トヨタ プリウス

新型プリウスのフルモデルチェンジの内容を解説

更新日:

2015年、6年ぶりに0から設計を見直し、何から何まで新しく開発された新型プリウス。発表前から、とにかくすごいのだ!と話題沸騰でした。でも、一体何がどうすごいのでしょうか?

Sponsored Links

今までのプリウスといえばハイブリッドカーという位置付けを重要視されていたようで、デザインも走りもどことなく保守的なイメージでした。そんな立ち位置にプリウス自身も飽きたようですね。

今回の開発では、燃費がいい車、エコカーの代表ではなく、いい車と言われたい!走れるって証明したい!そんな想いがヒシヒシと伝わるような進化を遂げています。

それでは新型プリウスの内容を探ってみましょう。

ボディデザインを一新!

新型プリウスの一番わかりやすい進化として、ボディデザインがあげられます。いままでのプリウスのイメージで新型プリウスを見ると、

これプリウスなの?

と驚くほど。ぷっくりとしたボディはそこにはなく、シャープでぐっと車体を低くしたスタイリッシュな車となっています。

TNGAによる低重心のプラットフォーム

TNGA=TOYOTA New Global Architecture(トヨタ ニュー グローバル アーキテクチャー)とは、トヨタの車作りや仕事の進め方などの方針を示したものです。つまり、TNGAのやりかたでプラットフォームを開発しましたよ!ということですね。

今までのプリウスが乗降時の負担を軽減するデザインだったとすれば、新型プリウスでは、乗り降りはもちろん、運転中も楽な姿勢を自然にキープできるデザインを追求しています。

そのため、着座位置やハンドルの位置を下げ、運転姿勢の良さを保てるようにしました。

サスペンションの位置も変更

「運転姿勢を良く」「疲れにくく」を、自然にできるようにしたい、操縦安定性もしっかり保ちたいという課題は、サスペンションの位置を変えることで実現しました。

車の乗り心地や操縦安定性の鍵を握っているのはサスペンションだ!と言っても過言ではない程なのですが、低重心化することで、このサスペンションの位置を変えることができるようになり、着座位置やステアリングホイールの位置の変更も可能になりました。

走りも追求した!

プリウスの得意分野は燃費とエコロジーでした。その得意さは世界1とも言えますね。でも、もうプリウスにとってはそんなの当たり前です。新型プリウスでは、走る楽しみも盛り込んだ車を目指しています。

サスペンションの変更

サスペンションの位置が変わった話は上で書きましたが、サスペンション自体も以前とは違い、ダブルウィッシュボーンを採用しています。このダブルウィッシュボーンは走行安定性と乗り心地を両立できる優れもの。

従来のサスペンションでは、右が凹凸などでバウンドしたら左にも衝撃が伝わってしまっていたのですが、ダブルウィッシュボーンは左右の動きが独立しているため、でこぼこ道でもお互いの動きに影響されずボディを水平に保ちやすくなります。

悪路はもちろん、コーナリングの走行も快適になりました。

17インチのタイヤ

今回、新型プリウスに用意されたツーリングセレクションでは、通常15インチのタイヤが17インチになります。

17インチタイヤ見た目のスポーティさはもちろん、ダブルウィッシュボーンサスペンションとマッチし、通常の走りだけではなく、攻めの走りにも応えてくれます

15インチでは得にくい、ハンドリングの正確性やレスポンスなどといった手応え感をしっかりと感じることができます。

エンジンの改良

燃費を考慮し軽量化に取り組んだバッテリーは、エンジンの熱効率を改善し、エネルギーの消費は少なく、パワーを強化しています。

モーターでの加減速もパワーアップし、ハイブリッドカーだということを忘れ、ついついアクセルを踏み込んでしまう気持ちよさです。

ドライブモードをPWRに切り替えれば、さらなるスポーティな走りを体感することができます。

E-Fourの新設定(4wd)

ハイブリッドで4wdというと、なんだかパワー不足を疑ってしまいがちですが、新型プリウスでは、E-Fourを採用しました。

このE-Fourとは、エスティマやハリアーハイブリッドに採用されているもの。必要な時だけ後輪をモーターで駆動させる仕組みとなっています。

となるとやっぱりアクティブなシーンには向いていないかな?と感じなくもないですが・・・。SUVではないのでとんでもないほどの悪路では力不足ですが、雪国での坂道などは難なくこなせます。

発進時ののっそり感は、4wdの場合多少は仕方ないとしても、ハンドリングや乗り心地などは、2wdと変わりません。

燃費の良さをさらに追求

ハイブリッドとエコだけの車から脱皮したかったプリウスですが、やっぱりハイブリッドカーが燃費を落とすわけなどなく、今回も40,08km/Lという新型プリウスとして申し分ない、素晴らしい数字を出してくれましたね。

バッテリーの軽量、小型化

今までのバッテリーからリチウムイオン電池に変更することで、バッテリーを小さく軽くすることができました。しかもパワーは落ちていません。バッテリーの軽量化は車体全体の重量の軽量化にもなり、燃料の消費を抑えます。

また、モーターの働きで熱を早く起こし、エンジンが熱を逃がさないような構造にすることで、熱効率を上げ暖気を早め、燃費改善につながっています。

 安全面も充実

新型プリウスは安全面もしっかりサポートします。特にToyota Safety Sense Pは、4つの機能で充実させています。

もちろん、絶対安全!絶対ぶつからないというわけではありませんから、安全運転をこころがけましょう。

衝突回避支援パッケージ(Toyota Safety Sense P)

死亡事故の多い形態から優先的に対応し、4つの機能を低コストでパッケージした安全装備となります。

プリクラッシュセーフティシステム

2種類のセンサーが衝突しそうな人や障害物を検知し、ブザーやディスプレイで知らせます。それでも衝突しそうだと判断されると、ブレーキサポートシステムが作動、さらに、『もうダメだ、避けられない!』と判断されれば自動ブレーキが作動し、衝突回避や被害軽減を計ります。

レーンディバーチャーアラート

ウィンカーを出さずに車線(白や黄色の線)から車体がはみ出そうになると、ブザーやディスプレイで知らせてくれます。また、はみ出てしまいそうな運転の場合はステアリングを制御し、運転をコントロールします

レーダークルーズコントロール

高速での車間距離をミリ波レーダーが検知し、一定の車間距離をコントロールしてくれます。前方車両の車線変更も検知し、よりスムーズな加減速制御をしてくれます。

オートマチックハイビーム

周囲の明るさを判断し、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。切り替え忘れ防止にもつながりますし、運転手の視界をしっかり確保、歩行者の確認を素早く知ることができます。

まとめ

新型プリウス、今回の開発では0から設計し直すということで期待されていましたが、期待以上ではないでしょうか?

特に、ハイブリッドだからということで諦めていた走りや4wdの開発は、待っていた方もたくさんいるのではないでしょか?エコと燃費の車は見事に進化し、快適で愉しい車になったのではないでしょうか。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

Sponsored Link

-トヨタ, プリウス

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.