トヨタ ルーミー

トヨタルーミーの価格を整理!新車購入に必要なのはいくら?

更新日:

今は大きなクルマより小さなクルマが売れる時代です。軽自動車やコンパクトカーが爆発的に流行していることが、小さなクルマの時代の幕開けを物語っています。従来大きなクルマを得意とするトヨタも昨今のダウンサウジングのブームに乗り遅れまいと、傘下であるダイハツに協力を仰ぎ開発した車があります。それが「ルーミー」なのです。

Sponsored Links

サウンサイジング、小さなクルマとは言え小さければいいというものではありません。小さいながら室内は広い方が良いですし、荷物もたくさん積めた方が良い。そんなワガママな日本人の要望にばっちり応えた車ということで巷でもかなり話題になりました。

さて、今回はそんなルーミーの価格をわかりやすくまとめてみました。新車を購入するには一体いくらくらい必要なのか、これを見ればすっきり解決しますよ!

ルーミーの新車価格

それではまずルーミーの新車価格をまとめていきましょう。グレードや駆動方式により価格が異なってきますので、まずはわかりやすく表にまとめてみました。

グレード 駆動 価格
X 2WD 1,463,400円
4WD 1,636,200円
X“S” 2WD 1,528,200円
4WD 1,701,000円
G 2WD 1,602,000円
4WD 1,792,800円
G“S” 2WD 1,684,800円
4WD 1,857,600円
G-T 2WD 1,803,600円
カスタムG 2WD 1,771,200円
4WD 1,944,000円
カスタムG“S” 2WD 1,836,000円
4WD 2,008,800円
カスタムG-T 2WD 1,965,600円

以上のようになっており、1番安価な2WDのXで1,463,400円、1番高価なのが4WDのカスタムG“S”で2,008,800円となっています。だいたい145万円~200万円が新車価格だと思っていいでしょう。

【補足1】グレードの見かたとグレードによる装備の違い

ルーミーは1番安価なグレードで約145万円、1番高価なグレードで約200万円と約55万円もの差がありました。これでは新車購入にいったいいくらかかるのか検討のしようがありません。まずは検討するグレードを絞る必要があります。

そこでここではルーミーのグレードの見かたと、グレードによる装備の説明を簡単にご説明していきます。

グレードの見かた

ルーミーには大きく分けて「X」「G」「カスタムG」の3種類のグレードがあります。それに加えて「X“S”」など、グレードの後ろに付く「“S”」これは衝突回避支援システムである「スマートアシストⅡ」が装備されるという記述になります。

また「G-T」など、グレードの後ろに付く「T」はターボ車であることを表しています。ルーミーの場合ターボ車には必ず「スマートアシストⅡ」も装備されます。

グレードによる装備の違い

グレードによる装備の違いですがここでは「X、G」と「カスタムG」の2種類に大別することができるでしょう。「カスタムG」は上級グレードとして、専用のエクステリアやLEDヘッドランプ、LEDフォグランプ、アルミホイールなどが設定されているため「X」「G」とは大きく異なります。より上質さを求めるのであればカスタムグレードを購入すると良いでしょう。

カスタムグレードは「カスタムG」「カスタムG“S”」「カスタムG-T」の計3種のグレードがあり、前述したように「“S”」と「T」にはスマートアシストⅡが装備されており、「T」はターボ車になります。また「カスタムG-T」には専用アルミホイールが設定されています。

通常グレードの「X」と「G」ではエクステリアに違いはありません。インテリアや快適装備に多少の違いがあります。

まずはスライドドアですが「X」の場合、助手席側のみ自動で開閉できるパワースライドドアになっています。「G」の場合はこのパワースライドドアが両側に設定されています。続いてメーター部ですが「X」の場合、単眼アナログメーター+LCDインフォメーションディスプレイなのに対し「G」では2眼オプティトロンメーター+TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイとなっています。エアコンも「X」ではマニュアルエアコンなのに対し「G」ではオートエアコンになっており、「X」よりも「G」の方が大幅に室内が充実しています。

詳しくはトヨタ公式ホームページに記載がありますので、こちらをご参照下さい。
「ルーミー」グレード別、主な標準装備表

 

【補足2】駆動方式の違い

新車価格の表を見ると、ルーミーの新車価格が変わる要素はグレードだけでなく駆動方式もあることがわかります。例えば「X」グレードの場合、2WDだと1,463,400円。4WDだと1,636,200円と20万円もの開きがあります。

この駆動方式ですが、ルーミーの場合で簡単に説明すればエンジンで動かす駆動輪が前輪のみ(2WD)なのか前輪と後輪も動かす(4WD)の違いになります。

4WDにすると前輪、後輪どちらも駆動しますので悪路走行に優れるというメリットがあります。例えばぬかるみにはまってしまった場合、2WDで駆動輪が空転を始めるとエンジンの力だけでは抜け出せなくなります。4WDの場合は前輪が空転しても後輪が押してくれる、逆に後輪が空転しても前輪が引っ張ってくれるので悪路を突破することができます。

とはいえルーミーでそこまでの悪路を走行する機会はほとんどないでしょうからこれはあまりメリットと言えないでしょう。日常生活において使用する場合4WDのメリットになり得るのは雪道の走行に強いということがあげられるかもしれません。

4WDはエンジンの力を前輪と後輪に均等に分配するので、前輪か後輪のどちらかにエンジンの力が全て伝わる2WDと比べると雪道でタイヤが滑って空転することが少ないといえます。

逆に4WDの大きなデメリットとしては燃費の悪化があげられます。ルーミーのXを例にとると2WDのカタログ燃費が24.6㎞/Lに対し4WDは22.0㎞/Lと2割近く落ちていることがわかります。

以上のことを考慮すると、よほどの悪路を走行しないといけないか、冬になるとほとんど雪が積もって溶けることが無い地域に住んでいるとかでない限りは2WDを選ぶことおすすめします。

ルーミーの諸費用

新車を購入するには車両価格+諸費用が必要になります。それではルーミーの諸費用はいったいいくらぐらいなのでしょうか。

まず諸費用とは車に乗れるようにするための登録費用や税金、自賠責保険料などの総評です。ルーミーの場合必要になるものは最低限でも「自動車税」「取得税」「重量税」「自賠責保険料」「登録費用(申請代行料など)」で約18万円程度は必要になります。

だからルーミーを購入する場合は、最低でも自分の欲しいグレードの新車価格+18万円程度は必要になることを念頭に置いて検討をするようにしましょう。

ルーミーのオプション費用

さて、ここまでは新車購入に必要な費用をまとめていきましたが、新車を購入する際はある程度のオプションを付けていくことになるでしょう。ここではルーミーの主なオプション費用をまとめていきますので、欲しいオプションの値段を見て価格検討の材料にしてみて下さい。

オプション 費用
特別塗装色(パールホワイトなど) 32,400円
ツートンカラー 86,400円
パノラミックビュー 43,200円
サイドバイザー 19,440円
ナンバーフレーム 2,160円
フロアマット(ベーシック) 18,360円
フロアマット(デラックス) 27,000円
SRSサイドエアバッグ 49,680円
ナビ 97,740円~
オーディオ 12,960円~

 

以上が主要なオプションの価格となります。欲しい色が特別塗装色だった場合は32,400円、ツートンカラーだった場合は86,400円が必要になります。その他最低でもサイドバイザーやフロアマットも必要かもしれません。ナビやオーディオに関しては純正品よりも社外品の方が安価に手に入りますので、費用を抑えたい方は社外品を検討するのもおすすめです。

その他、新車購入にかかる費用

ここまででルーミーの新車購入にかかる総額をだいたい出せるはずですが、その他にも新車購入時に費用がかかる場合があります。例えばオイル交換や点検代がセットになったメンテナンスパックを購入した場合などです。

メンテナンスパック等の費用は購入する販売店や内容によって金額が異なってきます。もし予算に余裕があるようであればこういったパックの購入も考えてみてはいかがでしょうか。

ルーミーの値引き額

新車購入にあたってもう1つ考慮しなければならない要素がこの値引き額です。値引額も車種や販売店によって大きく異なってきますが、交渉次第では大きな値引きを獲得できるかもしれません。

大きな値引きを得るために必要なのは競合がいることを伝えることです。ルーミーであれば同クラスのソリオなどと競わせればより大きな値引きを期待できるかもしれません。

出回っている情報を元に考えるとルーミーの値引き期待額はオプションなどを全く付けない状態で15万円~20万円程度と予想されます。しっかりと競合の見積もりも取り、より大きな値引きを獲得できるよう交渉していきましょう。

新車価格を整理するとルーミー購入の費用がまるわかり!

今回はルーミーの新車価格をわかりやすく整理していきました。カタログを見るだけではわかりにくいグレードごとの装備や価格の違い、購入する際の諸費用やオプション費用などを徹底的にまとめていきましたので、ルーミー購入の総額がいくらぐらいかかるか、だいたい見当がついたと思います。

総額がだいたいわかれば検討もしやすくなったのではないでしょうか。総額が予算内であれば、ルーミーはとてもいい車なので購入に踏み切っても良いかもしれませんよ。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

Sponsored Link

-トヨタ, ルーミー

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.