スイフト スズキ

新型スイフトのインテリアは運転しやすい設計と上質な仕上がり!

更新日:

他のコンパクトカーが燃費と扱いやすさを追求する中、スイフトはドライバー目線の設計で、操縦しやすさや快適さにも重点を置いています。

デザインも欧州車のテイストを盛り込み、コンパクトカーでは質素になりがちな内装の質感にもこだわりがみられます。

新型スイフトでもそのこだわりは引き継がれ、より快適により操縦性を向上させた仕上がりとなっています。

今回は進化した新型スイフトの内装に迫ってみましょう。

全体的にスポーティなインテリアデザイン

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/

先代までのスイフトも、運転席にはスポーティなテイストを盛り込んだものでしたが、快適さを重視した地味なデザインでした。新型スイフトでは、快適さだけでなく、視覚にも運転の楽しさを訴える凝ったデザインへと変更されています。

ブラックで統一された室内がかっこいい

img10

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/

スイフトの内装はもともとブラックをメインに展開されています。ブラックの内装は、クールな印象になりますがただ黒ければ良いというわけではありません

新型スイフトはステアリングだけを見ても、こだわりのある装飾が施された凹凸のあるデザインが施されています。

光の反射により凹凸が際立ち、のっぺりした室内イメージを一新し、立体感のある空間が感じられます。

流動的な曲線と丸がスタイリッシュなインパネ

interior03

引用:http://www.suzuki.co.jp/swift/interior/

インパネやステアリングに凹凸のあるデザインを施すことで立体的に感じられるようになりますが、それだけでは視界がガチャガチャしてしまいますね。

ところでスイフトに限らず、スズキの車のほとんどは指針式メーター(アナログ時計のように針で表示するメーター)を採用しています。

指針式メーターは円筒形であることが多く、それに合わせて中央部分のエアコンルーバーエアコンスイッチホーンパッド円筒で統一してあります。

ステアリング、サイドのエアコンルーバー、インパネの形状は、四角形の上部一箇所をストンと落としたような形状です。各パーツに施されるデザインを、少数の形状に統一することで、上品さを引き出しています。

ドライバー目線の操縦席

img13

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/

コンパクトカーが乗り心地快適さなどに重点を置かれるようになったのは、割と最近になってからと言えます。

その重点の置き方も、高級志向であったり、全体的に乗り心地が良いというものが多く、ドライバーよりは同乗者への配慮が多いように思えます。

そんな中、スイフトはドライバーファーストでインテリアデザインが展開されているため、まずは運転しやすいこと!を一番に設計されてます。ドライバーが運転したくなるデザイン、運転に集中しやすいデザインが採用されています。

そのためインパネの向きが5°ドライバーに向けて傾けられていたり、ヒップポイントを下げ、ゆったり、けれどしっかり視界を確保できるシートが設定されています。その他にも、運転手ばかりズルいよ!っと言いたくなる機能が満載です。

スポーティなメーターパネル

img02

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/

メーターパネルが針表示であること自体は、他の車種でも採用されているため、さほど珍しいことではありません。ただよく見るとメモリの表示が細かいことに気がつくでしょう

些細なことのようですが、赤と白のスッキリしたデザインに細かいメモリ表示はスポーツタイプの車を意識したデザインとなります。

スイフトに必要かどうかはさておき、水温計も表示されています。見るだけでスイフトを走らせてみたくなるかっこよさです。

ドライバーのテンションを上げるパドルシフト

img09

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/

見るだけでテンションが一気に上がりそうなメーターパネルに加えて、ハンドルの後ろにパドルシフトが付いています。

パドルシフトとは、シフトレバーに手を伸ばさなくてもハンドルを握ったまま指先でシフトチェンジができるというもの。スポーツ仕様の車に時々装備されていますが、新型スイフトでも採用となっています。

情報量が豊富なディスプレイ

img04

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/

スピードメーターとタコメータの間に、マルチインフォメーションディスプレイがセットされています。スペースが狭いので全部同時に表示することはできませんが、時計、瞬間燃費、ブレーキ/アクセルの操作表示など、車の挙動を表示できます。

それだけなら珍しいことでもありませんが、表示されるグラフのデザイン一つ一つが、どれを表示しても洗練されていてクールです。スタイリッシュに状況を示してくれます。

居住空間は広くなった?

コンパクトなのに、広さを感じる居住空間

img11

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/

運転席に乗り込む時、コンパクトカーはどうしても圧迫感を感じます。スイフトは、今回のモデルチェンジでエンジンルームを小型化し、居住性を高めています。

また、ヒップポイントを下げることで、さらにゆとりが生まれ、車体の割に広くて快適な空間を感じることができます。

新型スイフトでは、新プラットフォーム“ハーテクト”の採用により、エンジンルームを小型化し、居住空間を広くすることができているためです。

そのため、後部座席に大人が座っても、ある程度余裕がある空間を得ることができています。

後部座席とラゲッジも改善

img03

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/luggage/

スイフトのちょっと残念なところとも言えますが、運転席へのこだわりはとても良く、その並びにある助手席もある程度の恩恵を受けているので快適です。

ただ、後部座席とラゲッジに対する情熱があまり感じられず、はっきり言ってしまうと、他のコンパクトカーと比較しても狭いです。

ラゲッジスペースへの配慮も他のコンパクトカーと比較してしまうとちょっと物足りなさを感じますが、今回のプラットフフォーム変更で、小さめのトランク2つ分は確保できています。

まとめ

新型スイフトとして生まれ変わったスイフト、外層デザインもカッコよくなっていますが、内装も負けていません。ブラックをベースにしているため、派手さはありませんが、以前のスイフトと比較すると、ぐっと垢抜けた内装になっています。

ただ真っ黒というわけではなく、デザインで立体感を出し、赤と白のメーターを更に引き立てています。特に車好きには嬉しくなっちゃうようなデザインに仕上がっているのではないでしょうか?

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-スイフト, スズキ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.