ノート 日産

新型ノートの新車購入価格!e-POWERかX-DIG-S、買うならどっち?

更新日:

日産ノートといえばガソリン車でも燃費が良く、良く走るコンパクトカーとして人気です。2016年のマイナーチェンジではノートe-POWERを発売し、今までにないタイプのハイブリッドシステムを搭載し話題を集めました。

Sponsored Links

このハイブリッドシステムはガソリンエンジンとモーターを装備してはいますが、電気自動車と同じような仕様になり、燃費もアクアと並ぶほどとなっています。

とにかくスゴイらしいといことはわかりましたが、新技術搭載超低燃費となれば、値上がりもしていそうな予感ですね。ノートはいくらあれば購入することができるでしょうか?

また、確かに注目を浴びているe-POWERですが、購入するならガソリン車とどちらがお得なのでしょうか?

ノートはマイナーチェンジで高くなった?

モデルチェンジなどがあると、どのメーカーでも価格が値上がりすることがあります。改良や新技術を搭載すると、多少の価格変更はどうしても起こりがちです。

また、装備されるものコストも影響しますが、その時(時代)の価格高騰なども原因になります。ノートの場合も価格高騰の影響で値上げをしたと発表がありましたね。

各グレードによって上がる金額は変わってきますが、価格高騰ビッグマイナーチェンジが合わさっているため、それなりに値上げされていると言えるでしょう。

ノートの価格一覧

価格を見てみましょう。

S・・・1,393,200円

X・・・2wd 1,495,800円

4wd 1,711,800円

4wd スマートセーフティエディション 1,827,362円

MEDALIST X・・・2wd 1,627,560円

4wd 1,843,560円

4wdスマートセーフティエディション 1,929,960円

X DIG-S・・・・1,738,800円

MEDARIST・・・1,985,040円

e-POWER S・・・1,772,280円

e-POWER X・・・1,959,120円

e-POWER MEDARIST・・・2,244,240円

ガソリン車ではコンパクトカーらしい価格帯がほとんどで、グレードによってはオプションや諸費用を含めても200万円ちょいくらいで購入できそうです。e-POWERでは、車体価格だけで200万円に近く、乗り出しとなると250万円以上かかってしまう可能性もあります。

エンジン、4wd、安全装備で、それぞれ価格が上乗せされる

4wdになると、同じグレードでも20万円ほど上乗せになります。また、グレードが同じでも2wdほど安全システムが標準装備されていません。

4wdにはスマートセーフティエディションというパッケージが用意されています。このパッケージは10万円ほどの上乗せになります。

また、ガソリンエンジンでもX DIG-S、MEDALISTに搭載されるエンジンは、通常のエンジンより燃費良く加速するエコスーパーチャージャーという仕様になり、価格も上乗せされています。

ノートe-POWERはハイブリッドと同じような扱いとなり、e-POWERの中でグレードが展開されています。

全部でいくら必要なの?

車を購入したことのある方はご存知でしょうが、ディーラーで車体価格とオプション価格だけ支払っても、車は手元に届けてもらえません。税金、保険、登録料など、本体価格の他に諸費用がかかります。

車種によって諸費用は必要な金額は変わりますが、コンパクトカーの場合はざっくり20万円プラスで計算すると、おおよその金額が出せるでしょう。

諸費用として何にどれくらい必要なのか?というのを、ノートで売り上げ台数NO.1のNOTE e-POWER Xで計算してみます。

e-POWER Xの乗り出し価格は2,137,769円!

オプションには最低限必要と思われるプラスチックバイザーフロアーカーペット、一番シンプルなカーナビを取り付けています。オプションが最低限なため、上記の価格を下回ることはあまり考えられませんが、車体と諸費用だけの合計は2,056,729円になります。

車体価格・・・1,959,120円

ノートe-POWER Xというグレードの価格になります。車体価格はグレードによって変わります。グレードによって内装の豪華さが違ったり、仕様自体が違うこともあります。

ノートの場合は、エンジンがガソリンエコスーパーチャージャーハイブリッドに分けられ、さらにその中で装飾にこだわったもの機能性を重視したものと別れています。

グレードが上になるほど価格も上がります。e-POWER X標準的な装備のグレードと言えます。

オプション合計・・・178,649円

プラスチックバイザー・・・198,651円

フロアーカーペット・・・20,906円

日産オリジナルナビゲーション・・・137,892円

ナビについては参考程度に一番安いものを選びましたが、他の2つはオプションとして販売されていますが、恐らく付けない方が珍しいほどのオプションなので、あらかじめプラスしておきました。

諸費用合計・・・97,609円

自動車取得税・・・・0円 (免税のため。免税なしの場合は48,900円)

自動車重量税・・・・0円 (免税のため。免税なしの場合は22,500円)

自賠責保険・・・・・40,040円

リサイクル費用・・・8270円

登録諸費用・・・・・49.299円

諸費用の中の自動車取得税重量税は、今のところ免税となりますが、時期によって変わってきますから、確認が必要です。

ノートe-POWERを購入するべきなのか?

ガソリン車より"e-POWER"が売れている

通常ではマイナーチェンジでこんなに大騒ぎするケースは珍しいのですが、e-POWERはハイブリッドの中でも今までとは違い、電気自動車に近い仕様となります。そのため、燃費だけでなく、走行性能、静粛性といった様々な面で注目を集めています。

新しいシステムということで、「燃費のことを考えて」というよりも「どんなものか乗ってみたい!」という方も多いのではないでしょうか。

e-POWER Sは買っても良いのか?

一番下のグレード、e-POWER S約180万円です。e-POWER搭載のノートのなかでは一番安く、燃費も一番良い仕様となっています。

220万円のノートe-power MEDALISTを見てから、Sは約180万円となれば、

「ちょっとくらい装備に不足があっても良い!」

と考えるかもしれません。

今までハイブリッドなどに載っていた方は、ハイブリッドのなどの上乗せは、システム代だけでなく他の装備もガソリン車より充実しているはず!期待もあるでしょう。

残念なことにe-POWER Sグレードにはエアコンすら付いていません。捉え方によってはノートの中で一番燃費が良く、エアコンが付いていないことも、エコを極めている!と言えるかもしれません。

ただ、一般家庭の日常生活で利用するとなると、結局オプションで色々な装備をプラスすることになり、グレードを上げた方が安かった!という結果になりがちです。

"e-POWER"はお買い得なのか?

価格、燃費の面で見ると、アクアと互角に戦える程良いe-POWERですが、購入するにはガソリン車と比較(X-DIG-S)すると購入時に22万円の上乗せ分が必要となります。

上乗せ分を燃費で回収しようとすると、10年以上乗ることになります。そのため、ノートにかかる費用として全体的に見ると、お得とは言い切れません

X-DIG-Sとe-POWERはどっちが買い?

結論から言ってしまうと、好きな方を選んで良し!といえるでしょう。E-POWERとX-DIG-Sは、どちらも免税対象車にもなっています。燃費には大きく差がありますが、その点も車体価格と燃費で合わせてみると、全体的にはあまり変わりません

となると、電気自動車か?ガソリンエンジンか?で決めてしまっても良いのではないでしょうか。今までのハイブリッドとガソリンエンジンでは、ガソリンエンジンのパワー不足や物足りなさを嘆かれましたが、e-POWERでは動力そのものが違うため、別物と考えることになります。

静かで未来的な乗り心地ならe-POWERでしょうし、やっぱりガソリン車が好きだ!という方は、X-DIG-Sが良いでしょう。

まとめ

時代による価格高騰だけでなく、標準装備の充実化、先進化なども手伝い、コンパクトカーも価格がコンパクトではなくなってきています。ここ数年のマイナーチェンジでノートも例外ではなくなっていますね。

マイナーチェンジでe-POWERが発売され選択肢も増えていますから、どんなノートに乗りたいのか?というのも、じっくり検討した方がよさそうですね。

燃費を考慮すると低燃費仕様のエンジンやe-POWERをオススメしますが、その分価格が上乗せになります。ただ、e-POWERもX-DIG-Sもエコカー免税対象になっていることもあるので、確認してみましょう。

また車体のシステムは調べるより、実際に乗ってみる方が分かりやすいので、できるだけ試乗をしてみることをオススメします。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

Sponsored Link

-ノート, 日産

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.