ノート 日産

ノートNISMO(ニスモ)を徹底解説!おすすめのNISMO(ニスモ)はどれ?

更新日:

マーチやキューブを押し退け、今や日産を代表するコンパクトカーとなったノート。

Sponsored Links

2016年には、シリーズハイブリッドシステムを採用した次世代の電気自動車「e-POWER」が追加設定。これまで遅れをとっていた他車のコンパクトカーをぶっちぎり、見事「2017年度コンパクトカー販売台数No.1」を獲得しました。

その後も販売台数が著しく低下することもなく、順調な売れ行きを記録。現在も好調のようですね。ノートはガソリンモデルとe-POWERの2モデル展開で販売が行われていますが、実はノートにはスポーティーグレードが設定されています。

それがノート NISMO(ニスモ)です。今回はノートNISMOを徹底解説!

おすすめのNISMOも紹介したいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

ノートNISMOってどんな車?

引用元:ノート公式ページ

そもそもNISMO(ニスモ)っていったい何なのでしょう。車好きであれば、耳にしたことがある人は多いでしょう。

NISMOは日産が手掛けるスポーツブランドのひとつで、正式名称はニッサン・モータースポーツ・インターナショナル。NISSANの「NIS」と、MOTOR SPORTの「MO」を組み合わせて作った造語です。

さまざまなレースや競技大会に出場してタイトルの獲得を狙うワークス活動のほか、モータースポーツで培ったノウハウや技術で、市販車の部品開発・製造の役割も担っています。NISMOが開発した部品のみでチューンナップをした市販コンプリートカーだけが、車名のあとにNISMOという冠をつけることができるのです。

NISMOは、日産を代表するスーパーカーのGT-Rや、日産の歴史とともに歩んできた名車、フェアレディZだけでなく、ミニバンやコンパクトカーにも対応しています。ノートにもNISMOと名付けられたモデルがあり、NISMOの長年の技術が惜しみなく投入されているのです。

ノートNISMOには3つの種類がある

これからノートNISMOについて、徹底解説していきたいと思いますが、その前に、ノートNISMOには3つの種類がラインナップされていることを知っておく必要があります。NISMO・NISMO S・e-POWER NISMOの3種類です。

どれも同じノートNISMOですが、細かく違いがあり、パフォーマンスが異なります。それも含め、今から詳しく解説していきますね。

NISMO

引用元:ノート公式ページ

まず、ノートNISMOの中で最もベーシックなモデルがNISMOです。ノートNISMOはストリートでも、気軽にドライブを楽しめることが特徴のひとつ。走りをもっと楽しむために、ノートNISMO専用サスペンションやボディ補強パーツで抜かりなくチューニングが施されています。

エンジンには手が加えられていないため、最大出力や最大トルクは通常のノートと全く同じ。ただし、コンピューターがノートNISMO専用品へと交換されているおかげで、エンジンのレスポンスの良さを体感することができるでしょう。

外観や内装にも大きな変更が加えられています。大きく開いたロアグリルが特徴のNISMO専用フロントバンパーは、スポーティーさの演出に一役買っています。左右のLEDデイライトがクールです。

フロントバンパー下部のスポイラーとサイドステップが連続していることで、空力性能にも大きな影響を与えそうです。サイドステップは張り出しが強く、攻撃的な印象を受けます。

リアバンパースポイラーもサイドステップから連続しており、おしゃれです。また、巨大なリアディフューザーがノートNISMOにスポーツカーの資質があることを印象付けているかのよう。

内装はレジスターやシートなど、ところどころにレッドの加飾が加えられており、まるでスポーツカーみたいですね。注目したいのは、ノートNISMO専用の本革・アルカンターラ巻3本スポークステアリングホイール。

素材のおかげで質感が高くカッコいいです。センターマークやステッチがレッドな点も、統一感があって良いですね。

NISMOの主な専用装備

  • NISMO専用エンブレム
  • 専用フロントバンパー
  • ブリヂストン スポーツタイヤ
  • 16インチアルミホイール
  • 専用エキゾーストテールエンド
  • 専用サスペンション
  • 専用チューニングコンピューター
  • フロントトンネルステー(ボディ補強)
  • リヤトンネルステー(ボディ補強)
  • 車速感応式電動パワーステアリング
  • 専用シート生地(トリコット)
  • 専用ドアトリムクロス

NISMO S

引用元:ノート公式ページ

ノートNISMOでは満足できないユーザーのために、より本格的なスポーツ走行を念頭に置いて開発されたモデル。それがNISMO Sです。

NISMOの時点で、ボディ補強やECMチューンなど、すでに中身にも手が加えられていました。しかし、NISMO Sはそれを大幅に上回る数のチューンが施してあります。

中でも、NISMO S専用チューンの1.6L水冷直列4気筒エンジンは、140PSの最高出力を誇るエンジンです。コンパクトカーに搭載されるエンジンだとは思えない、パワフルな走りが期待できます。

ちなみに、通常のNISMOに搭載されているエンジンは、1.2L水冷直列3気筒エンジンで最高出力が98PS。それでいて、車両重量はNISMOよりも軽いです。どうですか、NISMO Sのスペックにワクワクしてきたでしょう?

NISMO Sの魅力はこれだけに留まりません。少し話は変わりますが、スポーツ走行を楽しんでいる大勢の人が、車に求めているものは何でしょう。

圧倒的なパワー? 車重の軽さ? 前後の重量バランス? 抜群のコーナリング性能?

人によって車に求めるものは異なるでしょう。ただし、スポーツ走行を楽しむ大勢の人が、無意識のうちに求めているものがあります。それが、マニュアル・トランスミッションです。

ここで話を元に戻します。5速MTを搭載していることは、NISMO Sの大きな魅力のひとつです。通常のNISMOは、ノートと同様のエクストロニックCVTを搭載しています。

CVTがダメなワケではありませんが、車を自在に操る必要のあるスポーツ走行において、やはりMTの存在は欠かせないものです。そして何より、MTはATよりもスポーツドライビングが楽しいこと。これだけは誰が何と言おうと、間違いありません。

NISMO Sは主にチューニング内容をお伝えしていますが、実は内装にも大きく手が加えられています。専用メーターや専用フッドレスト、そしてNISMOよりも上質なセミバケットシート

これらの存在は、スポーツ走行のためだけではなく、特別感を演出するために必ず必要な装備です。NISMO Sに乗った瞬間、あなたはスポーツカーに乗ったときと同じ高揚感を味わうことになるでしょう。

NISMO Sの主な専用装備

  • NISMO S専用エンブレム
  • ブリヂストン スポーツタイヤ
  • 17インチアルミホイール
  • 専用エキゾーストシステム
  • アルミ製アクセル/ブレーキ/クラッチペダル
  • NISMO S専用チューニングコンピューター
  • 専用リヤディスクブレーキシステム
  • 車速感応式電動パワーステアリング
  • 専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ、レッドステッチ付)
  • 専用ドアトリムクロス
  • NISMO S専用フロントバンパー(エアダクト付)
  • 専用コンビメーター(nismoロゴ、260km/hスケール)
  • アルミ製フッドレスト(nismoロゴ)
  • 専用サスペンション
  • フロントトンネルステー(ボディ補強)
  • リヤトンネルステー(ボディ補強)
  • フロントサスペンションメンバーステー(ボディ補強)
  • リヤクロスバー(ボディ補強)
  • リヤアンダーフロアVバー(ボディ補強)
  • リヤサスペンションメンバーステー(ボディ補強)
  • フロント強化スタビライザー

e-POWER NISMO

引用元:ノート公式ページ

最後に解説するのは、ノート e-POWER NISMO。日産がラインナップするノートNISMOの中で、最も異色のスポーツモデルがこの車です。

ご存知の通り、e-POWERはシリーズハイブリッド方式を採用しています。エンジンは搭載していますが、エンジンの力で走行するワケではありません。エンジンで発電したエネルギーを用いて、モーターを駆動させる。これまでの自動車と、電気自動車を掛け合わせたような車なのです。

そんなノート e-POWERを、日産はNISMOの手によってチューニングさせました。e-POWER NISMOの最大の魅力は、圧倒的な加速性能です。

エンジンは得意の回転域が存在します。逆に得意な回転域以外は、強いパワーを発生することができません。しかし、モーターはアクセルオンで瞬時に最大トルクが発生します。

そのため、1.2Lとは思えないパワフルな加速を体感できるというワケです。ちなみに、e-POWER NISMOの加速は、3.0Lクラスの大排気量車と同じくらいなのだとか。たしかに、やみつきになりそうです。

また、e-POWER NISMOには「3ドライブ・モード」という独自のシステムが採用されています。「ノーマル」「S」「エコ」の3つの走行モードを切り替えることが可能で、そのときの気分に応じて、いつでも瞬時に切り替えることが可能です。走りも燃費も妥協したくない人に打ってつけの機能ですね。

e-POWER NISMOの内装は、MTに関連する装備がない以外はNISMO Sと同様です。シートも上質ですし、先進性とスポーツ性を両立した魅力溢れるインテリアとなっています。

e-POWER NISMOの主な専用装備

  • NISMO専用エンブレム
  • e-POWERエンブレム
  • ヨコハマ スポーツタイヤ
  • 16インチアルミホイール
  • 専用エキゾーストテールエンド
  • アルミ製アクセル/ブレーキペダル
  • 専用チューニングコンピューター
  • 車速感応式電動パワーステアリング
  • 専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ、レッドステッチ付)
  • 専用ドアトリムクロス
  • 専用フロントバンパー
  • e-POWER専用ファインビジョンメーター(nismoロゴ)
  • アルミ製フッドレスト(nismoロゴ)
  • 専用サスペンション
  • フロントクロスバー(ボディ補強)
  • フロントサスペンションメンバーステー(ボディ補強)
  • トンネルステー(ボディ補強)
  • リヤクロスバー(ボディ補強)
  • リヤサスペンションメンバーステー(ボディ補強)
  • フロント強化スタビライザー

NISMO/NISMO S/e-POWER NISMOの共通装備

NISMO、NISMO S、e-POWER NISMOにはそれぞれ異なる魅力があります。また、装備も異なっていますが、同じNISMOなので、もちろん共通装備もあります。

  • 専用フロントグリル
  • 専用リアバンパースポイラー(フォグランプ付)
  • 専用ルーフスポイラー
  • 専用サイドシルプロテクター
  • シャークフィンアンテナ
  • 専用LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
  • 専用本革・アルカンターラ巻3本スポークステアリングホイール

この中で、リヤバンパースポイラー、本革・アルカンターラ巻3本ステアリングホイールは非常にクオリティが高いです。専用LEDハイパーデイライトも、NISMOの特別感の演出に一役買っています。

おすすめのNISMOはどれ?

徹底解説した3つのNISMO。この中で、特におすすめのNISMOはいったいどれでしょう。

実は、どのNISMOがおすすめなのかは、NISMOをどんな使い方をするかで大きく変わってきます。気軽にドライブを楽しむならNISMO、本格的なスポーツ走行をしたいならNISMO S、走りとエコを両立したいならe-POWER NISMOだと思います。

詳しく説明していきますね。

気軽にドライブを楽しむならNISMO!

引用元:ノート公式ページ

NISMOは、3つのNISMOの中ではエントリーモデルに近い存在です。NISMO Sやe-POWER NISMOと比べると、チューニングの幅が狭く、スポーツ走行を楽しみたいと考えている人は選ぶべきではありません。

ただし、NISMOの車両価格は約210万円と、3つのNISMOの中で最も安価に販売されています。それも、大幅に安いです。

見た目だけに手を加えたなんちゃってスポーツモデルということもなく、しっかりとした走りも十分に可能。惜しむらくはMTではなくCVTということですが、本格的なスポーツ走行を楽しむつもりがないなら、選択肢には入ると思います。

JC08モード燃費も24.0km/Lと、決して悪い数値ではありません。気軽にドライブを楽しむなら、打ってつけのモデルだと私は思います。

  • 安くてカッコいいコンパクトカーに乗りたい人
  • 運転やドライブが好きな人
  • 本格的なスポーツ走行はするつもりがない人

上記のユーザーは、NISMOがおすすめです。

本格的なスポーツドライビングを楽しむならNISMO S!

引用元:ノート公式ページ

NISMO Sは日産が本気でチューニングを施したモデルです。コンパクトカーとしては十分すぎる動力性能を実現しているうえに、エクステリア・インテリアはカッコよくて特別感が高いです。

5MTの設定もありますし、その気合の入りようはもはや、NISMO Sをスポーツカーと呼んでも良いんじゃないか、と感じるほど。ボディには多くの補強を加えているにも関わらず、できるだけ軽量に抑えてあります。

NISMO Sは、良い意味でコンパクトカーらしくありません。エンジンもボディも、スポーツ走行を十分に堪能できるレベルに到達しています。特に大きな欠点もなく、素晴らしい車です。

ただし、悩みどころがないワケではありません。NISMO Sは車両価格がそれなりに高価です。約230万円と、NISMOと比べて約20万円も高価

約20万円という差額をペイできるほどのコストパフォーマンスの良さはありますが、230万円あればスズキ・アルトワークスやホンダ・S660などの軽スポーツを買ってお釣りが返ってきます。なんなら、あと30万円頑張ればトヨタ・86に手が届いてしまうのです。

非常に難しい価格帯ではありますが、せめてもう少し安価ならと思わざるを得ません。

  • 本格的なスポーツ走行を楽しみたい人
  • 5人乗り/5ドアという点に価値を見出せる人
  • コンパクトスポーツカーが欲しい人

上記のユーザーには、NISMO Sがおすすめです。

走りとエコを両立したいならe-POWER NISMO!

引用元:ノート公式ページ

e-POWER NISMOは、3つのNISMOの中で最も高価なモデルです。位置づけ的には、いわゆる最上級グレードですが、走りが最も良いというワケではありません。NISMOの中で最も走りが良いのはNISMO Sで、NISMOの中で最もコストパフォーマンスが高いのはNISMOです。

では、e-POWER NISMOのどんなところがおすすめなのかと言うと、それはやはり、e-POWER独自のパワートレインでしょう。エンジンこそ搭載していますが、モーターで走行する以上、e-POWER NISMOは電気自動車に近い存在です。

次世代の走りを堪能したい人は、e-POWER NISMOが良いと思います。また、e-POWER NISMOは燃費性能が圧倒的に高く、経済的という魅力もあるので、ファミリー層にはありがたい存在です。

  • スポーツ性と経済性を両立したい人
  • 次世代車の走りを堪能したい人
  • 加速が良い車に乗りたい人

上記のユーザーには、e-POWER NISMOがおすすめです。

楽しさNo.1はNISMO S

今回はノートNISMOを徹底解説しましたが、いかがだったでしょうか?

ノートがラインナップする3つのNISMOは、それぞれ異なる魅力を備えています。購入を検討している人はとても迷うと思います。ノートは日産の人気車種ですが、たくさんのグレードがラインナップしている中、NISMOを購入したいと考えている人は少数派です。

おそらく、大半が車好きでしょう。車好きはスポーティーな車に、カッコよさと楽しさを求めているはず。カッコよさはどのNISMOでも十分に味わうことができます。

問題は楽しさです。周知の事実ではありますが、ノートNISMOの中で運転やドライブが最も楽しいのは、NISMO Sです。私は断然NISMO Sをおすすめしたいですが、MTを敬遠する人が多いのも事実。

MTでも問題ないよ、という人はNISMO S。MTはちょっと、という人にはNISMOが最良の選択かな、と思います。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

Sponsored Link

-ノート, 日産

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.