アクア トヨタ

38.0km/Lで低燃費NO.1の三代目アクア!実燃費は良い?悪い?【良くする工夫】

更新日:

2011年に発売されてから、低燃費とエコで長い間人気を独り占めしていたアクアですが、他社のコンパクトカー・ハイブリッド展開や進化によって存在がぼやけてしまいます。

Sponsored Links

2016年にはEVメインのHV・ノートe-POWERの発売で、いよいよ低燃費NO.1の座さえも危うくなりました。これはマズイ!と2017年6月、マイナーチェンジでありながら燃費38.0km/Lという数字を出し、再び低燃費NO.1に返り咲きましたが・・・。

確かにカタログ表記の38.0km/Lという数字はすばらしいのですが、実際の走行では、どれくらいの数字で走行できるのでしょうか。今回は、再び燃費最良となったアクアの実燃費と、より燃費良く走るにはどうしたら良いかに迫りましょう。

カタログ燃費と実燃費は違う

カタログ燃費が38km/Lとあっても実燃費は24km/Lなんてことは普通に起こります。ですが、これはメーカーが車を売るために適当に嘘を載せているわけではありません。

ちゃんと計測を行った結果であることは間違いありませんが、メーカーは一定の条件で計測するため、いろんな季節にいろんな道で走行する実際の燃費とは当然違いが生じます

メーカーによる計測時の条件より良い条件になることは少ないため、カタログ燃費より実燃費はどうしても悪くなりがちです。

カタログ燃費の6割〜7割と判断しよう

実はカタログ燃費は最初から「カタログ燃費」という読まれ方をします。ですからディーラーもおおよそ6〜7割の燃費をあらかじめ教えてくれるはずです。それなら最初から6〜7割の数字を書いておけば良いじゃない?と思いますね。

ですがそれはやっぱりメーカーだって、良い数字を載せたいというのもありますし、運転の仕方次第では、もっとカタログ燃費に近づけるけることもできるので、今の段階では「6〜7割なら合格ラインとしよう」という具合に法律でも定められています

アクアの場合はどうなの?

三代目となって、燃費も改良されているアクアの場合はどうでしょう。

ちょっと怪しい3代目アクアの燃費38.0km/L

他のメーカーもやっていることですし、決して騙そうとしているわけではありませんが、今回のマイナーチェンジの燃費改良は、実用的ではありません。

38.0km/Lという数字が出せているLグレードは、今時の商用車として使うにしても、ちょっとコトタリナイ仕様で、一般に自家用として乗るにはとても不便に感じるでしょう。

グレードを上げれば良いのでは?と考えますが、他のグレードは燃費が34.4km/Lと先代の37.0km/Lよりも悪くなります。

アクアのカタログ燃費と実燃費合格ライン

Lグレード・・・・・・38.0km/L

L以外のグレード・・34.4km/L 

実用面から考慮すると、Lグレードが売れまくることは考えにくいため、S、Gグレードの34.4km/L現時点でのアクアの燃費と捉えた方が現実的です。34.4km/Lの実燃費の合格ラインを出しましょう。

ハイブリッドカーはカタログ燃費の6割が合格ラインとされていますから、6割で計算すると20.06km/Lになります。ちなみに38.0km/Lの6割は22.8km/Lです。

アクアの平均実燃費

街乗り・・・23.4km/L

高速道路・・・27km/L

燃費は走行場所、運転の仕方で変動し、これより上回る方もいれば下回る方もいますが、いつも高速道路のような一定速度で長く走る道ばかりを走行するというケースは稀なので、街乗り23.4km/Lで見てみましょう。

23.4km/Lという平均の数字は、38km/Lの6割(22.8km/L)より上回っているため、23.4km/L以上の燃費が出せれば、3代目アクアの燃費はグレード問わずクリアできていると考えられます。

アクアの燃費を良くする工夫

アクアはガソリン車と同じように走行するより、ハイブリッドならではのコツを掴むと、無意識に走行した時より燃費良く走行することができるようになります。

コツといっても難しいことではなく、ちょっとの心がけですぐに実践できることばかりなので、いくつか挙げてみましょう。

やさしい運転

アクアに限ったことではありませんが、急ブレーキ、急発進などの荒い運転は燃費が悪くなります。また、急にハンドル操作を切り替えるような動きも燃費を悪くします。

室内の温度管理をしっかりしよう

ハイブリッドカーは電気を使いすぎると、その分燃料を多く消費してしまいます。エアコンの使いすぎは燃費の悪化につながります。温度調節はマメにチェックし、必要なければ切っておきましょう

メリハリのある運転

やさしい運転と上で書きましたが、ダラダラブレーキを踏むのも良くありません。アクアのハイブリッドシステムは、車が停止しているうちに充電をしようとするのですが、ダラダラ停まるとそれが上手く機能しません

ブレーキが必要な時はしっかりブレーキをかけ、しっかり発進することを心がけましょう。

エコ運転サポートで楽しく低燃費運転が身につく

メーター部分にマルチインフォメーションディスプレイという、いろいろな表示がされるパネルがあります。

その中にエコドライブができているかどうかを教えてくれる機能があります。最初は難しくてもゲーム感覚で燃費履歴を確認できる機能などが、エコ運転をサポートしてくれます。楽しみながら少しずつコツを掴むことができるでしょう。

まとめ

コンパクトカー部門、低燃費No.1に返り咲いた3代目アクアの燃費が実用性の低いLグレードの燃費スペシャル仕様だけだと知ると、ちょっとがっかりする方もいるでしょう。

確かに、ちょっと商戦に巻き込まれちゃったかな?という気もしなくもありませんが、アクアの実燃費を見ると、コンパクトカーの中でも、ハイブリッドカーの中でも、決して悪い数字ではありません

また、燃費は走行方法や走行場所はもちろん、気温や湿度、天候といった条件によって大きく左右されるものですが、条件は変えられなくても、状況による走行方法は工夫できます

ハイブリッド特有の走行方法も、アクアなら楽しんで無理なく身につけられそうです。あまり力まず、徐々に燃費を改良できたらいいな!くらいの気持ちで乗ってみると、良いかもしれません。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

Sponsored Link

-アクア, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.