ノート 日産

ノートe-POWERを徹底解説【燃費、乗り心地、走行性能など】

更新日:

ハイブリッドによる燃費競争も落ち着き、低燃費が当たり前となってきました。そろそろちゃんと走れるエコな車が欲しい!今度はそんな欲求を満たすため、次なるモーターエンジン、次なる低燃費車が発売され始めています。

Sponsored Links

2016年に発売された新型ノートe-POWERは、充電しなくても良い電気自動車として開発された、EV寄りのハイブリッド車になります。

ノートe-POWERがどんな車でどんな走りをするのか、探ってみましょう。

ハイブリッドなの?電気自動車なの?

CMやカタログを見ると、エンジンモーターが搭載されているし給油もするのに、なんで電気自動車とうたっているんだろう?と気になるのではないでしょうか。ノートe-POWERの仕様をみれば、「電気自動車」とうたっている理由も納得できるかもしれません。

電気自動車の最大の欠点

e-POWERの仕組みを知る前に、電気自動車の欠点をあげておきましょう。日産といえば完全な電気自動車リーフがメジャーでしょうか?

以前日産自動車工場内のEVスポットで、ズラッと並んだリーフ一斉に充電をしていて、なんとも言えない可愛らしさでしたが、実はソコこそが問題です。

リーフは家庭でも充電できる便利な車でした。ところが充電が切れると走れなくなってしまいます。遠出は特に上手く充電をしながら出かけることになり、EVスポットの場所を把握したり、距離数を計算する必要があります。

給油をすればなんとかなるハイブリッドではそういった問題は避けられますが、電気オンリーではどんなに良く走っても怖くて遠出ができない!めんどくさいからリーフでは出かけない!などと残念な声があがっていました。

エンジンは発電用

今までのハイブリッドといえば、エンジンの補助をするのがモーターでしたが、ノートe-POWERは、逆転しています。逆転といっても、サポートをし合う間柄ではなく、分担作業をしています。

通常のハイブリッドでは、EV走行の力で加速が足りない時エンジンが作動し走行をサポートしましたが、ノートe-POWERのエンジンは走行の手助けはしません。

走行はモーターが行い、エンジンはEVバッテリーの充電を行います。これなら充電を気にすることも電気自動車の良さを損なうこともなくなります。

モーターはリーフと同じものを搭載

充電用にガソリンエンジンを積んでいますが、モーターはリーフと同じになります。そのため乗った感覚としてはリーフととても似ています。

リーフは充電の問題こそありますが、走行面では静かで良く走ると好評です。リーフのパワーはそのままで充電をしなくても良いとなれば、怖いもの無しではないでしょうか。

燃費は良いの?

動力エネルギーとして燃料を使わない

ノートe-POWERに搭載されているエンジンは発電に専念しています。そのため、必要最小限しか燃料を消費することはなく、燃費はかなり抑えられます。

燃費が向上した!という表現は正しいかはさておき、かなり燃費に貢献していることは確かです。

腰の重いエンジン

e-POWERのガソリンエンジンは、充電専門のため、普段は働いていません。バッテリー充電が十分なときは、バッテリーだけで走行します。近所にお出かけ程度なら、何回かはバッテリーだけで走行できるでしょう。

バッテリー残量が減ってくると、エンジンが充電をはじめますが、減速時にはエンジンは止まり減速で回生発電した電力を充電します。

ではどんなときにエンジンは頑張るかというと、高速坂道などのたくさん加速をしたいとき。このときは出来るだけ多くの電力を使って出力を高めたいため、モーターとエンジン両方から電力を供給します。

乗り心地や走行性能は?

充電でエンジンが作動しても、音はほとんど気にならない程度となるため、電気自動車に乗っているのと同じ様な乗り心地です。電気自動車はハイブリッド車ともガソリンエンジン車とも全く違う乗り心地です。

エンジンをかけた時のブルルンッはないけど・・・

プッシュスタートボタンを押しても、エンジンが回る音はしません。ボタンを押したときにメーター表示が一度派手に点灯するだけで、その後は走行するまでモーターの音もしません。

「ガソリン車こそ車!」と思う方はこの時点でがっかりしそうですが、ノートe-POWERはその辺りがハイブリッドとは違うところです。EV走行を徹底しているため、ガソリン車とは全く違う乗り物と捉えることができます。

スタートさせることで聞こえるモーター音は未来を感じさせロボット的なナニカを操縦しているような錯覚に襲われます。ガソリン車とはまた違ったワクワク感を得られる音です。

なめらかでパワフル

ハイブリッド車のEV走行ではパワー不足も感じられますが、電気自動車の良いところはガソリン車と同じ様にパワフルなところです。

しかもガソリン車では加速時にエンジンの、頑張ってるよっ!という主張を感じますが、電気自動車では滑らかに、ごく自然必要に応じて(踏んだ分だけ)加速をしてくれます。

パワフルという表現が適切とは思えないほど、唸ることもなく、「出来て当然!」と涼しい顔で加速してくれます。スイスイと走行する感覚は今までにはない新しさで、EVを毛嫌いしていた方も、思わず感嘆の声が漏れる楽しさがあります。

 e-POWER Driveは特殊なアクセル仕様

e-POWER Driveとはエコモードの様な存在ですが、アクセルの操作方法がちょっと変わっています。エコモードで走行中はブレーキを踏まなくてもアクセルを離すことで強く減速し、ブレーキと同じ様な役割になります。

最初は慣れが必要かもしれませんが、慣れれば頻繁にブレーキを踏む必要のある道での走行がとても楽になります。しっかり止まりたいときは、ブレーキペダルを踏む必要があります。

 まとめ

コンパクトカーのハイブリッド仕様はもはや珍しくありません。ノートe-POWERも厳密にはハイブリッドという括りになるのでしょうが、ほとんど電気自動車と言えるでしょう。しかも今までの電気自動車とは違い、充電が必要ないお手軽さは嬉しいですね。

新しいハイブリッドでは、エンジンとモーターの役割も逆転し、その結果燃費が良く、静かでパワフルと、良いことづくめになりました。

しかもノートはコンパクトカーのため、より多くの人が注目しやすく手も伸ばしやすい存在です。まずは是非一度試乗をして、実際に走行を楽しんでいただきたい一台です。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

Sponsored Link

-ノート, 日産

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.