トヨタ プリウス

新型プリウスの次は新型プリウスα発売!発表は2016〜2017年?

更新日:

2015年に発売された新型プリウスは、燃費の面も走りの面も刷新し、一目置かれる存在となっていますが新型プリウスが発売、PHVが発表ときたら、次は新型プリウスαですね。

Sponsored Links

プリウスαは、ワゴンタイプのプリウスで7人乗り。ボディも通常のプリウスよりアクティブなデザインで、

「家族もいるし燃費を重視したいけどそこまで保守的なのはちょっとイヤかも・・・。」

などという方に比較的好まれています。

そんなプリウスαは、どう進化するのでしょうか?

プリウスαってどんな存在?

ただ大きいだけではない

「プリウス」というと、ボディデザインも存在価値も先代までのイメージが強いのですが、実はPHVやαといった派生派が存在します。PHVはプリウスの「エコ」「EV」の部分を強調した存在。αはプリウスのワゴン、ファミリー向けといった、通常のプリウスよりちょっと大きめで便利なタイプ。

ですが、ただ単に車体を大きくしただけという存在ではなく、走りや乗り心地にもこだわって作られていて、同じ親から生まれているけど顔も背も性格も違う、兄弟やファミリーのような存在です。

安定性と快適さを重視したボディ

ボディはホイールベースを80mm拡大することで通常のプリウスよりサイズを大きくし、7人乗りを可能にしています。ホイールベースとは前のタイヤの中心から後ろのタイヤの中心まで長さのこと。

車体のサイズを大きくするときホイルベースの長さを大きくすることで、居住空間が快適になるばかりでなく、直進での安定性も良くなります。

車体が大きくなるとその分重量も重たくなります。となると気になるのはやはり燃費の面ですが、ベースがプリウスですからね。ミニバンクラスでは断トツといって良いでしょう。

ファミリーユーザーにはもちろん、アクティブな傾向の方、通常のプリウスでは物足りない方にも満足いくプリウスとして人気を得ています。

新型プリウスαの燃費は良くなる?

ミニバンの中では最良とされていても、プリウスの中では燃費は良い方とは言えないプリウスα、もっと燃費が良くなれば良いに越したことはないですね。

ミニバン・ハイブリッドでは最良

新型プリウスが40,08km/Lと今までの燃費を25%上回っています。おそらく同じシステムを搭載すると予想すれば、32,8km/L辺りまでは向上するのではないでしょうか?同じトヨタから出ているミニバン、ハイブリッドタイプの中でも最良です。

ライバルに追いつかれないための工夫

ただ、発表の時期が遅れれば32,8km/Lでは、他メーカーのハイブリッドタイプのミニバンが新型を出してくるときに追いつかれる可能性もありますから、車体重量の軽量化など、もう何かしら他に策を練るかもしれません。

新型プリウスαのエクステリアは変わる?

新型プリウス発売で古臭さくなってしまったプリウスα

先代プリウスと比較しても、プリウスαはちょっとクールなマスクをしていましたが、今回新型プリウスは、シャープでクールな印象に変わっていますね。そのため、今まで「一味違うプリウスα」だった立ち位置が一気に、時代遅れや、古臭い存在になってしまいました。

流行や新型プリウスの良さをプラスしたデザイン

そうなると、派生車種として差をつけたい新型プリウスαは、新型プリウスとはまた違ったデザインになるのではないでしょうか。

最近の流れとしては、エンブレムでメーカーや車種を判断するより、フロントマスクそのものにメーカーのデザインを組み込み、遠くからでもメーカーや車種がわかる仕様になっています。

プリウスαも、プリウスαらしさを残しつつ、遠くから見てとトヨタの車とわかる様なデザインになることが予想できます。

新型プリスαの乗り心地は?

モーターの小型化で居住空間は広くなる

プリウスαはもともと5人乗りにはニッケル水素電池を、7人乗りにはリチウムイン電池を搭載しています。これは、7人乗り仕様にニッケル水素電池を載せてしまうと、スペースの確保が難しくなるため。

この仕様は新型有αになっても引き継がれることとなるでしょう。ただ、電池自体の小型化は新型プリウスでもされているので、さらに居住空間が広くなるのでは?と予想できます。

サスペンションの改良でより安定した走り

新型プリウスが今までのサスペンションからダブルウィッシュボーンに変更されたように、新型プリウスαもダブルウィッシュボーンの採用が考えられます。

ダブルウィッシュボーンのサスペンションは左右のサスペンションが独立して作動するので、通常より性能が高くなります。上下だけでなく、前後左右にかかる力にも強く、ホイールベースが長いプリウスαはより安定感を得ることができます

問題の3列目シートも広くなる?

プリウスの中でも人気の高いプリウスαですが、あえて不満が漏れる箇所をあげるとすれば、3列目シートの座り心地ではないでしょうか。プリウスαは5人乗りと7人乗りを選択することができ、7人乗りは20万円ほど上乗せでした。

それなのに補助席程度のスペックでしかなく、長時間乗っていることが辛かったようです。比較的似たタイプのウィッシュも3列目シートは狭いと感じますが、それよりも狭かったですね。

シエンタよりボディサイズが大きいわけですから、不可能というわけではないはずですが、サスペンションにダブルウィッシュボーンを採用すると、居住空間が狭まるのも否めません。それでも!これは是が非でも改良して欲しいところです。

安全装備の充実は?

ファミリーユーザーに選ばれることも多い新型プリウスα、安全装備は充実します。新型プリウスにも搭載されたToyota Safety Sense Pも搭載されることとなります。

安全装備に関しては、まだまだ必要ないと判断される方も多いですが、新型プリウスαのように家族や複数の方が乗ることを想定している車は、安全装備が充実している方が安心ですね。

新型プリウスαの価格はどうなる?

先代のプリウスから、新型プリウスに生まれ変わって、金額は20万円ほど上乗せとなりました。そのため、新型プリウスαも、およそ20万円ほどの上乗せになるだろうと予想できます。これを機に5人乗りから7人乗りに切り替えると、さらに20万円上乗せになります。

まとめ

新型プリウスαの発表はまだですが、PHVの発表が終わっているので、まもなくではないでしょうか?2016年の年内か、遅くても2017年に初めくらいには発売されるのではないか?と噂されています。

2015年の新型プリウスから始まり、2015年はPHV、続いて新型プリウスαが2017年と、しばらくプリウスファミリーが、に賑わせてくれそうです。特に新型プリウスαは、現行車も人気があっただけに、今から発表が楽しみですね。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

Sponsored Link

-トヨタ, プリウス

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.