペンションセット 94,000円


引用:トヨタ公式ページ

運動性能が上がるだけでなく、快適な乗り心地も維持することができるサスペンションです。TRD スポルティーサスペンションセットに変更で、20mmのローダウンになります。

カスタムの注意点

TRDのカスタムはトヨタ車専用カスタムと言っても良いほど、トヨタ車を熟知しているため、カスタムしても安全面で不安になるようなことはないでしょう。

ただ気をつけたいのはカスタムによって車体のサイズが変わったり、地上高が変わり、これはTRDでも同じです。普段はどうってことない段差でも、エアロを傷つけてしまうこともあるため、慣れるまで運転は慎重に行いましょう。

まとめ

TRDのデザインは、個性的かつワイルドなヴォクシーが展開されています。得にV、Xタイプは重厚で迫力のある印象が目を引きます。

下取り査定でも認められやすいトヨタ公認カスタムとも言えるため、初心者でカスタムに興味のある人や、あまり度を越したカスタムが許されない人にも楽しむことができるメーカーではないでしょうか。

カスタムをすることで車高が低くなったり、ハンドルが重く感じることがあるでしょうが、慎重に運転することで、エアロのこすり傷などは回避できます。TRDのカスタムはディーラーで行っていますので、あまり気負わず、まずはディーラーに相談してみましょう。

損しないでヴォクシーに買い替える方法

ヴォクシーへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くヴォクシーへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼公式ホームページはこちら
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、ヴォクシーを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-トヨタ, ヴォクシー

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.